2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〜諫早湾〜農水省の暴挙

1 :ゴン太:02/07/31 15:04
署名出しても止まらないだろうけど、なんにもしないよりはマシだから、
みなさんおながいします。m- -m


諫早湾・有明海問題に関心を寄せるみなさまへ

   「有明海再生のための緊急声明」への賛同のお願い(転載歓迎)

                    (財)世界自然保護基金ジャパン
                    (財)日本自然保護協会
                    (財)日本野鳥の会

 (財)世界自然保護基金ジャパン、(財)日本自然保護協会、(財)日本野
鳥の会の環境NGO3団体は、農林水産省が、諫早湾干拓事業の「前面堤防工
事」に着工しようとしていることに反対し、下記の通り、緊急声明を発表しま
したのでお知らせします。

 私たちは、諫早湾・有明海の再生を願う多くの市民・団体に、この緊急声明
への賛同を呼びかけ、広汎な賛同を取りまとめた上で、8月上旬にも農林水産
省に対して、申し入れを行う予定です。

 緊急声明への賛同呼びかけの概要は以下の通りです。

 ・賛同申込方法
  賛同者(団体)の名前と住所(所在地)を下記のいずれかの方法でお知らせ下
  さい。
  (1)ホームページからの入力 → http://www.wwf.or.jp/er/isahaya/
  (2)電子メールの送信    → E-mail isahaya@wwf.or.jp
  (3)FAXでの送信     → 03-3769-1717

 ・賛同申込の〆切
  8月7日(水)を〆切とし、とりまとめ次第、広く一般にアピールするとと
  もに、農林水産省に対して文書で提出する予定です。ただし、それより早
  い段階で工事着工が強行された場合は、その時点で、中間とりまとめを行
  い、公表する事も検討しておりますので、賛同のご連絡は極力早めにお願
  いしております。

 本件についてのお問い合わせ先は以下の通りです。
  WWFジャパン   業務室   菅波  完
   Tel 070-6196-8791 E-mail sugenami@wwf.or.jp
  日本自然保護協会  常務理事  吉田 正人
   Tel 03-3265-0523 E-mail myoshida@nacsj.or.jp
  日本野鳥の会    自然保護室 古南 幸弘
   Tel 042-593-6872 E-mail kominami@wbsj.org


2 :ゴン太:02/07/31 15:10
<緊急声明本文>
2002年 7月26日
           有明海再生のための緊急声明

                    呼びかけ団体
                     (財)世界自然保護基金ジャパン
                     (財)日本自然保護協会
                     (財)日本野鳥の会

 農林水産省は、諫早湾干拓事業の2006年度完成を目指し、潮受堤防の内部の
前面堤防工事に近々着手するとしています。

 しかし、諫早湾干拓事業に関しては、農林水産省が設置したノリ第三者委員
会(有明海ノリ不作等対策関係調査検討委員会)が、昨年12月にまとめた見
解の中で次のように述べ、事業による有明海全体への悪影響を指摘しています。

 「諫早湾干拓事業は重要な環境要因である流動および負荷を変化させ、諫早
  湾のみならず有明海全体の環境に影響を与えていると想定され、また、開
  門調査はその影響の検証に役立つと考えられる。」

 これは、諫早湾干拓事業の環境アセスメントに重大な問題があったことを示
唆するものであり、諫早湾干拓事業の工事は凍結し、徹底的な調査を実施する
ことこそ、最優先すべきです。にも関わらず環境への悪影響が指摘されている
ことを無視し、さらにその工事を進めようとする農林水産省の姿勢は、深刻な
漁業不振、環境悪化に陥っている有明海を見殺しにするものに他なりません。

 農林水産省が、開門調査と平行して事業の完成を目指し工事を継続している
ことは、調査の意義にかかわる大きな問題です。干拓事業を進めるということ
は、「干拓事業による環境への悪影響は無い」との予断が存在するとしか考え
られず、農林水産省は、体面を取り繕うためだけの調査に多額の国費を投じて
いることになります。



3 :ゴン太:02/07/31 15:12
 私たち環境NGO3団体は、多くの市民や、有明海沿岸の漁業関係者ととも
に、諫早湾干拓事業を根本的に見直し、諫早湾に干潟生態系を回復させ、有明
海をかつてのような「宝の海」に再生させることを訴えてきました。潮受堤防
の閉め切りによって、かつての諫早湾干潟は干上がり、荒れ果てた草地に変わっ
てしまいましたが、私たちは、諫早湾干潟の再生は、十分可能だと考えていま
した。なぜなら、かつての干潟は、干上がってしまっただけであり、潮受堤防
の水門操作によって外海から海水を導入するだけでも干潟の再生が可能である
ことを、多くの研究者が指摘しているからです。
 しかし、今回着工が予定されている前面堤防は、調整池と西工区を区切るも
のであるため、これが完成してしまえば、潮受堤防から海水を導入してもかつ
ての干潟であった部分への海水の流入が遮られ、将来の干潟再生は極めて困難
になります。当然ながら、開門調査による干潟再生の効果検証の障害となるも
のでもあり、この様な工事を拙速に実施することは、厳に避けるべきです。

 既に、福岡、佐賀、熊本の三県の関係漁連が、前面堤防工事の中止と、中長
期の開門調査の早期実施を求める姿勢を明らかにしていますが、私たちは、上
に述べたような立場から三県の関係漁連の姿勢を支持し、農林水産省に対し、
次の2点について要請します。

1.農林水産省は、諫早湾干拓事業の前面堤防工事を中止すべきである。

2.農林水産省は、ノリ第三者委員会(有明海ノリ不作等対策関係調査検討委員
 会)の提言を尊重し、中長期開門調査を早期に実施すべきである。

                                 以上

───────────────────────────────────

*******************************************************
諫早干潟緊急救済東京事務所
〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷3-11-4 パレドール目白205
TEL/FAX 03-3986-6490 E-mail isahaya@msj.biglobe.ne.jp
ISAHAYA HIGATA NET http://www2s.biglobe.ne.jp/~isahaya/
干潟を守る日HP   http://www5d.biglobe.ne.jp/~higata/
*******************************************************
▲2002年7月1日から住所が変更になりました。
※本メールの転載を歓迎します。




4 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 15:30
>署名出しても止まらないだろうけど、なんにもしないよりはマシだから、

要するに自慰行為ですか。

5 :ゴン太:02/07/31 15:34
まあそうかもしんないけど、コレ貼って一人でも多くの人が見ればイイ方法が見つかるかもしれないじゃん。



6 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 15:58
むしろ「やるからには止めてやる」という決意を持つべき。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:54
地元と無関係な、よその組織が入り込んでるのが嫌らしい。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 17:40
>>7
まあ、堰を作ったのも言ってみれば地元だけではないわけで(笑)

それはそれとして、例えば日本生態学会が入り込むのもいけない?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 23:53
諫早湾なんてのは、市民運動のエネルギーをくだらないことに
使わせてしまおうとする当局の陰謀の可能性も否定できない。

諫早湾干拓反対なんて、どうだっていい馬鹿な反対運動をやっているうちに、
自衛隊による原発のテロ防止対策が行われたり、日の丸・君が代が国旗・国歌
として広まってしまったり、成田空港が完成してしまってもいいのかい?

10 :ゴン太:02/08/01 00:39
>>7 8干潟に関しては、「日本湿地ネットワーク」っちゅーのがあるんですよ。
諫早湾の運動もそこらへんからのつながりでいろんな団体がかかわってるんじゃないですか?
あと、諫早湾周辺の人間だけでやってても、農水省はもとより全国から注目されないじゃないですか?
>>9 あんた頭だいじょうぶ?

11 :県民:02/08/01 02:18
署名したよ。

「日本湿地ネットワーク」の元代表・故・山下弘文さんの言葉を借りましょう!

『負けてもともと、勝てばおおごと!』

12 :ゴン太:02/08/01 12:22
>>11 『負けてもともと、勝てばおおごと!』

ありがとう。

13 :恵也 ◆fvPupB4Q :02/08/01 19:11
>>9
>原発のテロ防止対策が行われたり、日の丸・君が代が国旗・国歌
として広まってしまったり、成田空港が完成してしまってもいいのかい

結構な事じゃないか?
あんたの頭の中 右と左にしか分かれてないだろ?
前後、上下もあるんだよ。
一度リフォームした方が良いんでない。
>『負けてもともと、勝てばおおごと!』
この言葉,気に入りました。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/02 14:02
実はオレん家の近くの海岸は干潟があるんだけど、その中に道路を通す計画があるんですよ。
だから他人事じゃないので注目してます。で、自分でできる事はしてあげたいな、とおもってます。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/03 01:00
有明海死んだら役人が責任取るのか?
責任取るって懲戒解雇で退職金なし?死刑も有りか?


16 :よっちっち:02/08/06 13:47
とにかく↓をみて共感できたら、署名してアゲてください。
http://www.wwf.or.jp/er/isahaya/

17 :ゴン太:02/08/07 16:10
とにかくおながいします。

18 :恵也 ◆fvPupB4Q :02/08/07 21:05
>>17:ゴン太
民主党の代表が菅直人になり総理になったら 少しは変わるか?
1000円で選挙権が取れるが、やってみる気はないか。
奴は女に弱いのが、たまに傷だが何かやってくれそう、、、、
http://www.dpj.or.jp/daihyosen/2nd_03_4.html

19 :ゴン太:02/08/07 21:36
登録しようとしたらエラーが出たぞ。
まあ、オレは横路孝弘に投票するつもりだったけどな。

20 :恵也 ◆fvPupB4Q :02/08/08 08:49
>>19
>登録しようとしたらエラーが出たぞ。

なんでだ?
俺は登録できて、郵便振込みするように返事のメールが来たよ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/08 21:51
俺の友達は長崎の小長井というとこの出身でいまは建設業だけど
昔は漁師だったということだ。
昔は長崎の漁師は干潟の干拓に対して反対運動をやったが
漁師の絶対数が少なく孤立無援で泣く泣く漁業権を渡したらしい。

今更反対運動やってるやつを見ると泣きたいやら笑いたいやら
馬鹿馬鹿しいやらで飲まずにおれないらしい。

佐賀やら福岡やらの漁協のヤツについてはただ単純にぶっ殺したいそうだ(w

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/22 22:42
だいたい、農水省が有機酸を海に流していいって、決めたから、海がおかしーなったちゅうの。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/23 00:39
なんで、今さら諫早の工事をすすめるのか誰か教えてくれ。
そういえば、三番瀬も会議はもめて、いまは市民に意見を募ってるそうな。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/23 00:57
君たちの言っていることはわかるが農水省の官僚たちも
天下り先の確保に必死なんだよ。
気持ちを判ってあげて。


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/23 17:04
うん。わかった

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/02 16:40
あと百年もすれば干拓地の先にまた干潟が広がってるよ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/09 08:05
堤防周辺に変化なし 諫早湾干拓短期開門後
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021004-00000015-nnp-kyu

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/09 17:08
沖縄の泡瀬干潟の埋め立ても着工したみたいですね。
http://www.ne.jp/asahi/awase/save/
この「一旦計画をたてたら何が何でも作ってやる!」みたいな人間が政治を動かしている限り、
この国は遅かれ早かれ確実に終焉を迎えると思います。
前に書かせていただいた近所にある干潟も作る側の論理だけで計画が進んでいます。
http://www.kasumi-4.com/
でも、インターネットが発達した今、それらの愚かな計画は白日のもとに晒されます。
どうか、これらの問題に関心を持ち、言うべき事ははっきり言ってあげてください。
ひよっとしたら少しだけ世の中が良くなるかもしれません。

ちなみに諫早湾の問題はヤフーでも議論されてます。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1834578&tid=43bsa4oa4da4aa4fa4ha1a4madlc03a4a1aa&sid=1834578&mid=1&type=date&first=1

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/09 20:42
九十六ヘクタールも埋め立てて何に使うの?
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200210071700.html



30 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/09 21:05
沖縄の人実況シテクダサイデス

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/21 16:07
差し止め提訴へ 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021021-00000021-mai-soci

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/24 15:38
三番瀬のコーディヴェーターが切れて「コディネーターやめる」発言
したそうだが、その後はどうなった?

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/26 14:06
有明海異変→水門閉め切りが影響・諫早湾干拓事業凍結を提言=調査中間結果
http://kumanichi.com/news/local/main/200210/20021018000136.htm
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1034928162/l50

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/11/11 00:08
今日のニュースで有明海特集してたage

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/11/11 20:30

木枯し紋次郎こと中村 敦雄(なかむらあつお)の
全国悪行ランキングにふじみ湖廃棄物処理施設(茨城)を
上位にする為に組織票集めを必死に行なってる。
みんなでランクを落としちょ。

中村敦雄公式HP
http://www.monjiro.org/

全国悪行ランキング
http://www.monjiro.org/cgi-bin/enq/enq.cgi



36 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/11/11 22:08
諫早の市民にとっちゃ毎年起こる水害はタダゴトじゃないのよ
だから水害を防ぐために堤防が必要なのよ
諫早市民はみんな水門が出来て喜んでいるよ
反対しているのは一部の諫早DQN漁民や佐賀DQN漁民のみ
大部分の諫早市民はコイツら漁民をDQN視してるよ



37 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/11/21 10:43
>>36
堤防と水門は根本的には違う罠(藁

38 :ゴン太:02/12/01 17:11
やっと盛り上がってきましたね。
http://science.2ch.net/test/read.cgi/atom/997236535/l50

39 :マルチごめん:02/12/12 18:56
昭和天皇の歌

面白し沖べはるかに汐ひきて 鳥も蟹も見ゆる有明の海

めずらしき海蝸牛(うみまいまい)も海茸 (うみたけ)も ほろびゆく日のなかれといのる

西日本の干潟、山下弘文 p66 より

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/23 08:25
  諫早ではないですが、
ユニマット(高橋洋二さんの会社です)による
西表島の沖縄県最大リゾ−トホテル計画はなんとかならんのでせうか?
新年早々に着工するらしいが、暇で金余ってるからってこの不景気に
なにも、自然破壊しなくてもと思うのですが?



41 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/23 09:15
>>35
これは「全国プロ市民組織力ランキング」ですか?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/23 09:23
>>35
>あなたが全国で、一番悪質だと思う公共事業を選んで投票して下さい。

「プロ市民宅に通じる道路造り」
「プロ市民宅のゴミ収集」
「プロ市民宅への送電線建設」

これらが選択肢から除外されているのですが。


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/23 23:55
あのお、
現在の反対運動の中心が
旧三池炭坑関係者によって構成されてることが、
看過されてるんですが…

44 :43へ:02/12/24 00:32
熊本県荒尾漁協の海苔漁師さんたちは、みなさん少なくとも3代以上は漁師の人ですよ。1人だけいますが彼は反対運動に参加してない。

これは断言します。ボクが海苔漁師さん全員にインタビューしたから。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/24 16:45
諫早干拓、来年度は70億円=財務省原案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021220-00000633-jij-pol


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/31 16:57
                ,,,            
            ,. ''"´    ` ` 、         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ;'            ':..     │ 諫早スレはやほおのほうが
          ;'     ´       `      │ 盛り上がってますな
        ./        ●     .●     ∠____________
        ./       υ  ⌒  ▼⌒':
  __  ./         彡  ∵人∵ノミ___
    ̄ ./  _         ミ   ノ"ミ ̄ ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄━━ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄━━━ ̄ ̄

47 :山崎渉:03/01/07 13:52
(^^)

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/01/15 09:15
FNSドキュメンタリー大賞(フジTV)
http://www.fujitv.co.jp/jp/b_hp/fnsawd2/index.html
『俺(お)ったちの海
〜何が宝の海を追いつめたか〜』
(制作 テレビ熊本)有明海

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/01/17 11:06
サンプラザ中野が叫んでるよ(笑)
http://www.nacsj.or.jp/shippo/index.html

50 :山崎渉:03/01/18 21:27
(^^)

51 :ゴン太:03/01/22 17:19
諫早湾....最近どんな様子ですか?ジモピー情報激しくキブゥオオオンヌ

52 :ゴン太:03/01/22 17:28
あと前に貼った、コレ↓も見てください.....おんなじ干潟ということで....
http://www.kasumi-4.com/


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/02/01 16:12
豊穣なる有明海は死んだ…

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/02/12 23:59
酸処理の歴史は古いです。
国の許可が下りてからでも20年になるかな。

酸を使うきっかけは、確か、コーラを飲みながら海苔養殖してた人が、コーラを海苔にぶっ掛けたら、海苔が綺麗になったことから始まります。

酸処理に関しては、毛嫌いする方が多いですが、「酸」というのは食品ですし、分解されるものです。
しかも、海水には大腸菌とか、やばい菌がうようよしてるので、消費者に喜んでもらう上でも、酸処理は必要です。

海苔の産業は、九州経済を支えるほど大きいもので、酸処理が環境に悪いからといって、一概に排除すべきだとは思えません。
酸をやめたら半分も採れないでしょうし、海外から海苔が輸入されるだけです。

55 :山崎渉:03/03/13 14:43
(^^)

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/17 19:55
ギロチン水門あげれ!

57 :恵也 ◆o4NEPA8feA :03/03/17 20:08
>>54
>海水には大腸菌とか、やばい菌がうようよしてるので

そんなこと言っても、魚も少なく、貝も少なくなるような薬品を使って
海苔だけ増やしてもそんな海苔、本当に大丈夫なの?
外国の薬品も使えないような未開地から入ってくるなら、そちらの方が
人間にはよさそうな感じがするがね。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/17 20:19
フグを養殖するとき海にホルマリン流すって本当ですか?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/18 23:46
>>35
×中村敦雄
○中村敦夫

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/23 10:02
>>57
よく読め

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/01 00:31
財務省のアンケートに農水省、農協の無駄遣いぶりを
訴えてみましょうや。

財政についての意識調査アンケート
http://www.mof.go.jp/singikai/zaiseseido/goiken15/top15.htm

農水省関係の公共事業バラマキって、
国土交通省の比じゃなく無駄な事業ばかりだからなぁ。
殆ど使いもしない漁港の整備やら、
殆ど利用されない農道の整備やら。

農業年金は数年前に破綻してそれを厚生年金に押し付けたぞ。
今は後始末の真っ最中だがもう少しすると完全に厚生年金に切り替わるのさ。
そして農協職員の社会保険も同様だ。特にこれがひどいぞ。

【政治板】財政についての意識調査アンケート
http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1049111648/l50

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/01 01:28
>>61
そのとーり。
農業関係とされてる補助金の8割は農道農業空港に象徴される
様に農業とは関係ない所で消えてる、残りも種子メーカー
農薬メーカー等に行く、この問題を費用対効果でクリアすべしという
意見もあるが、この問題はそんなレベルの話しじゃ無い、なにしろ
最初から全く農業に関係ないのだから・・・ 。

63 :山崎渉:03/04/17 08:41
(^^)

64 :山崎渉:03/04/20 03:37
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/27 19:19
公害調整委に原因裁定申請
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030416-00000114-kyodo-soci

だって

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/27 21:06
>>58
フグの養殖の際に、海にホルマリンを流すんじゃなくて、
以前はフグをホルマリンの中に通していたんだけどね。
最近は県によっても違うらしいけど、
ホルマリンの使用が禁止されてる県が多いみたい。



67 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/27 21:12
ご融資で生活応援致します

借入件数が多くなってしまった方、失業中の方、
フリーターの方、ご安心下さい。当社は皆さんの生活を
応援致します。全国どちらからでも即日銀行振り込み
致します。又、当社はキャッシングした事がバレない様
絶対秘密厳守です。
http://am1960.com/
携帯サイトからはhttp://am1960.com/i/


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/27 21:20
>>57
>外国の薬品も使えないような未開地から入ってくるなら、そちらの方が
>人間にはよさそうな感じがするがね。
例えば、TBTの事?人間にも動物にも良くないような気がするけど。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/11 00:41
天下ってたのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030511-00000038-mai-pol

70 :山崎渉:03/05/21 21:56
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

71 :山崎渉:03/05/21 22:26
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

72 :山崎渉:03/05/28 14:17
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

73 :山崎 渉:03/07/12 10:56

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

74 :山崎 渉:03/07/15 13:06

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

75 :なまえをいれてください:03/07/21 13:16
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

76 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 03:12
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

77 :山崎 渉:03/08/15 17:25
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

78 :名無電力14001:03/11/05 18:37
クローズアプ現代 記念age
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku2003/0311-1.html
海はよみがえるか
〜検証・二枚貝激減〜

79 :名無電力14001:03/11/11 22:15
クローズアップ現代〜海はよみがえるか
〜検証・二枚貝激減〜
見ました。

まず第一に干拓は「悪」以外の何者でもないということ。
第二にこの「悪」は簡単には止まらないということ。
第三に干潟はその地域だけのものではなく、日本全体ひいては
世界人類の共通の財産であるということ。

そういうことを思いました。

80 :名無電力14001:03/11/11 22:35
ところでこの歴史的愚挙を推進しようとしている馬鹿は
誰・どの団体なのでしょう?
まず現長崎県知事 金子原二郎で良いですか?
それともちろん自省の予算規模を守りたい農水省ですね?
現在の責任者(例えば事務次官)は誰誰なんでしょう?
日本の未来の子供達から、豊かで美しい自然を奪い取ろうと
している人物の名前は、後世にはっきりと残しておきたいですからね。

81 :名無電力14001:03/11/11 22:43
それと「環境」と「電力」は切り離すように(「環境」だけで板を
立てるように)誰かひろゆきに言ってくれ。
いまのままじゃ「電力」にうもれてるよ。

82 :名無電力14001:03/11/13 09:05
>>80
ぐぐるしてみたら中々興味深いものがヒットした

会議録 第156回 予算委員会 第26号 平成15年7月18日
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/001815620030718026.htm?OpenDocument
「諫早」の部分を読んでみそ

83 :名無電力14001:03/11/13 21:53

とても全部読めない(目が疲れる)
抜書きしてチョ。

84 :名無電力14001:03/11/14 23:55
有明海は死の海になっても全然オッケーです。
原爆には絶対絶対絶対反対ですが。

と、長崎県人はおもってるんでしょうか?

85 :名無電力14001:03/11/15 00:27
抜粋

例えば、諫早湾の干拓事業も川辺川のダム事業も、あるいは、
片側二車線という ようなスーパー林道と呼ばれるようなものがほとんど
車の通らないところにも
つくられている。膨大なむだ遣いがなぜ行われるか。このことについても、
これから少し具体的に申し上げてみたいと思います。
 そこで、その前に総理に一つ、総理は眼鏡をかけられないから余り必要ない
かもしれませんが……(小泉内閣総理大臣「眼鏡、かけるんだよ」と呼ぶ)
そうで〜(中略)
○菅(直)委員 例えば、一つだけ、せっかくの機会ですから、重ねてと
いいましょうか、お尋ねをしておきます。
 かつてこの場でも、その典型的な一つの例として、全国で減反減反で
四割前後の水田が転作なり遊休農地として存在している中で、諫早湾の上に
農地をつくる事業が今なお続いている。総理は、私がそのことを言ったら、
いや、地元の皆さんの要請があるから。それは長崎県連の自民党から要請が
あったかもしれません。まさに先ほどのお化けを見てください。
長崎県連の自民党幹事長は、公共事業に関連して逮捕されたんじゃ
なかったですか。
まさに、これでいえばピンはね族議員お化け。
族議員というよりも、これは一つの機関ですからね。自民党自体が
ピンはね族議員政党。その力によって、あの諫早湾干拓事業ですら
とめることができない。
農林水産省に聞けば、既に三十人から四十人、関係業界に天下りをしている。
この天下り官僚お化け。
 総理は、大いに民主党もやってください、私もやりますと言うのであれば、
いろいろ大きなことを言われるのは結構ですが、まず農林水産大臣に命じて、
これを中止しろ、なぜそれが言えないんですか。私は、二年前から多分この場でも
三、四回はこのことを指摘したでしょう。常に、地元の要請がある、
何とかの要請がある。この要請がまさにピンはね自民党そのものを象徴して
いるんじゃないですか。


86 :名無電力14001:03/11/15 00:29
○小泉内閣総理大臣 その事業につきまして不正な行為があってはならないと
いうのは、当然のことであります。
 また、諫早湾事業について言えば、民主党も、この諫早湾事業が必要だと
言って選挙に出た候補を応援したんじゃないですか。それでは、
なぜその諫早湾事業はやめさせようという候補を応援しなかったんですか。
 私は、地元の意見というものをもよく聞くことが大事だ。やはり私は、
地元の実情は地元の方が一番よく知っていると思います。そういう中で、
諫早湾事業が争点になったときの選挙であります。それだけ問題にするんだったら、
民主党はそうでない候補を応援すればいいのに、諫早湾事業が必要だという
ことで地元の民主党議員まで応援している。これ、よく調べればわかりますよ。
民主党が応援しているんですよ。それで、国会では違うことを言う。私は、
それはちょっとおかしいんじゃないかと。
 では、地方の民主党と国会の民主党は違うんですか。民主党も、
やはり民主党と
名乗っている限りは、地方の実情をよく聞くというのが、政党だったら普通の
ことだと思うんです。よく調べてください。たしか知事選挙で、民主党は、
諫早湾事業の廃止を訴えた候補じゃなくて、諫早湾事業を必要だと訴えた候補を
応援したと思いますよ。よく調べていただきたいと思います。

87 :名無電力14001:03/11/15 00:31
○菅(直)委員 今総理は何に答えたんですか、結局のところ。まさに
はぐらかしの典型じゃないですか。
 私は、農林水産大臣を任命した総理大臣に、農林水産省予算の直轄事業として
やられているこの事業をやめたらどうですかと言ったんです。一言も答えて
いない。
農林水産大臣に命じてやめさせたらどうですかと言ったんです。
一言も答えていない。
 民主党は、さきの衆議院選挙の公約で、民主党が政権をとったときには、
川辺川ダム、諫早干拓事業は即座に中止するということを公約いたしました。
国会で政権をとった場合にはこうするということをきちんと公約しました。
 総理、もう一回答えてください。あなたは総理大臣なんですから、
知事選の応援がどうこうこうこうという話の前に、農水大臣を任命したのは
あなたじゃないんですか。その農水大臣が実行しているのがこの事業ですよ。
自分の話を全部向こうに置いて、相手の党だけ攻撃するのであれば、
どうか一年先にこの場所を交代して、どうぞやってください、そのときは
ちゃんと受けて立ちますから。そちらに座っていながら国民に対して逃げを打つ
というのは、だますというのは許せませんから、もう一度答えてください。
○小泉内閣総理大臣 相手を攻撃しているのは、しょっちゅう、
菅さんじゃないですか。私はいつも攻撃されているんですよ。はっきり質問に
答えているんです。
 それは、私は農林水産大臣に対して、地元の実情もよく聞いて、
必要かどうかよく判断して考えなさい。そして、農林水産大臣は、
地元の意向をよく聞いて、どれが必要か、どういう改善が必要か、
それで判断されているんです。
 だから、では、菅さんが廃止しろと言ったら、地元の民主党議員に言って、
あなたたち、反対している候補を出して、あるいは反対している候補を応援する
のが私は筋だと思うんですよ。賛成している候補をどうして応援するんですか、
民主党は。それこそ、私は、矛盾しているんじゃないですか。そう思いますよね。

88 :名無電力14001:03/11/15 00:32
○菅(直)委員 何度も申し上げますけれども、この事業をやっているのは
県じゃありません。いいですか、この事業をやっているのは農水省の直轄事業です。
唯一残った農水省の国営埋立事業です。干拓事業です。また逃げている
じゃないですか。ちゃんと答えてください。
 今の答えはこういうことですね。私が申し上げたのは、減反で農地が余っている
ときに、農地造成のために二千五百億円も使ったようなこの事業を進めることは
やめたらどうですかということを申し上げたけれども、そして、
それを進めている地元は、先ほど申し上げたように、地元の県連がそういう
業者からお金をたくさん受け取って、逮捕された人も出ている、
農林省は天下り先もある、そういうことに影響されないためには、総理の決断で
やられたらどうですかとお尋ねしたんですが、総理のお答えは、私の決断では
とてもできません、全部地元の関係者に判断を任せ、農林水産省に
判断を任せているので、自分はそのことはとても聖域で手が出ません。
それならそう答えてください、どうぞ。

89 :名無電力14001:03/11/15 00:34
○小泉内閣総理大臣 都合のいいように解釈されるのは勝手ですけれども、
諫早湾というのは地元が水害に非常に悩んでいたんです、水害対策を
どうしようかと。干拓事業だけじゃないんです。そういう点が
よくわかっているのは地元の方々でしょう。
 だから、直轄事業とはいえ、地元の意向を無視してやることはないんですよ。
地元の意向もよく尊重して、防災対策、水害対策、そして必要な干拓事業は
どうあるべきか、よく地元の実情も考えながら、農林水産大臣にやってくださいと。
私が一々地方へ行ってどれが必要かと言うことよりも、担当大臣が
いるんですから、そういう方の判断を尊重します。これは総理大臣として、
私は一つのあるべき姿だと思っております。
 今はっきり答弁していますように、単なる干拓事業だけじゃないんです。
地元の人たちが水害に、どうやってこれを、水害に過去悩んできた。
水害を防止する、もう台風なり来るとおちおちして眠れない、
何とか防災対策をしっかりやってくれという声もあったというふうに
私は聞いております。そういう点をよく判断してやってくださいと。
 私は全然はぐらかしていませんよ、答弁。

90 :名無電力14001:03/11/15 00:36
○菅(直)委員 総理は、地元の事情はよくわからないと一方で言いながら、
いろいろと水害のことを言われています。どちらかちゃんとはっきりして
くださいよ。
 この二千五百億の事業については、大変注目をされておりますし、
私自身も含めて、国会で何度となく議論をいたしました。扇大臣とも議論を
いたしました。私も現地を何度も見てきました。川辺川ダムも見てきました。
そういう総合的なところを含めて、私は総理に申し上げたんですけれども、
今も同じように、結局は自分は判断できない、農林水産省や地元に判断を
任せている、こういう結論でいいんですね、総理、総理。
○小泉内閣総理大臣 よく水害対策と干拓事業とを総合的に考えて判断しなさい、
そして、いろいろ相談して、知恵を出してやっていく、私の判断なんですよ。
 たしか、ノリがとれないとかいう状況がありましたね。ですから、
そういう水害、干拓事業の影響がどうなんだろうかということを専門家の方々に
よく任せて、この干拓事業がノリの不作に影響があるんじゃないかといって
時間をかけて議論したら、何か翌年は豊作だったという、諫早湾の。
なかなか自然条件というのは難しいなと。
 早急に判断する問題と、時間をかけて判断しなきゃならない問題もあります。
地元の意向というもの、国費の事業、これはやはり総合的に判断する問題では
ないかな。よく聞いて、ああ、それは尊重すべきだといって決めているんです。

91 :名無電力14001:03/11/15 00:37
○菅(直)委員 先ほどの節穴という言葉を総理にもお返しをしておきましょう。
外受け堤防があれば防災を防げます。内側の干拓事業は少なくとも要りません。
私、この問題でこれ以上細かいことは申し上げませんが、総理は、
結局は自分が判断をしないということを今言われました。そのことが、
この事業についての判断は農水省や地元に任せているということを言われました
ので、それでは節穴ではないですかということを申し上げておきます。



要するに小泉も、日本の未来の子供達に「死の有明海」を残しても
全然オッケーな香具師なわけだ。(今生きている人々の方が無限に
大切よ、ということだな)


92 :名無電力14001:03/11/16 02:17
http://www.cosmo-oil.co.jp/kankyo/charity/index.html

93 :名無電力14001:03/11/16 16:46
>>85-91
抜粋 お疲れ

>外受け堤防があれば防災を防げます。内側の干拓事業は少なくとも要りません

これが事実なら全く必要のないムダな事業ってことか?

94 :名無電力14001:03/11/16 22:43
>これが事実なら全く必要のないムダな事業ってことか?

ムダなだけなら良いが、有害ですからね。
農水省も悪いが、一番問題なのは、地元長崎県の自民党議員と
地元建築業者でしょう。
公共事業がなければ、業者が生きていけないのは分かるが、
それが未来の人々に多大の迷惑を掛けるものであることが
分かっていながら、「自分たちが日々の糧を得るために」
この暴挙を強行し続けていることに怒りを感じます。
長崎県民は見て見ぬ振りということでしょうか?
こんな知事や議員は落選させるべきだと思うのですが。


95 :名無電力14001:03/11/18 15:26
>>78
の番組で取り上げていた実験じゃないかな?

人工干潟の創生
http://www.link.kumamoto-u.ac.jp/14/d2/d21/framepage-d21.html

96 :名無電力14001:03/11/18 15:37
久々にこのスレあがりましたね。
民主党は参院選でも同じくこの問題を取り上げるかどうか見物ですね。

97 :林田健司を支持するものmk-U:03/11/18 16:12
節電しろ

98 :名無電力14001:03/11/19 15:56
>>36
http://fenv.jp/20030331/themelst/spltheme.htm →農林水産省官僚による情報操作事件

99 :名無電力14001:03/11/19 19:29
>98
2ちゃん他掲示板にいるいわゆる「プロ市民」だね。
あっちこっちに生息してるよね。
道路公団とか。
当然、上からの指示でやってるね。
残業手当でも出てるんだろう。

100 :名無電力14001:03/11/19 20:02
>>99
諫早干拓は水害防止のために必要、という主張があるんだが、諫早大水害は干
拓とは無関係な海抜のところで起きているし、水田の水没は堤防や排水施設の
整備をしないで放置してきた農水省の責任だし、はっきし言って干拓と水害との
間には関係はないわね。
農水省的には、堤防や排水施設の整備を遅らせることで故意に水害を引き起こ
し、農民を人質に取るかたちで干拓に無理やり賛成させている、という図式があ
る。>>36はそれをわかって言っているのかどうか疑問だねえ。農水省側の人な
らば、水害水害言って干拓を正当化する姿勢は一貫しているとも言えるが。

101 :名無電力14001:03/11/19 20:50
>>100
これでリンクできるのかな?
テストです。

102 :名無電力14001:03/11/19 20:54
おお、できた。
私用に使ってすいません。

ちなみに知らない人(私の様に)言っておくと、
半角で>>+番号をかくと自動的にその番号がリンクされる
そうです。詳しくは、「2ちゃんねるの使い方&注意」参照。

103 :名無電力14001:03/11/19 21:34
>>102
テスト

104 :名無電力14001:03/11/19 21:35
2ちゃん歴、2年で初めてできた。

105 :名無電力14001:03/11/19 23:04
>>104
オメ。

106 :名無電力14001:03/11/20 09:29
脳水相
視察にいったらしい
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/031118daijin.htm

107 :名無電力14001:03/11/22 23:08
>>106
行ってオッケーと言っただけなんだろ?
有明海に潜ってみたか?
見るだけなら子供でも見れる。
単なる観光旅行でしょ?

108 :名無電力14001:03/11/23 01:35
どうせ水門の撤去出来ないだろうから潮位差発電でもしてみたら?
干満激しいんでしょ?
んで干潟も生き返るし、被水害地域のポンプ場の電源くらいにはならないか?


109 :名無電力14001:03/11/25 22:14
とりあえず環境省はどう言ってるかしらべようと
思いつつ、「虚構のクレーン」など読んでしまう。
戦争末期の佐世保と長崎が舞台の小説。
諌早が舞台の小説は無いのか?
阿呆な役人や政治家と子供達のために自然を守ろうとする
地元の若者との対立を描く、なんてのがあったら読むよ。

110 :名無電力14001:03/11/27 16:43
>>109
ナイスアイディア
誰か地元出身の作家とかいないの?

111 :名無電力14001:03/11/27 20:59
小説の題名は「虚構の干拓」かな?

112 :名無電力14001:03/11/28 23:13
小池ユリ子環境大臣は、このために生まれてきたというほどの
気持ちで、諌早干拓阻止に取り組んで欲しい。
全人類の未来が掛かっているかもしれないとも言えるほどの
問題なのですから。

113 :名無電力14001:03/11/29 09:17
>>112
それならコネズミが取り組むはずなんだけどね

114 :名無電力14001:03/12/01 10:23
「有明海、八代海特別措置法案のように、自然再生という目的と
それを実現するための手法の間にずれが生じ、似て非なる事業に
なってしまう可能性を否定できない」WWFジャパン

会議録 第155回 環境委員会 第4号(平成14年11月15日)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/001715520021115004.htm?OpenDocument

115 :名無電力14001:03/12/01 22:33
ちょっとズレるけどこういう報道もあります。

アラスカの氷河が以前の2倍以上の速さで溶けるなど、
各地で氷河の後退が確認されているが、WWFは、
今世紀末までに平均気温が4度上昇すると、
地球上の淡水の70%を占める氷河がほとんど消えると推定。
(読売新聞のサイトより)

116 :名無電力14001:03/12/03 23:28
有明海の全てのムツゴロウたち生物は、全長崎県民を
ムツムツゴロウたちはゴロウたちはムツゴロウたちは
ムツゴロウたちはムツゴロウたちはムツゴロウたちは
長崎県民を長崎県民を長崎県民を長崎県民を長崎県民を
長崎県民を長崎県民を長崎県民を長崎県民を長崎県民を
恨んでるぞォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
恨んでるぞォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
恨んでるぞォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

117 :名無電力14001:03/12/04 22:33
というわけで、長崎観光ボイコット運動を提案します。
九州には行っても長崎には行きません。
諌早干拓を推進しているのは、農水省と長崎自民党、
そして長崎自民党を支える長崎県民だからです。
長崎の産物も買いません。
原爆の像のかわりにムツゴロウ被虐の像を建てましょう。
よろしくお願いします。

118 :名無電力14001:03/12/06 23:34
あ〜あ〜、長崎〜は〜、今日も〜乾いていた〜〜〜♪

119 :名無電力14001:03/12/07 19:26
水害防止なら農水省の管轄ではないわな。
国交省にまかせ。
干拓は止めれ。

120 :名無電力14001:03/12/10 00:52
水害防止にも2通りありましてね。農水省的には農地の水没防止というのが
もともとの主旨(それについては、干拓がなされることを前提に、堤防の整備
や排水設備の整備をしてこなかったという問題が大きいのだが)。
ところが諫早は諫早大水害という前例があり、水害対策というと現地受けが
良いので、農地の水害防止と都市部の水害防止とを故意に混同させるとい
う宣伝戦略を取ったものと思われます。

なお、農地の水害防止だが、潮受け堤防で仕切り、内部を低潮位に保てば、
自然排水をやりやすくなり、農地への滞留水が減る、ということだったらしい。
実際には、低水位になったあとも農地は水没しまくっているようだ。
堤防と排水設備の整備ををやれや、とおれが言うのはそういう状況のせい。

121 :名無電力14001:03/12/10 14:29
>>120
缶もそう言っちょったね。
>>85-91参照

122 :名無電力14001:03/12/10 16:54
>>121
あ、ちょい違うんですこれ。
潮受け堤防と言っているのは、諫早湾を締め切る堤防のこと。締め切られた
諫早湾の水位を低下させておけば水害は防げる、という文脈。おれが言って
る堤防というのは、それじゃなくて、諫早湾と農地を区切っている堤防のこと
です。
諫早湾の水位を下げても、まあ上潮被害くらいは防げるかしれませんが、農
地浸水の根本的な解決策にはならないんです。農地からの排水がうまくいっ
てない、というのが根本問題だから。諫早湾と農地を区切る堤防を整備し、ま
たよそではやっているような動力排水をちゃんと必要な排水量だけ備えてお
けば、農地の冠水は起きないんですね。ところが、「干拓事業が終われば必
要なくなる」としてそれをやらないでいた。よって農民は、干拓賛成にまわらざ
るを得なくなっている、というのが現地の状況なわけ。

あんまし関係ないが繰り返しておくと、諫早大水害に代表される市街地の水
害は、これとも全く関係ないです。あれはだいぶ奥地のところで川に流木など
がひっかかってせき止めてしまい、そこから越水して市街地を襲った、という
プロセスなので、諫早湾の水位とは全く関係がない。
ところが、「水害」というキーワードで、「干拓をすれば諫早大水害みたいな水
害も防げる」というようなイメージづくりをしているんだねえ。

123 :名無電力14001:03/12/11 07:46
昨日TVでやってたな、、
もはや、有明の水産業は壊滅的だな。。
俺ぜんぜん地元民じゃないんで解らんが
アレ必要なんか???

124 :名無電力14001:03/12/11 11:03
民主党長崎県連は禿しく干拓推進してるんでしょ?

民主もダメぽ。

125 :名無電力14001:03/12/11 17:09
潮受け堤防が出来て、海に流れ込む水が随分汚くなったみたいね。
具体的な数値は、3日後くらいの新聞にでも載るんでしょ?

126 :名無電力14001:03/12/11 17:26
http://kumanichi.com/news/local/main/200312/20031211000240.htm
ttp://kumanichi.com/news/local/main/200312/20031211000240.htm
有明海異変 調整池水質悪化が原因、と元水産総研室長

↑これですね。数値っちゅー数値はないから、シンポジウムに参加しないと
分からない。13日熊本県立大学、一般参加可、参加費千五百円。問い合わ
せは同大環境共生学部海洋生態学研究室(電)096(383)2929



127 :名無電力14001:03/12/11 17:30
つか、排水のときに有明海に流れ出す水の色が海の色と全然違う、という航空写
真はけっこう有名だったり。最初の排水の頃はけっこう新聞に載ってましたよね。

128 :名無電力14001:03/12/11 17:40
>>1 ゴン太さん

http://www.kumanichi.co.jp/nori/nori.html
ttp://www.kumanichi.co.jp/nori/nori.html

↑ここ、ほかの干拓地の取材もあったりしてすごく詳しいですよ。
熊本の新聞が、なんで長崎新聞よりリキ入ってるんでしょ?てか、既出?

129 :名無電力14001:03/12/11 22:30
「中・長期開門調査」 県議会が意見書を可決
http://kumanichi.com/news/local/main/200312/20031211000323.htm

長崎ではなく、保守王国の熊本県議会ですよ。佐賀や福岡の議会も
同様の意見書が上程されるらしいのですが、長崎県議会はなにしてんの?



130 :名無電力14001:03/12/12 00:44
>>128
http://www.nagasaki-np.co.jp/press/isahaya/index.html

長崎新聞での特集


131 :名無電力14001:03/12/13 00:03
千葉の堂本知事の決断で東京湾の何番瀬だったかの埋め立てが
中止になったよね。
知事がnoと言えば、干拓はおわるんだよ。
だが、金子知事にはその気は全く無い。

これを参照。
http://www.mmjp.or.jp/jcp-ozawa/new_page_221.htm

132 :名無電力14001:03/12/13 00:05
>>131
まだせめぎあいは続いていたような。一部だけでも埋め立てやらせろー、と叫ん
でるひとがいて、堂本さんは身も痩せる・・・・ような思いには見えないけど。

133 :名無電力14001:03/12/13 00:20
>>132
まだやってましたか。
土建列島。
いい加減にして欲しいですね。

134 :名無電力14001:03/12/13 00:29
ttp://www.kumanichi.co.jp/nori/sanban/sanban01.html
ttp://www.kumanichi.co.jp/nori/sanban/sanban02.html

↑三番瀬干潟のレポート。2.5年前。児島湾埋め立てのレポートは
読むべきだと思う。

>>130長崎新聞ありがとう。



135 :名無電力14001:03/12/13 23:55
諌早湾干拓(長崎県諌早市)潮受け堤防の開門調査について
議論する農水省の中・長期開門調査検討会議の専門委員会は13日、
「干拓事業が有明海に引き起こしたとされる異変を開門調査によって
検討することは、技術的に困難」などとする報告書をまとめた。
この報告を受け、検討会議は年内にも調査の是非を農水省に提言するが、
中・長期の開門調査の実施は見送りとなる公算が大きくなった。

 専門委は開門調査を実施できるか、技術的に検討するために設置され、
7月から8回の会合を開いてきた。

 報告書は(1)潮位・潮流(2)水質・干潟(3)貧酸素水塊
(4)底質・底生生物(5)赤潮・プランクトン(6)漁業生産――の
6項目について、開門調査の有効性を検討している。

 (1)〜(3)に関しては、長期間の開門で海水を導入しても、
地形や気象などの条件が異なるため、閉め切り前と同一の環境の
調査にはならないとした。(4)〜(6)も、純粋に海水導入による
影響だけを調査結果から導き出すのは困難との意見がある、と結論づけた。

 報告書にはノリ漁民らの意向を背にした福岡、佐賀両県の
委員の主張に配慮して「漁業者の懸念を払拭(ふっしょく)するため、
長期間大きく開門して有明海の状況を見るべきだ」などの意見が付記
されているが、全体として開門調査に否定的な結論になった。

 13日の専門委閉会後、福岡市内で記者会見した塚原博委員長(
九州大名誉教授)は「議論をまとめようとしたが、意見の隔たりが大きく、
両論併記の形になった」と述べた。



136 :名無電力14001:03/12/13 23:58
もう農水省を爆破するしか無いんじゃないか?

137 :名無電力14001:03/12/14 00:00
本気で怒っている人間がどれだけいるか、農水省は、分かっているのか?
経済の問題だけではないのだぞ。

138 :名無電力14001:03/12/14 00:08
なんだ、開門調査をするかしないかだけの検討会だったのか。
結果は>>126でいいってことかな?>ワラスボくん

139 :名無電力14001:03/12/14 00:19
戸倉ダムは中止に向かっている。
埼玉、東京、千葉の知事が相次いで撤退を表明した。
主に財政が動機のようではあるが、これは時代の趨勢でもあるのだ。
が、農水省および長崎県民は頬かむりして済まそうとしている。
これが長崎県民の県民性なのか?
自分だけが良ければ、それで良いのか?
半島国根性というところか?


140 :名無電力14001:03/12/14 00:22
御用学者達の腐臭には辟易する。

141 :名無電力14001:03/12/14 00:43
>>139
長崎県民は自分たちの金で農地の有効利用を
考えています。干拓農地が売れないので、県が
買い取ってリースするそうです。しかも農地以外
の転用も考えているそうで、そうなると、これから
後の事業は農水省がやることはないのでは?と思って
しまいます。

長崎県の県民性は、運転を見る限り非常に優しい。
譲り合いが他県のものには嬉しい限りです。ホント。
長いものには巻かれろという県民性なのかもしれません。
民主党長崎県連が知事の後援会から200万円を貰って
いるということから見ても、力のあるものには楯突かない
で、利を得る習性があるのかも。島原の乱、原爆で気骨の
ある、貧しても正しいことを正しいと言える血筋が絶えた
のかもしれませんね。


142 :名無電力14001:03/12/14 10:15
工事差し止めを求めた仮処分審尋が実質終了
http://www.nagasaki-np.co.jp/press/isahaya/2003/kiji12.html
有明海の異変 県立大でシンポジウム
http://kumanichi.com/news/local/main/200312/20031214000044.htm


143 :名無電力14001:03/12/15 22:46
諫早湾干拓問題 研究者らが開門調査は必須と共同声明
http://kumanichi.com/news/local/main/200312/20031215000442.htm

農水省の中・長期開門調査検討会議の専門委員会に怒りを感じているようですな。
有明海の状況を鑑みて当然です。

144 :名無電力14001:03/12/16 10:33
直接は関係ないが
干潟につらなる私有地を
30年経て愛知県が取得した
http://www.asahi.com/national/update/1212/020.html

ばぶる期には「川底に100億が眠る」といわれたそうだ

145 :名無電力14001:03/12/18 22:58
宍道湖の淡水化という阿呆な計画は中止となった。
諌早干拓は・・・・。
まだ分からないのか、金子原二郎は、農水省は、長崎県民は。

146 :名無電力14001:03/12/19 05:34
>>145
宍道湖の淡水化計画はとりあえず中止になっているんですが、本庄工区でした
か、の干拓計画は最近また復活してきてモメてますぜ。「計画中止」というのは、
必ずしも額面通りのものではなくて、その後もめげずに監視していかなくちゃい
けないもののようです。

147 :名無電力14001:03/12/19 16:30
そうですね。中身が同じで名前の違う計画がすぐに
発生してきます。まさにもぐら叩きです。

ところで、宍道湖の事業は予算の85%を遣って
中止をしたんですよね?復活してきた事業が残り
の15%以上の予算を食うようなことがあれば、
まさに焼け太り。悪い前例にならねばいいのですが。

148 :名無電力14001:03/12/20 01:37
>>119
同意。干拓地に入植する農家がほとんどいなくて、
防災面ばかり強調している状況からすると、管轄を
国交省にするべきだよね。佐賀なんかは、国交省が
でかいポンプを作って排水もよくできるようになって、
諫早あたりの排水がうまくいかない農地よりずっと
いいんだって。国交省のほうが、シビアに仕事を
やっているんだろーね。ダムとの管理の兼ね合いも
あるだろうから、農水省はとっとと撤退汁。

149 :名無電力14001:03/12/20 21:00
 江刺洋司という人の書いた「有明海はなぜ荒廃したのか」を読んだ人はいますか?
 この本、海苔の酸処理を批判するのはいいんだけど、なぜか諫干を誉めまくっている。
 人もうらやむ大事業とか圧力に耐えて成し遂げた知事はえらいとか。
 諫早干潟は泥海だから浄化能力は低く、なくなっても有明海の汚染には関係ないとか。
 それだけじゃなく、諫干に反対する人を流行に乗ってるだけとか圧力に屈したとか言いたい放題。
 ぐぐってみたら、著者が所長をしている日本樹木種子研究所というのは東興建設の付属機関のようです。
 http://www.toko-kensetsu.co.jp/pages/top.html
 斜面保護工事→斜面樹林化工法→樹木のタネはどう管理しているの…
 確認してないから偶然という可能性もあるけどね。
 もしそうだったら著者は土建屋の手先ということになる。
 東興建設には長崎営業所もあるから諫干との関係を調べるとおもしろいかも。
 地盤改良が得意みたいなので干拓にはうってつけだし。
 さらに妄想をふくらませると11月という時期に出たのも気になる。
 本当に酸処理を止めさせたいなら海苔シーズン前に出すはず。
 海苔が始まってから、しかも開門検討委の報告直前。  
 酸処理に目を向けさせて諫干反対の風潮に水を差すのが目的だったとか。
 まさか、ね…

150 :名無電力14001:03/12/20 21:53
>>149
一応、東北大学の名誉教授までなった人ですね。諫干については
研究者としてキチンとデータを収集して解析しての結論なので
しょうか。その本には、そこまでの比較検討されたデータ等は
載っていましたか?勿論、掲載されていますよね?でなかったら、
肩書きだけで書かれたトンデモ本認定してもいいのでは?しかし、
諫早干潟を泥海と評した研究者って、初めてですね。エネルギー
関係が得意分野のようですから、生物環境には興味ないんでしょうね。
仙台での提言も景観のみで河川のことを語っているようですし。

151 :名無電力14001:03/12/21 02:03
イマドキそんなに農地を欲しがる奴なんているのか?
耕作放棄地がゴロゴロしてるだろ。

152 :149:03/12/21 09:48
>>150
 データといえば諫干の面積は有明海の2%、と諫早湾の水量は有明海の0.9%くらいでした。
 干潟の浄化能力は海底に届く光の量で決まるから泥海では低いそうです。
 だれがそんなこと決めたんだよ…

153 :名無電力14001:03/12/21 09:49
>>149
両方ということでいいのでは?
こちらやったから、こちらはやらなくていい
という問題ではないのだから。

154 :名無電力14001:03/12/21 17:45
有明海 「諫早堤防閉め切り後に底質急変」と研究グループ

国営諫早湾干拓事業(長崎県)で一九九七年の潮受け堤防閉め切り後、有明海全域で海底堆積(たいせき)物の細粒化が急激に進み、生息する底生動物にも変化がみられるとの研究結果を、二十日までに東幹夫長崎大教授らのグループがまとめた。

http://kumanichi.com/news/local/main/200312/20031221000041.htm
ttp://kumanichi.com/news/local/main/200312/20031221000041.htm

155 :名無電力14001:03/12/21 17:50
>>152
有明海の透明度は低いそうですが、それは生物に必要な栄養分が
多くあるからだとか。でも最近透明度が増してきたのだそうで、
有明海の漁業にとっては、よくないことなのだそうです。


154の続きを少し

東教授は「閉め切りで有明海の流速が弱くなった結果、細かな浮遊物などが堆積した」と指摘。閉め切りが有明海全域に与えた影響を否定した九州農政局の開門総合調査に、真っ向から反論する内容となっている。

156 :名無電力14001:03/12/21 17:58
>>151
>イマドキそんなに農地を欲しがる奴なんているのか?

当然いませんよね。以前聞いた記憶にいよると、干拓地に
入植を希望した農家が”2軒”あったそうです。今現在では
何軒の農家が入植を待っていらっしゃるんでしょうね。

157 :名無電力14001:03/12/21 19:42
>>151 >>156
つか、諫早干拓地のところの堤防に立つだろ。左側では干拓事業をやっているわ
けですが、右側は耕作放棄地になっていたりするわけですよ。なんじゃこりゃ。

158 :名無電力14001:03/12/21 23:39
>>157
そうなんですか。そんなんで借金までして田んぼ作りますかね?
普通、田んぼは余ってんだから、開門して干拓中止汁!ですよね?
漁師さんにあんまり儲けさせたくないんでしょーか?>地元住民さん

159 :名無電力14001:03/12/22 01:20
>>158
農水の官僚に地元を案内してもらったことがあるんですが、まあ面白いんで、こ
ちらもその耕作放棄地を指していろいろ聞くわけですよ。どういう返事が返ってく
るかというと「食料自給率」とか、そういう話が返ってくるんです。
食料自給率をあげて農地が足らなくなってから干拓事業を考えればいいんじゃ
ないかとか言うと「そうなってからでは間に合わない」とか言うんですね。
なんかこう、上祐さんをケナしていらんないんじゃないか、とおいら思いましたよ。

160 :名無電力14001:03/12/22 09:38
>>159
例え足りなくなっても
あの土地のものを購入する消費者はいるんですかね。
脳水の食堂にでも収めますかw

161 :名無電力14001:03/12/22 11:33
みていて、農水省むかつく〜〜〜〜
農水省は環境ぶっ壊してもいいのか!!!!!

ムツゴロウがないてるぞ


162 :名無電力14001:03/12/22 12:43
>>158
漁師は漁業補償をたっぷり貰ってる。

163 :名無電力14001:03/12/22 15:17
なんせ、すんごく儲けていたらしいからね。だから、
それは当然。でも漁場の消滅補償じゃないのかな?
有明海がこうまでひどくなるとは思っていなかった
としたら(どうせ農水省は有明海に影響はないと言
っていたはず)、影響補償のほうはどうなんだろ?

164 :名無電力14001:03/12/22 15:25
たっぷりの漁業補償てのがどのくらいの額を想定して言ってるのかわからんけど、
そもそも補償を受けてるのは一部だけですよ。諫早周辺の廃業せざるを得なくな
る一部の漁民への補償をもって全部を推し量ることはできません。
農水省側は有明海全体の漁業にここまで甚大な影響があると想定してはいなか
った。具体的には諫早周辺以外の長崎・佐賀・熊本などの漁民はまるっきし被害
者と言ってもいいんじゃないでしょうか。

165 :名無電力14001:03/12/22 15:50
佐賀熊本福岡の漁民も漁業補償を貰ってる
http://nonki.cside5.com/isahaya/sakana/itiran.html

閉め切り時に話題になった海苔の色落ちもその後減少してる
悪くなったことは報道されるが、良くなったことは報道されない、
マスゴミと環境ゴロは氏ね。
http://www.daichi.or.jp/pc/osakana-club/0201ariakekainori.html

166 :名無電力14001:03/12/22 16:20
>>165
他3県の漁師も諫早湾内での漁もやっていたということでしょうかね。
それに補償のほとんどは、調整池内の漁協への補償ですね。永久的な
営業補償ですので、そんなに高いとも思われませんね。

今年も病気がでていますね。良くなったとは言えないのでは?
http://www.kumanichi.co.jp/nori/kiji/20031114.1.html
http://www.kumanichi.co.jp/nori/kiji/20031126.2.html

167 :名無電力14001:03/12/22 17:40
>>165
おっちょこちょいか?

少なくとも、そのソースを最後まで読むと
http://www.daichi.or.jp/pc/osakana-club/0201ariakekainori.html
>12月上旬、プランクトンの発生と色落ち
とあるよ。

168 :名無電力14001:03/12/22 19:55
海苔の色落ちより海底の貝の大量死のほうがはるかに問題でしょう。

要らないものを作って環境を破壊して金(と票)を儲ける。
そういうことでしょ。

長崎新幹線、断固反対!!!

169 :名無電力14001:03/12/22 20:22
>>167
このサイトは環境保護派のサイト、大量発生したら鬼の首を取ったように
書き立てるだろう、1行しか書いてないって事はたいしたことじゃないって事、
熊本で海苔の色落ちが大量発生したなんて報道が有ったかい?

170 :名無電力14001:03/12/22 21:50
諫早湾干拓事業問題 研究者9人が開門調査求め共同声明
http://kumanichi.com/news/local/main/200312/20031222000369.htm
諫早湾干拓事業が有明海の環境に与える影響を調べている研究者九人は二十二日、有明海再生に向け「あらためて(湾を閉め切った潮受け堤防の)開門調査を求める」との共同声明を発表した。全国百六十一人の研究者も賛同しているという。


赤腐れ病対策 県漁連、ノリ網一斉撤去へ
http://www.kumanichi.co.jp/nori/kiji/20031125.2.html
熊本日日新聞2003年11月25日朝刊

171 :名無電力14001:03/12/22 21:52
タイラギ漁 福岡・佐賀で3年ぶり再開へ
http://www.kumanichi.co.jp/nori/kiji/20031114.2.html

長崎県では十年連続で許可申請を見送る見通し。
長崎県では十年連続で許可申請を見送る見通し。
長崎県では十年連続で許可申請を見送る見通し。


172 :名無電力14001:03/12/22 21:58
農水省が事業の費用対効果を〇・八三と試算
http://www.kumanichi.co.jp/nori/kaimon/kaimon04.html
土地改良法が定めた基準値一・○を下回った
災害防止効果が全体効果の69・1%なのに対して、
本来の目的である作物生産効果はわずか9・7%。


173 :名無電力14001:03/12/23 02:27
>>166
えーと、「漁場が諫早湾およびその近隣地域であったかどうか」あたりが基準だっ
たような。実際には浅瀬がつぶされたら広範囲に影響が出たのだが。直接の漁獲
にはあまり関係がない部分については、補償をはるかに上回る被害が生じている
と言っていいと思う。

174 :名無電力14001:03/12/23 08:21
>>169
視察にいった11月にはまだ発生していなかったが
12月に発生したとしか読めないが?
http://www.daichi.or.jp/pc/osakana-club/0201ariakekainori.html

175 :名無電力14001:03/12/23 08:42
>>174
それを裏付けるソースは他に有るのかい?
そんなことが起きたら地元の漁協が大騒ぎするだろう。

176 :名無電力14001:03/12/23 08:54
>>175
>>165 が示したソースはそれしかないよ。


177 :名無電力14001:03/12/23 09:24
>>176
165は海苔の色落ちが減少していることでそのソースを出した、
それに反論するなら具体的にどれだけ被害が発生しているかの
ソースが必要。

178 :名無電力14001:03/12/23 09:31
>>177
逆だよ。
>>165のソースには
11月→12月に発生という内容しかない。
それは違うというなら、他のソースを示さないと
説得力はないよ。

179 :名無電力14001:03/12/23 10:22
ほらよ、海苔の生産統計
http://www.zennori.or.jp/genjo/chisiki2-3.html
佐賀福岡熊本は1999年より2001年の方が
生産が多いぞ。

180 :名無電力14001:03/12/23 18:40
貝の大量死が問題。
有明海は、未来に渡って人類全体のものです。
「三番瀬埋め立て」はやはり千葉の堂本知事のおかげで全面中止になった。
マイナーな抵抗はまだ続いているようだが。
海を子供達の為にそのままで残すのだ。
漁獲量などだけの問題では、全く無い。

自分の県のことしか考えられない(諌早反対運動が起きない)
長崎県の長崎新幹線に断固反対!

181 :名無電力14001:03/12/23 23:03
有明湾の貝の漁獲統計
漁獲の減少は1990年代初頭に既に始まってたりする。
http://www.jfa.maff.go.jp/ariakenori/chukanmatome/Fig2-02.gif
http://www.jfa.maff.go.jp/ariakenori/chukanmatome/Fig2-03.gif

182 :181:03/12/23 23:19
諫早湾の干拓は無駄な公共事業、
それをネタに税金を引き出そうとしてる
漁師と環境ゴロは氏ね。

183 :名無電力14001:03/12/24 10:34
1989 起工式
1990 潮受け堤防の試験堤防工事着手
1991 潮受け堤防の設計変更(水門増設)に伴う環境影響評価(アセス)
湾内のタイラギが大量死
1992 潮受け堤防工事が本格化 タイラギ大打撃
http://gyominet.hp.infoseek.co.jp/shiryou/isakan-rekishi.htm


184 :名無電力14001:03/12/24 14:47
タイラギの不漁は1970年代1980年代にも起きてますが何か?
それも干拓工事のせいですか?(藁

185 :名無電力14001:03/12/24 21:21
ソースは?

186 :名無電力14001:03/12/25 01:23
工業生産品じゃないんで不漁があるのはあたりまえ。また、海洋環境の悪化に伴
う減少傾向があってもそれも不思議じゃない。
ただ、そのエリアの生態系破壊(産卵地破壊など)による修復不可能なダメージ
とそれ以外の定期振動や漸減傾向などとをいっしょくたに論じると、それは暴論。
過去にも不漁があったことや漸減傾向があったことをもって干拓事業の悪影響
を否定することができるわけがない。

個人的にはなんだね。最近、日本は工業慣れしているせいか、農業漁業には振
幅がつきものであるというあたりのことを忘れてるやつが多すぎると感じている。
そりゃ工業的価値からすれば「毎年計画通り同じように取れる」のがあたりまえと
感じるかもしれないのだが、それは前提が間違っとるのだ。
その上で、その振幅とそうではない増減とをどう見分けて問題の把握をするかと
いうのがむずかしいところなわけだが。


187 :名無電力14001:03/12/25 11:17
「堤防閉め切り後に底質急変」と長崎大・研究グループ
http://kumanichi.com/news/local/main/200312/20031221000041.htm

研究グループは約40年にわたって変化がなかった有○海の底質が、
堤防閉め切り後の5年間で急速に変わったとみている。

188 :名無電力14001:03/12/25 11:39
>>185
>>181

189 :名無電力14001:03/12/25 12:17
不漁と出漁さえできない状態では、まったく違いますな。

190 :名無電力14001:03/12/25 14:19
>>189
海苔養殖の無機酸での酸処理など海を汚してきたのは漁師自身
自分たちの悪行は棚に上げてる。

191 :名無電力14001:03/12/25 16:27
その酸処理を農水省が認めていたのでは?広めたのでは?
指導していたのでは?それが悪行なの?で、海を汚すって
分かったのはいつ?それで漁獲高が減ったの?酸処理を禁止
したの?タイラギ漁をする漁師は、ノリ養殖もするの?



192 :名無電力14001:03/12/25 18:31
>>190
漁民が一枚岩なわけじゃないし、対象物によってけっこうな利害対立があるのも
あたりまえで。漁師をまとめて一群と認識しているあたりがすっげーイタい。

193 :名無電力14001:03/12/25 18:34
ついでに漁業がらみの一般論をやっとくと、もともとは沿岸漁業から出た資本だっ
たくせに沖合い・遠洋と逃げて行き、しまいにゃ輸入商社になっちまった大手漁業
資本だって、もともとは漁民のうちだったんだよな。
どことどこがどのように利害対立しているかとかいうのはむずかしいんで。
なんでもそうだけど、そうやって「まとめて一群」と言いたくなったときには、「もしか
すると自分はよく知らないものだから乱暴な議論をしているのではないか」と、少
し気をつけてみるといいと思うですよ。気をつけることができれば、あんまし暴論を
吐くこともなくなるんじゃないかな。

194 :名無電力14001:03/12/25 22:08
>>191

# 84年9月に出た水産庁の次長通達がある。
#酸処理剤は(1)天然の食品の中に含まれている
#クエン酸やリンゴ酸などの有機酸を使う
#(2)残液は海に捨てず、中和して下水に排出する、といった基準が示されている。

# だが、ノリを養殖している21道府県で、
#通達通りの処分をしているところは、ほとんどない。
http://mytown.asahi.com/saga/news01.asp?c=5&kiji=177

195 :名無電力14001:03/12/25 22:28
>>192
一枚板じゃなくても県魚連がある、不正は見て見ぬフリ

196 :名無電力14001:03/12/25 23:02
>>195
あくまでも「いろいろな立場がある」そして「だから調整がむずかしい」というあたり
の現実には目をつぶろうというわけですね。まあ、それも生きかたのひとつかと。

197 :名無電力14001:03/12/25 23:52
>>196
いろんな立場があって調整がつかないから、干拓工事に責任転嫁(藁

198 :名無電力14001:03/12/26 09:19
>>194
実効性のない基準だけ出してお仕舞?
いいきなもんだな。

199 :名無電力14001:03/12/26 10:38
海苔業界の暴露本で、作者と、酸処理剤メーカーの懇談でメーカー側が「環境に悪い反社会的なものを売って、心が痛い」とぼやいていたらしい。

つーか、海にそんなもん捨てんなよ!

200 :名無電力14001:03/12/26 11:27
オーイ、これも干拓工事のせいなのか?

#だが、65年ごろからハマグリが大量死するようになり、

# この10年あまり、天然アサリはほとんど取れなくなり、
ttp://mytown.asahi.com/fukuoka/news02.asp?c=5&kiji=747

201 :名無電力14001:03/12/26 14:21
>>200
すんまへんが、どこかに「全ては干拓事業のせい」と言っていたやつがいたので
すか? 不勉強にしてそういうやつは知らないので、いるのだったらご教授くださ
い。
海洋環境の悪化はいろいろな要因があって徐々にしかし確実に進行してきた。
干拓事業は、それを大きく後押しするものではあったけれど、海洋環境の悪化の
唯一の原因というわけではありませんし、そんな主張は見たことがありません。

202 :ゴン太:03/12/26 14:51
>>128 さん。スーパー遅レスすいません。リンク先、読ませてもらいました。
   ありがとうございます。
   私が前にリンクを貼った(もう存在してませんが)近所にある高松干潟
   も着工が決定してしまいました。いろいろ運動していたにもかかわらず、
   その結果にはガックリしてしまいました。でも、これからも着工差し止め
   のために運動していきます。
   ほんと役人には腹が立つことばっかです。 

203 :名無電力14001:03/12/26 21:04
>>201
諫早湾締め切りのとき海苔の色落ちや貝の大量死で大騒ぎしたじゃないか、
海苔の生産は翌年回復したし、貝の大量死は以前からたびたび起きてる
これを報道してるところがどれだけある?
お前の回りの連中に聞いて皆。

204 :名無電力14001:03/12/26 21:42
>>203
報道量から主張が推し量れるというのは、諫早問題に限らず、誤認と思いますが。

205 :名無電力14001:03/12/26 22:43
>>203
誤認するように誘導してるだろ、干拓地を締め切ったときだけ大騒ぎ、
海苔の生産が翌年には回復してること、
貝の大量死が以前からたびたび起こってること、
を報道してたら一般市民の反応はどうなるかな?

湾岸戦争のときの油まみれの水鳥の写真と同じだよ。

206 :205:03/12/26 22:44
訂正
×>>203
>>204

207 :名無電力14001:03/12/26 23:07
所詮、泥の海に過剰な浄化能力を求めたって無駄です。
干潟には精霊でも住んでるような幻想を抱いた報道も見うけられます。

今、世界の海に干潟なんて、0.00001%以下もありません。
なくたって、基本的に海は綺麗でしょ?
なぜなら、海水はそれ自体に汚濁成分を浄化するバクテリアを持っています。

有明が汚れたのは、汚す人が多いからです。
臭いものにフタをするのではなく、元から断たなきゃ駄目!
現に、酸処理投棄の実態はマスコミ報道以上のものが実際にはある。

本当に自然を愛するならば、もっと実態を勉強すべし。いや、恐れるなw

208 :名無電力14001:03/12/26 23:15

無知とスリ替えに激ワラ

209 :207:03/12/26 23:40

え?なんかつらいこといったっけ?

210 :名無電力14001:03/12/26 23:45
諌早湾を閉め切ったことで急激に生活排水が増えたのか?

211 :207:03/12/27 00:02
>諌早湾を閉め切ったことで急激に生活排水が増えたのか?

う〜ん、それは少しあるかも。
諫早湾の付近で仕事をしている人が、「どうせ汚くなる海だから、いいや」ってな感じで、工場排水のバルブを全開にしたりして・・・。

って何言わせるんじゃい(笑)

212 :名無電力14001:03/12/27 00:08
こういうスレ立ちました

http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1071983185/l50

自民に10億か・・・。
もうかってるんだね。

213 :207:03/12/27 00:13
先ほどは失礼しました。

「酸処理投棄」とは、生活排水というよりも、産業排水です。
つまり、海苔養殖につかう酸処理剤のほとんどが、海に捨てられている問題を言いたかったのです。

ちなみに酸処理剤の主成分は、有機酸と言われるものですが、海に少しでも捨てると、国際法違反です。

それを、20年くらい前の高度成長期に、農水省が許可を通達として出したのです。
まさしくこのスレタイトルにあるように「農水省の暴挙」ではないでしょうか?

ちなみに、有機酸(クエン酸など)は、アミノ酸の親戚みたいなものです。
それを何千トンも、海に撒いたら猛毒の硫化水素が発生して、貝が死ぬって、NHKのクローズアップ現代で長崎大学の教授が発表してました。


214 :名無電力14001:03/12/27 00:13
有明海のフセイン大統領=金子原二郎をお忘れなく!

215 :名無電力14001:03/12/27 00:18
諌早湾を閉め切ったことで急激に産業排水が増えたのか?

216 :名無電力14001:03/12/27 00:24
>215
排水が増えたのではなく浄化作用力が落ちたのだよ。
そんなことも分からんのか?
それとも環境派の逆釣りか?
いくらなんでもそんなことが分からんとは思えんわな。

217 :低生生物:03/12/27 00:26
この国は土建屋と政治屋が田舎から人材を産業資本に供給しながら環境
を食い潰しその上前を撥ねて競争力の無い農業地帯に土建屋を通じて
所得移転をした。この所得移転には豊かな自然資本を壊す欠点があった。
この口利きをしたのが金子原二郎君らです。やっぱ、失敗だわ。国敗れて
山河なし・・・。次世代の諸君、ごめんな。

218 :名無電力14001:03/12/27 00:28
>>216
いや、207に聞いてみたのだが

219 :名無電力14001:03/12/27 00:30
>218
あ、ゴメン。

220 :名無電力14001:03/12/27 00:34
まあまあ

221 :207:03/12/27 00:43
>>215
>諌早湾を閉め切ったことで急激に産業排水が増えたのか?

酸処理メーカーも数社あって、年々効果を競い合ってるので、環境の負荷は増すばかりです。
また、年々有明海での酸処理剤の使用量は激増している。
情けないことに、使用量の規制なんてないんですよ。

諫干の締めきりによって、ムツゴロウが死に、そしてマスコミが騒げば騒ぐほど、酸処理問題に矛先が来るのをノリ業界は常々恐れてきました。
責任追及を回避するため、農水省の通達を遵守すべく、環境に悪いと知りつつも有機酸の使用を徹底してきた。
マスコミが騒ぐ前は、ノリ生産者は、環境に優しくてしかも安価な「無機酸」というものを使っていたのだ・・・。

従って、過去にないほど急激に「産業排水=有機酸投棄」は増えている。
これが実態だ!

222 :名無電力14001:03/12/27 00:47
207は海洋汚染の一因を示していることは間違いないんだが、
それが諌早閉め切りを正当化する何の根拠にもならんことに
早く気付いてくれ。

223 :207:03/12/27 00:55
堰を戻し、自然な環境を復興させるといった巨大工事の利権があると聞き、またそれを後押ししたくないので、222には申し訳ないが、完成してしまったものはしょうがないと思う。

私は、ただ有明海異変の本当のメカニズムを知って欲しかっただけなんだ。



224 :名無電力14001:03/12/27 01:17
環境悪化の一因をひとつだけ取り出したって「本当のメカニズム」にはならん。
排水の悪影響を「閉め切り」が助長している可能性だってある。
また利権と環境議論は本来別の話。
「利権ダムけしからんから大洪水賛成」なんていうアフォもいないだろう。

225 :名無電力14001:03/12/27 01:28
「開門調査で、事業が有明海へ与える影響を検討することは困難」
http://www.kumanichi.co.jp/nori/kiji/20031226.1.html

↑これ、どういう意味なんだろ?中・長期開門調査検討会議の最終報告書

226 :名無電力14001:03/12/27 01:42
何か結果が出たとしても確実なことはいえない、という
科学的原則を盾にしつつ、
本当は、一度開けてみるという既成事実を作りたくないんだろう。
開けることで水質が悪くなっても良くなっても困る人がいるということ。
しかし中長期的な視点にどれだけ立っているのかは疑問だな。

227 :名無電力14001:03/12/27 04:17
>>224
経験則的に言うと、締め切ったところの水質は、だいたい悪くなりますね。八郎潟
しかり児島湾しかり長良川河口堰しかり。プロセスは若干違っていて、八郎潟の
場合は地下水由来の窒素成分のせい、児島湾や長良川の場合は生活廃水など
による窒素や燐のせい。また、特になんもなくても、最近だと硝酸態窒素のせい
でアオコとかが発生して水質が悪化する場合がある(生活排水も工業排水もなん
も流れ込まないような高層湿原とかでも、最近は富栄養化が起きることがある。
その原因がたいてい、酸性雨に含まれる硝酸態窒素)。
諫早湾の締め切り調整池の場合だけど、生活廃水を含むもろもろの人工的な汚
染成分だけで、十分に水質が悪化するレベルかと思います。周辺の農村なんか
の生活廃水だって、集落浄化くらいしかしていなくて、高度下水処理はしていない
ところが多かったように記憶してます(してるところもあったはずだけどね)。そした
ら富栄養化による水質の悪化が起こらないわけないです。

228 :名無電力14001:03/12/27 04:22
水門をあけたがらない理由のひとつに、水門周辺の崩落防止ってのがあるので
す。
有明海は、干満の差がけっこう大きくて、潮の流速も早いんですね。そこにもって
きて、水門は狭いわけで、そこに干満の差が集中したら、激流クラスの流速になっ
ても不思議はないんですわ。ところが、水門の周辺の海底は、敷石を置いてある
だけなもんで、流速が早いとその敷石が動いてしまい、底から崩れる可能性があ
るんですね。
当初より開門しての海水の流通なんか考えずに設計をしたというツケがまわって
きた格好。まぁ、一時的な開門調査くらいならばだいじょうぶでしょうけど、それで
水質が良くなって恒常的に開門するなんてことになったら、あの水門は持たない
んですよ。

229 :名無電力14001:03/12/27 11:49
ぜんぶ外しましょうw

230 :名無電力14001:03/12/27 12:07
>>224
リ権の温床という言葉が使われるのは
ムダな公共事業の時じゃないか。

231 :名無電力14001:03/12/27 13:14
>>228
>海水の流通なんか考えずに設計をした

開けたら壊れるなんて水門の意味ないじゃん

232 :名無電力14001:03/12/27 16:10
高潮災害の松合地区 樋門閉まらず民家に海水浸入
http://kumanichi.com/news/local/main/200312/20031225000023.htm

大潮の時期に↑こんなことになったら、水門は壊れるかな?

233 :名無電力14001:03/12/27 16:30
>樋門は潮位の変動によって自動的に閉まる仕組みになっているが、
>何らかの原因で閉まらなくなったらしい。

どこもかしこも樋門管理はグタグタだな。

234 :名無電力14001:03/12/27 16:37
>>229
全部撤去というのは、考え方のひとつとしてはあり得るけれども、そこまで農水省
を譲歩させるのは現実的ではないようにも思います。

>>231
当初は、干潮時に湾内の水を排水することしか考えていなかったし、その範囲で
は十分な強度を持っているのです。潮を止めるのが目的の堤防であり、穏やか
な水流で排水することが目的の水門だったからね。
開門して潮を通すということはもとより目的外なわけで、ある意味しょうがないで
す。つまり、へたに開門して水質が改善され、常時開門ということになったら、水
門を大改修せにゃならんわけですよ。
ボタンをかけちがったせいでにっちもさっちもいかなくなっている、というのが現状
なわけですなぁ。どこに落としどころを探せばいいのか、はっきしゆーておれにも
よくわからんです。とりあえず最初に馬鹿な計画を立てたやつを殴るのが先かと
は思うんですが、殴ったところでラチあかないしな。

235 :名無電力14001:03/12/27 16:45
>>232
樋門というのは、たぶん弁みたいになっている水門のゲートのことですね。陸地
より海の方が低い場合は水が流れるが、逆の水位のときは海から陸には水が流
れないようになっているもの。
これは、有明海とかだとわりとありがちなものなんだが、潮がはこんでくる泥が樋
門の外側にたまると、あかなくなったり(排水不良)、とじなくなったり(高潮被害の
発生)、という事故が頻発します。
日々ちゃんと澪筋をつけるとかやっときゃだいじょうぶなんだけどねー。
熊本の場合はよーわかりませんが、諫早の場合は「干拓ができたら不要になる」
という理由のもと、農水は堤防や水門、排水設備などの整備をあとまわしにして
きた、という状況があります。

なお、水害の日に現場を見に行ったとき排水場が動いていて、案内をしてくれた
農水官僚は「樋門がこわれているので動力排水をしているが、本来なら自然排水
で十分」という説明をしてくれました。ところがうちら、その日のうちに帰ったりしま
せんで、翌々日の晴天まで待って改めて現場を見に行ったんですな。樋門はこ
われておらず、ちゃんと機能していました。
お手軽に取材して帰っちゃうやつだと、ああいうのに簡単にだまされちゃうんだろ
うなぁ。当然ながら、おれはおもいっきし心証を害して、農水側の言うことは原則
として額面通りには受け取らないという方針にしましたけれども。

236 :名無電力14001:03/12/27 18:00
>>235
高潮被害の松合地区に水門が完成
http://www.rkk.co.jp/cgi-bin/newscgi/backno_page.cgi?id=NS003200309191921556

水門はでかいよ。動画あり

237 :名無電力14001:03/12/28 00:30
>>236
この水門が閉じなかったのか?5億もかけてて・・・

諫早もあり得るな。そしたら干拓地は使いものにならんな。
せいぜい農水省には気張ってもらって、故障、人為ミスが
ないようにしてもらわんとな。

238 :名無電力14001:03/12/28 02:48
>>237
今回閉じなくてトラブル起こした樋門って、ほんとにこれなん? おれ、古くから
あるタイプのやつのことだと思って>>235を書いたんだが、ぜんぜんちゃうやん。

239 :名無電力14001:03/12/29 14:26
高潮災害の松合地区だから、9月完成の新しい水門でしょ?
松合地区には、2ヶ所の船溜まりがあるみたいだけど。
下記に昔の水門なしの写真アリ
http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/web_j/dprinews/news15/n15-1.html


240 :名無電力14001:04/01/02 20:44
水門開けると、堰が壊れるのか。
誰か開けてくれ。

241 :名無電力14001:04/01/03 12:12
http://www.ichigobbs.net/cgi/readres.cgi?bo=sonin&vi=0060

http://www.ichigobbs.net/cgi/readres.cgi?bo=sonin&vi=0069&rm=30

http://www.ichigobbs.net/cgi/readres.cgi?bo=sonin&vi=0070&rm=30

http://www.ichigobbs.net/cgi/readres.cgi?bo=sonin&vi=0063

242 :名無電力14001:04/01/08 13:11
http://www.nagasaki-np.co.jp/press/isahaya/index.html

地元紙の特集が充実。

243 :名無電力14001:04/01/09 00:25
http://www.kantakunosato.co.jp/

↑ここって、どこが経営してるか知ってる?
干拓地に農業テーマパーク(700/4ha)が
出来るっても聞いたんだけど、諫早にこんなのが
集中しても十分やっていけるんだねー。詳細キボン

244 :名無電力14001:04/01/15 19:10
瀬戸内海も全然魚が獲れなくなったってね。
干潟が持つ海水の浄化作用が機能しなくなって、海が汚れたままに
なってしまった。
瀬戸内では、これまでの「開発」の有り方を見直そうという動きが
出ているそうだけど、諌早はね・・・・。
農水省や長崎県は、まさに、日本チッソだね。


245 :名無電力14001:04/01/20 15:54
1年半後に一転 「全面開示」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040119-00000104-kyodo-soci

246 :名無電力14001:04/01/20 15:56
>>245
スレ間違い スマソ

247 :名無電力14001:04/01/20 22:56
「内閣府情報公開審査会で審査中」とK藤啓調査官(当時)は偽証したそうだ





248 :名無電力14001:04/01/21 21:21
工藤啓のことか?

国交省のワラスボ君と呼んであげる

249 :名無電力14001:04/01/21 21:57
ワラスボ〜

懐かしいねぇ〜

農水省のワラスボはどこに転勤したんだぁ〜?

250 :名無電力14001:04/01/21 22:01
工藤啓が、吉本の宮川大助ってことになっているらしいんだが、
ホントのところを誰か教えてくれないか?

251 :名無電力14001:04/01/22 00:27
工藤啓って誰よ?

駆動系だけのアフォでいいのか?国交省のだれかなんだろーが、
みんなしらねーんだよ

画はねぇーのか?宮川大助似の駆動系の画はよ

252 :名無電力14001:04/01/23 21:02
諌早干拓は、全国民に対する犯罪行為であることを
もう一度確認しておきたい。
「暴挙」でもあるが「愚挙」でもあります。
「太平洋戦争」同様、分かっちゃいるが破滅するまで
誰にも止められないのか?
そんなことはない。
農水省のまともな役人よ、団結して阻止せよ!

253 :名無電力14001:04/01/25 22:24
九州大学と長崎大学の共同研究グループは、
長崎県で進む諌早湾干拓事業で湾を
閉め切った後、湾外にある島原半島沖の
観測点で潮速が最大33%遅くなったことを
確認した。閉め切り前後の潮流変化を
実測データではっきりと裏付けた調査は例がなく、
研究グループは「干拓事業が有明海の健康に悪影響を
与えている可能性の一端が分かった」と指摘している。

(asahi.comより)

254 :名無電力14001:04/01/25 22:26
↑上の記事

http://www.asahi.com/national/update/0125/003.html


255 :名無電力14001:04/01/26 11:13
小松利光教授川辺川ダムの討論会では、流域住民のために
ダムは必要、効果が小さいくらいと言っていたが、諫早では
潮受け堤防が高潮被害防止のために必要である、なかったら
家族を住まわせようとは思わない、自然破壊もやむなしとは
言わないのね。潮受け堤防がないときに、予測でも出来なかった
のかね、この教授

256 :名無電力14001:04/01/26 14:19
最大33%減速
http://www.asahi.com/national/update/0125/003.html


257 :名無電力14001:04/01/26 21:42
■タイラギ8割死ぬ
有明海でタイラギ漁に従事する漁業者らでつくる県潜水協議会は十八日、昨年末に
三季ぶりに再開された有明海でのタイラギ漁の水揚げが少ないことから、佐賀県側
と合同で潜水調査を実施した。調査の結果、約八割のタイラギが成長する前に死ん
でおり、関係者は「商売にならない」と不安を訴えていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040119-00000004-nnp-l40

258 :名無電力14001:04/01/26 23:31
官僚政治家のお先棒担いで、走り回る学者は腐るほど居る。
俺の後輩でも、学生の頃は自然保護だの、環境教育だのと理想をぶちあげていたやつが
行くとこなくて、国土交通省のある研究所に入ったとたんおとなしくなった。
ま、それはともかくとしても、学者には専門バァカが多い。専門のことしかまともに知
らないくせに、自分は一般人より物知りだと思っているから始末が悪い。そして、無自覚の内に
お先棒担ぎになり、自分は正しいことを言っていると信じている事もある。
こういう奴にこそ”逝ってヨシ!”が似合うと思うな。
何となく雑感。

259 :名無電力14001:04/01/27 19:15
>>257
これは1月19日の西日本新聞筑後版の記事。
で、同日の19日西日本新聞佐賀版は、

新漁場調査 大きめタイラギ確認 太良町大浦漁協「単価に期待もてる」

 昨年十二月、有明海で三季ぶりに再開されたタイラギ漁の水揚げがふるわ
ないことから、太良町大浦の大浦漁協は十八日、新たな漁場を探す潜水調査
を行った。現在の漁場の周辺三カ所で実施。その結果、これまで水揚げされ
ているものより、大きめのタイラギが生息している地点が確認され、関係者
は「単価などで期待がもてる」と喜んでいた。

どっちなんだよ西日本新聞…

260 :名無電力14001:04/01/27 20:08
水の流れが変わったので、有るところではタイラギに不適となり、他の生育できなかった
海域で育つようになったと言うことではないか?

261 :名無電力14001:04/01/27 20:25
>>257 >>259
漁獲量
http://nonki.cside5.com/isahaya/shiryou/tairagi.html

262 :名無電力14001:04/02/10 12:47
ウシからトリまで騒がれ始めると
水産資源を大事にせにゃ。と思う。

263 :名無電力14001:04/02/11 23:49
何の正義も皆無の「公共事業」あるのみ。
ただじぶんたちのオマンマが食いたいのみ。
他に探せば(探せばだけど)仕事はいくらもあるよ。
みんながやってる「探す努力」を怠って、子供たちから
未来を奪って行くんだ。

264 :名無電力14001:04/02/12 00:15
潮受け堤防の道路は舗装済みのようだね。はやく通れる
ようにしてくれないかな。調整池があまりにも汚いから
嫌なんかな。調整池と有明海の違いを間近に見てもらい
たいが、地元民はそんなことほとんど気にしないだろーな。

265 :名無電力14001:04/02/12 06:22
>>262
魚介類は水銀やスズ汚染の問題があるがナ。

266 :名無電力14001:04/02/12 15:19
アメリカのBSE牛は流通に乗ったみたいだナ
ヘタリ牛でもなかったのだとか
ソースがNステでは、信憑性がないか?

267 :名無電力14001:04/02/17 21:53
>>265
それもあるんだけどね。
化学物質もおおいに問題なんだけど、ほとんど必要の無い
干拓(お金の問題は別にして)で、その価値が無限に近いような
有明海を危機に陥れることは、「生き物」として赦されること
では無いんですよ。あそこを頼りにしていつ生物がどれほど
多いことか。それは結局僕等に返ってくる。僕等というより
僕等の子供たちにね。

268 :名無電力14001:04/02/17 22:37
とにかくね、自民党が政権とってる内は何言っても無駄ですよ。
道路公団見れば分かるでしょ。小泉だって結局「自民党をぶっ壊す」なんて大風呂敷広げておきながら
やることは小手先の誤魔化し政治。なんだか、留学時も単位がなかったようだけど、あれはほんものの
政治家とはいえないね。民主党もいろいろあるけど、しがらみの少ないところに政権交代しなきゃほ
とんど何にも変わらない。民主党が腐ったら、また自民党に変える。そうやって時々交代するの
が国民にとっては一番ええ。
諫早湾も、政権が変わらんことにはね。何にも変わらんよ。

269 :名無電力14001:04/02/17 23:11
諫早湾干拓 議員の会が九州農政局などに開門調査の必要性訴え


 民主党や共産党など野党の国会議員を中心につくる超党派の議員連盟
「公共事業チェック議員の会」は十六日、熊本など有明海沿岸の各県や
九州農政局に対し、諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防の排水門を
開放して有明海の環境への影響を調べる中・長期開門調査の必要性を訴えた。

 一行は十五日、諫早湾干拓の現場とノリ養殖の不振が続く大牟田市沖
のノリ漁場などを視察。十六日は二班に分かれ、熊本、福岡、佐賀の
各県庁と九州農政局を訪れた。

 熊本県庁には、県選出の松野信夫衆院議員(民主党)ら三議員と、
県内の漁業者ら計約二十人が訪問。黒田武一郎副知事らに、三県が足並
みをそろえて国に中・長期調査の実施を訴えるよう求めた。

 九州農政局では大串和紀局長に、松野議員らが「(ノリ不作など)
漁業被害の救済策と有明海の環境変化の原因究明に向け、中・長期
調査は必要」と主張した。

 「議員の会」は今後、国会で同事業の問題を取り上げ、農水大臣ら
に直接、中・長期調査の実施を求める方針。



270 :名無電力14001:04/02/19 23:41
諫早名物ageマキ

271 :名無電力14001:04/02/22 00:23
>>269
松野議員ですか。メモメモ。
「公共事業チェック議員の会」ですか。メモメモ。

三重県はエライねえ。県を挙げて温暖化防止に取り組んで
いる。でも埋め立ては名古屋が全国1なんだよな。

>>268
小泉は政界最大のコピーライターだよね。

272 :名無電力14001:04/02/23 00:18
与野党はどっちでもいいけど、やっぱ年寄りの知事はダメだね。

273 :名無電力14001:04/02/26 17:11
タイラギ水揚げ

274 :名無電力14001:04/02/29 19:30
ヤマメ解禁age

275 :名無電力14001:04/02/29 19:32
牡蠣小屋季節終了age

276 :名無電力14001:04/03/01 23:50
>>269 >>271
民主か

277 :名無電力14001:04/03/14 23:37
多分、長崎県民だって、諌早なんて止めてくれて良しなんだよ。
ただ自分の親を批判できないのと同じ気分で押し黙ってるんだ。
でもそれは、感情的には善でも理性的には悪だということに
気づいて欲しいな。長崎に住むみなさんもまた「地球市民」
なんだから。

278 :名無電力14001:04/03/19 07:16
>>277
そんなところだと思うよ。
あんなところで農業やるものなどいないだろ。

279 :名無電力14001:04/03/21 21:34
自民党長崎県連は、02年の県知事選を巡る違法献金事件を
受けて自粛していた企業献金を受け入れる方針を決めた。
4月3日の定期大会に、企業からの献金収入500万円を
盛り込んだ04年度予算案を提案する。個人献金が期待できない事情が
背景にあるが、わずか1年での方針撤回に批判の声も出そうだ。
(asahi.comより)


だそうです。ゼネコンに偏らないようにするそうだが。
公共事業受注額に応じて自民党に献金させていた
「長崎方式」の復活だな。有明海は浮ばれないね。

280 :名無電力14001:04/03/31 16:28
>>279
おやまあ復活ですか。
一年しか我慢できなかったんだね。

281 :名無電力14001:04/04/04 17:22
干潟に流入する川砂がアサリ成育に関係
http://www.mainichi.co.jp/women/alacarte/marukajiri/200304-06/0513.html

282 :名無電力14001:04/04/08 00:30
農水省もだけど、やっぱり自民県連でしょ。
なんだっけ無農薬関連でいいこともやってるし。
諌早が農水省の汚名を全国に広めていることに
早く気づいて干拓やめて水門あけてくれ。

283 :名無電力14001:04/04/13 21:15
「有明サミット」を開くべき。各県知事が参加して。
そして長崎県は除外して。

284 :名無電力14001:04/04/22 20:19
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/news003.html

中・長期開門調査見送り 諫早湾干拓 「主因説」認めず 有明海異変
 長崎県の国営諫早湾干拓事業をめぐり、有明海の環境悪化との関連を調べる
潮受け堤防排水門の中・長期開門調査について、農水省は二十二日、実施を見
送る方針を固めた。今季、ノリの生産状況が沿岸各地で異なるなど「環境悪化
の主因とはいえない」と判断。同日午後、福岡市内で調査実施を求める福岡、
佐賀、熊本三県の漁連幹部と会合を開き、市川一朗副大臣が説明する。月内に
も亀井善之農相が調査見送りを最終決定する。



285 :名無電力14001:04/04/26 16:08
>>284
うげ、いつの間に

286 :名無電力14001:04/04/28 23:29
おまえらなぁ、クスリのせいにきまっとるやろが。

287 :名無電力14001:04/04/29 22:31
もういいよ。
諌早との交換で長崎新幹線はボツで決定だ。

288 :名無電力14001:04/04/30 11:17
費用対効果が1.0を割っているところに金をつぎ込むんだから、
事業費は農水省役人と長崎自民党の収入で全額賄って欲しいな。
俺の税金使うなゴラァ!

289 :名無電力14001:04/05/01 09:53
誰か諌早のことを外国の環境団体にタレ込んでくれ。


290 :名無電力14001:04/05/01 16:55
200隻も繰り出したらしいぞ
http://www.nnn24.com/16779.html
動画あり

291 :名無電力14001:04/05/01 23:18
長崎県知事は年金払ってるのか?と言おうと思ってたが
年金もらうはずの年齢だな。

農水省もいい加減に汁よ!
すぐ止めれ。
本気で怒るゾ!

292 :名無電力14001:04/05/03 14:28
>>286
何がどんなクスリのせいなの?
何が言いたいかサッパリ分かんないよ。

293 :名無電力14001:04/05/03 18:58
水門を開けて調整池の水を解放することの方がより深刻なダメージを与えるかも知れない
って聞いたけど、その辺はどうなの?

294 :名無電力14001:04/05/04 23:55
>>293
一時的にはそうかもしれないけど、その影響はすぐに
消えるでしょう。
諌早湾の有明海浄化ポンプ機能が回復すれば、海の
健康は回復する。
そもそも必要もないものを作っていること自体が
犯罪的行為です。

295 :名無電力14001:04/05/05 05:16
開けられるうちに開けるべきだね。
水門内の汚染が進むほどに開けられなくなってドツボにはまる。

296 :名無電力14001:04/05/05 23:30
>>292
おまえらなぁ、有明に何千トンも海苔のクスリが捨てられるのを知っているのか?
干拓工事も有明海異変の複合的要因のひとつにしかすぎん。
海苔のクスリを1リットル海に流せば、浄化するのに莫大な量のバクテリアと、酸素が必要とすることを知ってほしい。
もうちょっと汚染する側をクローズアップせよ。

ここは、環境回復工事の利権に群がる土建業者のスレかぁ?



297 :名無電力14001:04/05/06 00:23
>>296
> おまえらなぁ、有明に何千トンも海苔のクスリが捨てられるのを知っているのか?
知らないから教えてクレよ。

> 海苔のクスリを1リットル海に流せば、浄化するのに莫大な量のバクテリアと、酸素が必要もう少し具体的に。何かソースがあると分かりやすい。
オマエが「海苔のクスリ」って言ってるのが何のことを指してるか分からないけど、
そんなに影響があると言うのなら使うのを止めた方が良いって思うさ。

> ここは、環境回復工事の利権に群がる土建業者のスレかぁ?
いや、干拓事業を止めろと言ってるんじゃないか?
干拓が複合要因の一つってことは、要因の一つであると認めるんだな?
お前さんは干拓は完成させた方が良いと思うの?止めた方が良いと思うの?
どっち?


298 :名無電力14001:04/05/06 01:15
ねえねえ、どうしてそんなに洪水とか起きやすいところに命がけで住んでるの?
東京に行けば諫早よりもいろんな仕事があるよ。
そこから引っ越せば?誰も住まなきゃ死お受け堤防なんか要らないじゃん。

299 :名無電力14001:04/05/06 13:47
その「海苔のクスリ」とやらと有明海の異変との因果関係こそ怪しい。

300 :名無電力14001:04/05/06 18:11
↑そういうお前も怪しい。

>1で書かれている内のある3つの内の一つの団体って、確か、海苔に使われているクスリの投棄問題を「問題なし」と発表した話を聞いたことあるぞ。
(なぜだかは、ここでは言えんW)

NHKのクローズアップ現代で、海苔のクスリ(有機酸)は、全ての生物を死滅させる猛毒の「硫化水素」の発生源であると突き止めた!と放送したのに・・・。


301 :名無電力14001:04/05/06 18:17
有機酸は使わない方が良いにきまってんじゃん。
諫早湾干拓事業も要らないよ。

302 :名無電力14001:04/05/06 19:42
>298
いいこと言った

303 :名無電力14001:04/05/06 19:47
>>300
NHKは国のプロパガンダ担当放送局だ、だまされるな!
とか言ってみるテスト

304 :名無電力14001:04/05/06 20:01
関東のダム全部撤去な。山の上に住め。

305 :名無電力14001:04/05/06 20:41
関東平野を諫早なんかと一緒にするな

306 :名無電力14001:04/05/06 21:55
この前まで海だったくせに

307 :名無電力14001:04/05/06 22:07
700haか・・・・

オレの知り合いは、同じ広さの農地を持っているけど、
2000億円以上の資金があったとは思えないってか、
個人にそんな資金があるわけない。

この干拓事業は、とことん”バカ”、とんでもない”バカ”、
底抜けの”バカ”が計画したんだろ?・・・・・脳薄い省官僚。。。

バカの集りなんだな。

中止する判断能力もないバカ・・・
責任も持たされていないバカ・・・
で、作ってしまって事後承認する裁判官←バカ

日本はバカが動かしているんだなぁ・・・(しみじみ

で、日本国民もバカなの?

自民党くされ政党支持者諸君の反論を待つ

あ、オレは無党派だよ。共産党はキライだ。そのうえ
ねらーのオマイラよりバカ。だから反論されても困るなぁ

308 :名無電力14001:04/05/06 23:50
海苔の養殖で有機酸を使ってるところはまだマシ、
塩酸とかの無機酸を使って、使用後は中和せずに海に捨ててる、
海の汚染では漁師も重罪。

309 :名無電力14001:04/05/07 05:06
干拓を計画した連中はバカじゃないよ、しっかり美味しい思いしてるんだから。
自民党長崎県連もしっかり献金貰ってるそうじゃない?
一番バカ見てるのは誰かな?
税金も年金もただ払ってるおいらかな?

310 :名無電力14001:04/05/07 09:31
子々孫々

311 :名無電力14001:04/05/07 10:16
>308
おめぇ、漁師なめとんか!?
塩酸の方がほとんど無害なのに、無知なヤシ

312 :名無電力14001:04/05/07 11:58
おい、どっちが正しいんだ?はっきり汁!
硫化水素ができるというメカニズムも化学式とか使って漏れらに説明してみれ。

313 :長期開門調査は行うべき:04/05/07 13:47
>>308

有機酸よりも塩酸の方が無害という根拠をお示し願いたい。

314 :長期開門調査は行うべき:04/05/07 13:48
>>313
>>311 へのレスです。

315 :化学者:04/05/07 15:27
>312,>313
あのなぁ、化学には、答えは一つしかないし、一つの真実しかないのじゃ。

海水に塩酸が入ると、瞬時に中和されるぞ。(中和されると、お塩になるw)

海水に有機酸が入ると、膨大な時間と微生物による食物連鎖による分解が必要となる。
また、有機酸は植物プランクトンの培養剤としても知られるw
そして海が腐る。

316 :名無電力14001:04/05/07 15:40
日本の借金時計
http://www.takarabe-hrj.co.jp/takarabe/clock/

317 :化学者:04/05/07 17:54
>313

塩酸の方が海を汚染するって、誰が言ったのじゃ?
塩酸よりも有機酸の方が無害という根拠をお示し願いたい。(w


318 :名無電力14001:04/05/07 20:35
じゃあ、塩酸の方が良いんだな?
では、なんで塩酸使わないんだ?
有機酸の方が安いのか?効果があるのか?

319 :名無電力14001:04/05/07 22:17
>318
有明海の異変を探る第三者委員会のメンバーに、有機酸メーカー系列の人がいるのは結構知られた事実。
だから、本当の原因が明らかにならないだけ。
そして、塩酸になると売り上げが減るので(以下ry

320 :長期開門調査は行うべき:04/05/07 22:51
>>315

ほほう、海水に塩酸を加えて、中和される??。塩になる??
中和されるというなら、有機酸も同様。海水の緩衝作用により、影響が緩和される。
それとも、海水中にはあらかじめ+イオンが多めに含まれているので
中和されるとでも?馬鹿馬鹿しい。
+イオンと-イオンは平衡状態にあり、酸を加えればバランスは崩れる。
おい、ところでお塩って言うのはpHはいくつだ?
海水中で”お塩”の状態で存在しているのか?

第一海生生物がpH7で既に影響を受け始めるということをおまえ知らないんじゃないか?

また、分解に膨大な時間??それは、バクテリアにとっての膨大な時間なのか、それとも
人間にとっての時間なのか?
また、pHが動くほど塩酸が加えられた場合、再びpHが上昇するのに莫大な時間がかかるぞ。

また、化学者を自称しながら”海が腐る”??
じゃあ聞こうか、その海が腐った状態というのは、具体的にどういう状態を指しているのか?

321 :長期開門調査は行うべき:04/05/07 23:12
安さで言えば、塩酸の方が安いだろう。

有機酸が使われるようになった経緯は以下の通
http://ss.nrifs.affrc.go.jp/news/news15/1513.html より抜粋。
海苔養殖の現場では、その養殖過程で葉体に付着し、品質の低下や病害をもたらす雑藻類等の駆除を
目的として、様々な酸処理剤が使われている。この酸処理法は昭和50年代の前半から使われはじめ、
54 年末頃には全国的に普及したと言われている。
 しかし、その普及にともなって、海苔の食品としての安全性や漁場環境への影響を懸念する声があ
が りはじめた。
このため、昭和59年9月に水産庁から、@酸処理剤の成分を食品添加物として認められており、かつ
天 然の食品中に含まれ、自然界で分解されやすい有機酸に限定すること、A残液についても中和等、
適正 な処理・処分を行うこと、B酸処理剤の使用にあたっては、都道府県の試験研究機関の指導に従
うこと、 を骨子とした次長通達が出されている。
 この次長通達をうけて、全国漁業協同組合連合会(全漁連)ならびに全国海苔貝類漁業協同組合連合
会(全海苔連)は系統内指導指針を作成し、会員を指導するとともに自主的に酸処理剤の適格性審査を
実施してきた。


322 :国家公務員:04/05/08 00:23
先日からのやりとりを見せていただいてますが、酸の問題を否定及び擁護する人って、やっぱり、有機酸を販売している漁協関係者ですね・・・

不思議な世界だ・・・

323 :化学者:04/05/08 01:10
「長期開門調査は行うべき」 さんへ

最初に言っておきますが、私も長期開門調査は行うべきだと思っていますが、塩酸と有機酸の違いが分からない貴方に、真実を説明しましょう。

そもそも海水の組成にはNACLの他に、いろんな物質が含まれているのはご存知かな?
海水中の成分で、7番目に多い成分である重炭酸ソーダNaHCO3によって、塩酸は、海水中に放たれた瞬間で中和される(ここは一歩も引けません!)ものなのです。
(NaHCO3 + HCl → H2O+NaCl+CO2)
また、H+とCL−は、海水中に一杯あるし、そもそも塩酸は海水中のNACLを基に製造されています。だから塩の酸=塩酸と書く。

一方、有機酸は、CODが異常に高く、海水中に分解されるのにはかなりの時間(塩酸の中和反応とは比較にならない)と、酸素の消費(貧酸素→硫化水素)、そして大量の数の植物プランクトンの発生が
なされないと分解されない。現に法律で海洋投棄は厳しく規制されている。
そして、有機酸は中和処理すれば安心かと言えば、大間違い!!イオン化されるだけなので、全く意味がない。(すなわち富栄養化物質は全く減らない。)

そしてまとめますと、有機酸の投棄が大問題であるという事です。

最後ですが、貴方の言葉は全て「屁理屈」というものなのです。
浅い知識を公の場で発言するのは、恥ずかしいと思いませんか?
私とやりとりしている貴方が、上記を理解できるのでしょうか・・・?


324 :名無電力14001:04/05/08 10:10
>>323
てか、全国的に酸の問題?があることと

埋め立ての問題は別個だ罠。
ここは独自の埋め立ての問題のスレだと思うが。


325 :長期開門調査は行うべき:04/05/08 10:27
Part1/2
長いので2部に分けてあります。

>>323
まずは私の主旨を示しておく。
「塩酸復帰運動?をされるのはいっこうにかまわないが、”””その前に”””海中投棄問題を解決すべきだろう。」

海水中で、重炭酸ソーダとしては存在していない。
強酸は強アルカリと結合し易いため、Na+はCl-と結合しやすく、
”Cl-とNa+との重量比はNa 1.1 : Cl 1.9 でもともとClの方が多い。”
これはすなわち、Cl-を加えてもNa+はこれに作用する余地はないと言うことだ。

また、主に海水の緩衝作用とは、CO2-CO3-HCO3のイオン平衡によって行われる。
これは海水に携る人間の”常識”。

ちなみに、海水中で重炭酸とイオン対を作っているNaの割合を示しておくと、Na遊離イオンに対して0.1
%にすぎない。
重炭酸ソーダNaHCO3が海水中に存在していると書いている時点で、自らの無知をさらけ
出しているというわけだ。本当に化学者かね?

HCO3-イオンはどちらかというと、Ca+と結合し、海水中でもCa遊離イオンに対して1%が
イオン対を形成している。

人工海水の場合には、重炭酸ソーダをpH緩衝材として便宜的に加えるので、そちらと混同してい
るのではないか?

また、多少の添加であれば塩酸の場合全く無害であることは認めるが、しかし、pHが7を下回るほど
添加した場合、塩酸を分解できる生物はなく、長期間にわたってpHが低下する。
pHの上昇要因としては植物プランクトンの光合成による海水中のCO2の取込みが主な要因としてあ
るが、塩酸を多く加えるとその植物プランクトンの光合成活性に壊滅的な打撃を与えてしまう。

326 :長期開門調査は行うべき:04/05/08 10:28
Part2/2

>>323
一方、有機酸の害については説明して頂いたとおりであるが、ただ一点誤りがある。
それは”植物プランクトンの大量発生がなされる”という点だ。
貴方はリービッヒの最小律という言葉をご存じか? ちょっと調べてみれば、有機酸の投与=植物プラ
ンクトンの大量増殖という線形的な関係で無いことはすぐ解る。海中の物質の動態は化学だけでは解
らんのだよ。また、水産庁の酸処理剤(有機酸)の報告を読んだかね。これについてはちょっと手元に
文献がないが、それに依ると実際の有明海水に有機酸を実際の海中で観測される程度の量加えたところ、
植物プランクトンのコントロールに対する増加はほとんどみられていない。

そして、問題は塩酸にせよ有機酸にせよ、実際の海において”””どの程度の濃度で分布しているか”””
である。

私は、有機酸の使用後海中投棄は言語道断と考えているが、だからといって有機酸を塩酸に変えれば
万事解決というような貴方の論調は危険であり、実際の社会で何が起きるかを考えない”机上の空論”と
言うべきものと考える。

よって、私の主旨をまとめると、
「塩酸復帰運動?をされるのはいっこうにかまわないが、”””その前に”””海中投棄問題を解決すべきだろう。」
貴方の文章を読むと塩酸復帰を行いたいばかりに、塩酸による被害については軽く扱っている(まあ、そ
う信じているのかもしれないが)様にしか受取れない。

そう言えば、海水が腐るという状態について返答がないな? あまりにも曖昧模糊とした言葉のため自分
自身答えようが無く、困窮しているのか?
そもそも、専門家(化学者)を自称する人間が、このような言葉を使う時点で終ってるな。
以後は、自省すべきだろう。

327 :名無電力14001:04/05/08 12:12
↑スレ違い

328 :化学者:04/05/08 14:07
Part1/2
長いので2部に分けてあります。

>海水中で、重炭酸ソーダとしては存在していない。

海水に、ある量の塩酸を入れると、CO2が泡となって発生するんだよ?やってみなさい。よって重炭酸ソーダNaHCO3は存在する。


>pHが7を下回るほど添加した場合

ざっと計算すると、有明海全体に、最高濃度の「35%塩酸」を30万トン強を一瞬で攪拌希釈すれば、pH7.2付近までなんとか下がるだろう。
しかしながら、有明海で一年間に消費される酸処理剤は数千トンなので、貴方の仮定はありえない話である。

塩酸はpHの解離定数が一番小さいので僅かな希釈で上昇しやすい。すぐに元の海水のpH8.2付近に戻るだろう。
一方、pHが上昇しにくい「有機酸」なら、おっしゃる通りやばい。

同じpH7でも、酸の種類によってその希釈濃度は、比較にならない程差があるのは化学便覧を見れば分かる。
pH値を全てとして、酸の有毒性を測る勘違い行為は、水産方面の専門家(レベル低い)によくみられます。これは恥ずかしい。

>水産庁の酸処理剤(有機酸)の報告を読んだかね。
>植物プランクトンのコントロールに対する増加はほとんどみられていない。

貴方のまぬけな発言のお陰で、凄いことが判明した。
先ほど水産庁のHPから、酸処理剤でプランクトンを増殖させる実験データを入手した。
なんと・・・!、酸処理剤を「5万倍」という通常考えられない薄い濃度に希釈して実験しているので、水産庁が始めから植物プランクトンが増殖しないように意図的に実験しているのはすぐ分かった。
これは国民に対する犯罪ではないのか?早速厳重なる抗議メールを出しておいた。有難うございます。



329 :化学者:04/05/08 14:10
Part2/2

長期開門調査は行うべきさんへ

>、”””その前に”””海中投棄問題を解決すべきだろう。」

塩酸なら、現場で苛性ソーダで中和すれば食塩しか残らないので、いくらでも捨てて全く問題ない。
韓国の海苔養殖も塩酸を使用している。
一方、有機酸は中和しても無駄なので、貴方の言う通りなんだが、この問題は解決する訳がない。


>そう言えば、海水が腐るという状態について返答がないな?

有機酸投棄→バクテリア異常増殖→バクテリアが死に海底へ→海底のバクテリア異常増殖→貧酸素→無酸素状態では硫酸還元菌が有機物を分解し,その際最悪の猛毒物質「硫化水素」を発生→貝・魚・人間が死亡→「海が腐る」

これは環境生物学の教科書的な常識である。

有機酸がプランクトンを増殖しないという意見を堂々と言うとは、はっきりいってやばいぞ。恥を知るのじゃ。

貴方の様な勘違い・無知な人のおかげで、有明海はどんどん死んでいくのだ・・・。



330 :名無電力14001:04/05/08 14:26
日本の海で漁業をするなんて、信じられません!! 放射能が恐くないのでしょうか!!
原発反対運動家による驚くべき告発をお読みなさい!!

http://genpatsu_shinsai.at.infoseek.co.jp/hirai/page7.html

原発反対運動家 平井憲夫 > 今、日本列島で取れる魚で、安心して食べられる魚はほとんどありません。
原発反対運動家 平井憲夫 > 日本の海が放射能で汚染されてしまっているのです。

 ●原子力資料情報室ってどうよ? http://society.2ch.net/test/read.cgi/atom/1015304146/
                         http://society.2ch.net/test/read.cgi/atom/1080408201/

331 :名無電力14001:04/05/08 21:34
完全に水門を閉じて、外海から汚染海水が入らないようにすべきだな。

332 :長期開門調査は行うべき:04/05/08 22:40
1/2
>>329
おい、CO2が発生する=「重炭酸ソーダNaHCO3は存在する。」か?あんたはとんでも
化学者だな。なるほどCO2が発生しさえすれば、それは重曹が存在する証拠であると?
「主に海水の緩衝作用とは、CO2-CO3-HCO3のイオン平衡によって行われ
る。」と書いておいてはずだ。こんなことを言う海洋学関係の化学者もアンタぐらい
ではないか?あ、そう言えばもう一人とんでもない人が東北の方の大学にいたなぁ。
慣れないことをやると、怪我をしますよ。

と言うわけでもう一度再掲
「海水中で重炭酸とイオン対を作っているNaの割合を示しておくと、Na遊離イオンに対して0.1%にすぎない。」

>> ざっと計算すると、有明海全体に、最高濃度の「35%塩酸」を30万トン強を一瞬で攪
>> 拌希釈すれば、

ハァ?
有明海のどこにノリ漁場が分布しているか考えてないだろう。浮き流しは沖合だが、
ほとんどはごく沿岸域に分布している。そして、有機酸にしろ、塩酸にしろ問題にな
る場合というのは、現地での使用済酸の不法投棄である。つまり、浅瀬で海水量が少
ない海域に、強烈な濃度の酸が投棄される。これが問題なのだ。
あえて、自分に都合の良いように前提条件を作り出し、都合の良い結論を導き出すところ、○○省のやることと一緒であるな。

> 塩酸はpHの解離定数が一番小さいので僅かな希釈で上昇しやすい。すぐに元の海水の
> pH8.2付近に戻るだろう。一方、pHが上昇しにくい「有機酸」なら、おっしゃる
> 通りやばい。同じpH7でも、酸の種類によってその希釈濃度は、比較にならない程差
> があるのは化学便覧を見れば分かる。pH値を全てとして、酸の有毒性を測る勘違い行
> 為は、水産方面の専門家(レベル低い)によくみられます。これは恥ずかしい。

何をこじつけているのか? pHとしてみた場合、7以下で影響が見られると言うこと
だ。あと、pHが上昇しやすいということは下降しやすい。pHが上昇しにくいということ
は下降しにくいということもお忘れ無く。


333 :長期開門調査は行うべき:04/05/08 22:41
2-1/2

> 貴方のまぬけな発言のお陰で、凄いことが判明した。<中略>なんと・・・!、酸処理剤を
> 「5万倍」という通常考えられない薄い濃度に希釈して実験しているので、水産庁が始
> めから植物プランクトンが増殖しないように意図的に実験しているのはすぐ分かった。
> <中略>早速厳重なる抗議メールを出しておいた。有難うございます。

また、とんでも化学者一名出現と言うところか。水産庁でも月曜日にメールを読んで
「なんだこりゃ?」と呆れていることであろう。そもそも、その数万倍に希釈してあるのが
何故か解っているのか?
ヒントは上の方にも書いてあるけどな。
とんちんかん&早合点もいい加減にしないと恥の上塗りに終るだけ。
そのうち、あれだな、抗議メールをわざわざお出しになったのであるから、貴方の氏名が学会
、業界に知れ渡ることであろう。
> 塩酸なら、現場で苛性ソーダで中和すれば食塩しか残らないので、いくらでも捨てて全
> く問題ない。

だから、海中投棄でさえまともに規制できていない現状で、わざわざ中和してpH図っ
て捨ててもらえるようにどうすればできるのか? できるわけも無かろう。
公害関係に関しては、性悪説に立つべき。それとも、貴方が毎日漁業者を監視し、教育
して回るのか? 怒った漁業者に海に放り投げられないように気を付けた方が良いですよ。


334 :長期開門調査は行うべき:04/05/08 22:42
2-2/2

> 有機酸投棄→バクテリア異常増殖→バクテリアが死に海底へ→海底のバクテリア異常増
> 殖→貧酸素→無酸素状態では硫酸還元菌が有機物を分解し,その際最悪の猛毒物質「硫
> 化水素」を発生→貝・魚・人間が死亡→「海が腐る」

オイオイ。(呆)
1.まず、ここにはアンタの言うところの植物プランクトンの増殖が入っていない。という
ことは、植物プランクトンは実は増えないと思っているにもかかわらず、水産庁にわざわ
ざクレームをつけたのか?
2.海水中での酸素消費は、生物による消費よりも、有機物が直接酸化することよる
消費の方が大きい。
3.人間が死亡???。誰が死んだのか?ソースは?有機酸が原因で硫化水素が発生し人が
死んだなんて聞いたこともないな?
4.硫化水素の発生も主たる原因であるが、貧酸素に陥っただけでも多細胞生物の多
くは死滅する。

> 有機酸がプランクトンを増殖しないという意見を堂々と言うとは、はっきりいってやば
> いぞ。恥を知るのじゃ。

そのまえに、リービッヒの最小率はもう勉強しましたか?どうなんですか?また、私が””
”増殖しない”””といつ言いましたか? 日本語が読めないんでしょうかねぇ? イコー
ルではない。線形的関係にはないと言ったはずですが? いやホントに困った人だなぁ。

335 :長期開門調査は行うべき:04/05/08 22:43
2-3/2

> 貴方の様な勘違い・無知な人のおかげで、有明海はどんどん死んでいくのだ・・・。

ハァァァァ? 
すなわち、言いたいことはこうか?
1.「勘違い・無知な人のおかげで、有明海はどんどん死んでいく」と言うことは有
機酸が有明海異変の主犯であると言っているに等しい。
2.有機酸を塩酸に変更し、その中和処理を徹底すれば問題は解決。

なるほど、問題を有機酸にすり替えて、諫早湾干潟干拓をなんとしても進めようとす
る○○省の工作員ですか?それなら、解る。貴方が何故こんな書込みをしているのか。

336 :長期開門調査は行うべき:04/05/08 23:28
>>327

有機酸と塩酸の問題は諫早湾干拓とリンクしているんですよ。
大まかに分ければ以下の通り。

干拓推進派:何とかして干拓以外の有明海異変原因を希求→有機酸をやり玉。
干拓反対派:有機酸なども、一定の影響は認められるが、有明海の環境変化にもっとも影響を与えたのは干拓事業。

337 :長期開門調査は行うべき:04/05/09 10:00
自称化学者の実態は如何に??1
「」に囲ってあるのは自称化学者の発言。「「」」に囲ってあるのは当方の発言。

311 名前: 名無電力14001 Mail: 投稿日: 04/05/07 10:16「おめぇ、漁師なめとんか!?塩酸の方がほとんど
無害なのに、無知なヤシ」と当初漁師を装っていたのに、

313 名前: 長期開門調査は行うべき Mail: age 投稿日: 04/05/07 13:47
「「有機酸よりも塩酸の方が無害という根拠をお示し願いたい。」」と質問されると

“315 名前: 化学者 Mail: 投稿日: 04/05/07 15:27”に変身。

338 :長期開門調査は行うべき:04/05/09 10:02
自称化学者(実は賛成派漁師?)の実態は如何に??2
「」に囲ってあるのは自称化学者の発言。

・ 04/05/08 01:10「浅い知識を公の場で発言するのは、恥ずかしいと思いませんか?」と人を侮辱するが、実は、海
水の化学についての基礎的知識が欠如。
例:海水中の成分で、7番目に多い成分である重炭酸ソーダNaHCO3

・04/05/07 15:27「化学には、答えは一つしかないし、一つの真実しかないのじゃ。」と言いつつ自分の発言は間違い
だらけ。2chをなめているらしい。

・ 04/05/08 01:10「私も長期開門調査は行うべきだと思っています」と言いつつ、一方で04/05/08 14:10「(有機酸
処理を止めようとしない?)貴方の様な勘違い・無知な人のおかげで、有明海はどんどん死んでいくのだ・・・」と発
言。表面上は干拓反対派を装いつつ、その本音は干拓問題を有機酸問題にすり替えようと工作中か?。

・ 04/05/07 15:27「有機酸は植物プランクトンの培養剤としても知られるwそして海が腐る。」
04/05/08 01:10「(有機酸は)大量の数の植物プランクトンの発生がなされないと分解されない。」と発言する一方で、
海が腐った状態についての説明を求められると、植物プランクトンの入っていない有機酸-海の腐敗関連図を提示。しかも
間違いだらけ。さらに植物プランクトンが有機酸添加実験で増えなかった事について、丁寧にも水産庁に04/05/08 14:07
「早速厳重なる抗議メールを出しておいた。」ということである。

339 :名無電力14001:04/05/09 12:56
↑連続書き込みうざいので、以後放置よろ

340 :名無電力14001:04/05/09 21:08
お互い相手を貶める発言を付けないと持論を展開できないところが滑稽。
それが鼻につくので読む気にならん。
結局干拓にどんな影響があるんだ?そして君たちは干拓はどうあるべきだと思ってるのか?
海苔の養殖、環境の変化、有機酸、塩酸などの言葉をつかって、かいつまんで
100字程度で説明汁!
科学者君と長期開門調査は行うべき君、答えてくれますか?

341 :340:04/05/09 21:10
×科学者
○化学者

スマン、間違った。

342 :名無電力14001:04/05/10 02:13
要するに連休明けにも結論を出すぞといったら
総スカンを食って、結論出しにくくなったから
論点ぼかしの陽動作戦を始めたって事じゃないのかな。
この勢いで参院選まで中長期開門調査をやれと
圧力かけ続けるしかないね。


343 :名無電力14001:04/05/10 11:49
>お互い相手を貶める発言を付けないと持論を展開できないところが滑稽。
>それが鼻につくので読む気にならん。

あんたの発言も貶めてる・・・。



344 :開門調査シル:04/05/10 12:05
>173 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/12/03 14:20
>江刺氏の本によると、有機酸メ−カ−との交流会で彼等から「反社会的な環境に悪いものを販売せざるをえなかってつらい」とあった。
>有機酸使用は、さして問題ないという意見キボンぬ。

ということらしい。
俺の意見を述べさせてもうと、開門調査してはっきりしたほうがいい。


345 :長期開門調査は行うべき:04/05/10 23:23
やれやれ、逃亡したか、それとも今度は変名したか。
いずれにせよ、その内色々とわかるだろう。楽しみだ。

346 :長期開門調査は行うべき:04/05/10 23:29
>>340
干拓? 今の有明海においては、干拓はこれ以上行うべきではない。
それどころか、遊休地を海に戻すべきだとさえ考えている。
有明海の面積を増やし、潮汐の干満差を復活、増加させることが重要だ。
100字で説明?
悪いが、GWも終り、極めて繁忙のため、ご希望には答えられない。
ご了承願いたい。

347 :名無電力14001:04/05/11 16:14
[中・長期開門調査 実施見送り 亀井農相が正式に表明]

だとさ。

348 :名無電力14001:04/05/11 17:19
ところで何のための事業だっけ?

349 :名無電力14001:04/05/11 18:07
>>347
そもそも藻前が担当することなのか、と小一時間・・。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye958312.html

350 :名無電力14001:04/05/11 21:25
知り合いの海苔屋は豊作って言ってたけど、場所にもよるの?

351 :長期開門調査は行うべき:04/05/11 23:36
ノリに関しては、詳細は実際に作っている人に答えて欲しいところだが、
減柵したり、いろいろ工夫しているはずです。
また、こうした自然条件に大きく左右される作物の場合、10年単位での長期的傾向を
みていかなければならない。
そしてそうしたノリに限らず有明海の海産物や環境の傾向を見ると、堤防締切り前後より
大きく変化したことは明らかである。

しかし、結局の所、自民党が政権をとっているうちは、今の流れは変らないだろう。
民主党がたよりないのは残念なことである。しかし、変えるには政権交代しかない。


352 :名無電力14001:04/05/11 23:57
農水省は有明海再生にすぐにつながる代替策として、
(1)環境省と合同で今夏、海水中の酸素濃度が
極端に減り、貝などが死滅する原因となる
貧酸素水塊の発生調査を行う(2)海水や海底の
環境改善対策の実施(3)堤防内側の調整池から出る
汚れた水の浄化−−を決めた。(共同通信)


水門開けたら全部解決なんだよヴォケ!
それがバレちゃ困るから開けないんじゃないか。

353 :名無電力14001:04/05/12 00:00
「馬鹿の壁」=農水省官僚・自民党(含む小泉)

354 :hhhhhh:04/05/12 00:18
NHK  テレ朝  TBS  テレビ東京  朝日新聞
など

日本のマスコミは情報操作をすることによって
政治家を騙して  政治や経済  株式市場を  混乱させている

なぜこういうことができるかというと
政治家  経済人  投資家にとって  業務を行う上で
情報が必要なため  マスコミが情報を提供するというと
つい受け取らざる終えなく
しかもマスコミが 情報のソースを明かさないので
鵜呑みにして 嘘情報を信じざる終えない
  それでマスコミが  情報を操作して
伝えて 政治  経済  市場を混乱させることができるからである

このような情報の独占と  情報支配  それによる  情報操作
という  左翼マスコミの陰謀に対抗する必要がある



355 :名無電力14001:04/05/12 23:58
フグ屋のホルマリンブチ撒け被害の影響はどうなったん?

356 :名無電力14001:04/05/13 18:24
開門調査、反対!!!!

これ以上、税金使うな!!



357 :名無電力14001:04/05/13 18:32
>>355
スレ違い


358 :名無電力14001:04/05/13 18:35
>>356
開門調査しなくても、たっぷりと環境回復のためと称してたっぷりと
税金を使うわけだが。
そもそも、ギロチン内の水は明らかに汚れすぎているので、この汚水の浄化に
金がかかるわけだが。
そうそう、干拓地の土地改良にもたっぷりと金がかかるわけだが。
こっちはスル〜か?

359 :356:04/05/13 20:48
>358
開門調査して、被害者面したやつどもに、補償するよりまし。

360 :名無電力14001:04/05/15 02:56
干拓推進派よりも沢山の献金をすれば良いのでは?
次は有明海環境回復事業ってことにして、ゼネコンに仕事をあげる。
結果はかれらにとって問題じゃない。
決定権を持つ人にとって、彼らの懐に金が落ちさえすれば、諫早湾や有明海がどうなろうと関係ない。

361 :名無電力14001:04/05/15 22:22
>>360
それは良い考えかも。
でも彼らにとっては、干潟に戻すのも環境復興事業として
金になるはずだけど、そこまで日和見主義になれないのか、
それとも頭が回らないだけなのか。

362 :名無電力14001:04/05/16 00:23
推進派は諫早市と長崎県。堤防を開けたくないのは、洪水を恐れているのは諫早市民と
漁業権を泣く泣く放棄しゼネコンの下請けになったので今更後に引けないかつての漁民だけ。
長崎県は金が落ちればどっちにでも転ぶと思われ。
佐賀、福岡、熊本が一致団結して自民党と官僚に金を握らせて抱き込めばいいじゃない?

363 :名無電力14001:04/05/17 13:22
>>362
本末転倒。
ジミンじゃあるまいし。

364 :名無電力14001:04/05/17 17:09
でも実際、ジミン以外に誰がこの流れを変えられる?

365 :名無電力14001:04/05/19 22:20
ビェネチアとの比較
http://member.nifty.ne.jp/bologna/mose.html#2

366 :名無電力14001:04/05/19 23:49
>>365
「それは、秘密兵器や、巨大工事によって海を負かそうという幻想に没頭すること」どきりとした。
まさに諫早干拓のこと。

367 :名無電力14001:04/05/20 02:05
>>365
ヴェ

368 :名無電力14001:04/05/20 22:38
どうも環境省の委員会で脳衰省の方針に対する批判が噴出したようだが、
だれか詳細を知らんかな?

369 :名無電力14001:04/05/20 22:56
環境省が諫干に異を唱え、防災対策は国土交通省主導で動かす。
金が動けば政治家達はどっちにでも転ぶ。
ならば脳衰省を外して環境を回復させる道筋も見えてくるのではないか。


370 :名無電力14001:04/05/21 00:56
>>369
脳衰省が事業者なので、環境省に国交省も及び腰。


371 :名無電力14001:04/05/22 00:15
環境問題に全く関心が無く、諌早干拓を放置している
小泉は所詮二流の総理として歴史から評価されるだろう。

372 :海の番人:04/05/22 17:30
諫早干拓ができる前は、海苔生産者は、酸処理剤として塩酸を使用していた。

そんな中、干拓ができる頃だったと思うが、「食卓の落とし穴」という本で、海苔に酸処理剤というやばい薬品が使用されていると暴露された。

あせった海苔業界全体は、環境にやばいと知りつつ昭和58年の水産庁通達(有機酸なら使用OK)を完全に遵守することに決まった。

そして、プランクトンが大発生して、色落ちし、最悪の結果になった。これは、海苔屋なら知っている現実である。(これを言われると切れるぜベイビー)

私の考えでは、有機酸が有明海をおかしくさせた張本人だと言いたい。

実際、有機酸を海に一滴でも投棄すれば、法律違反なのだから。

また、海苔シーズンが終わった頃に有明海で発生するゼリー物質も、原因はやはり富栄養化物質(有機酸)に他ならない。

373 :名無電力14001:04/05/22 18:17
>>また、海苔シーズンが終わった頃に有明海で発生するゼリー物質も、原因はやはり富栄養化物質(有機酸)に他ならない。

ふーん、でも、諫干で使われている石灰だという人もいるけど。
諫干批判派(の多く)と有機酸批判派(の多く)の共通点は、
@乏しい科学的根拠、仮説段階で断定口調
Aそれ「だけ」が有明海異変の原因と言い張る
の二点で同じ穴のムジナだな。
特にAを声高に主張する奴の背後には政治的なものが見え隠れして笑える。
まさに必死だな。
環境への影響を考えたら、どっちも止めるべきだよ。
ついでに筑後大堰もぶっ壊せ。

374 :名無電力14001:04/05/22 18:38
なぞのブヨブヨ
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20040517/mng_____tokuho__000.shtml

375 :海の番人:04/05/22 19:01
なんでも政治家がからむと考えるのは、いかがなものか!!

そういう思考自体、意味ないじゃん。

>環境への影響を考えたら、どっちも止めるべきだよ。
賛成。

376 :名無電力14001:04/05/22 23:56
ゼリー物質って、「特命リサーチ」でやってた、粘菌の一種とちゃうか?

377 :名無電力14001:04/05/23 00:06

有明の異変は、硫安とか言う肥料を、海苔に良いからといって、水産試験場が許可して海に無尽蔵に流したのが痛い。
硫安を流した翌日には、プランクトンが異常に発生して、海の中が白くなって全く見えなかったという・・・。

378 :名無電力14001:04/05/23 00:13
>372
それは言える。
知り合いの海苔してる人も言ってぞ
「クスリ変えてから、海が変わった・・・。」
と。
有明海、マジ終わっとるぞ。


379 :名無電力14001:04/05/23 06:25
>>376
まさか最近あちこちでまいているというEMき(以下略)

380 :名無電力14001:04/05/23 09:22
>>373
>仮説段階で断定口調
だから水門を開けて実験してくれと言ってるんだ。
やってみもしないで、効果は出ないとしている態度の
方がはるかに非化学的なんじゃないのか?

大体なんで水門を開けて実験しないのか、理由を教えてくれ。

381 :名無電力14001:04/05/23 09:26
長期の水門開放という意味だが。
自然界は自律変動してるので、長期的な傾向を
見ないと分からない。
二酸化炭素もオゾンホールも短期的には増減するが
長期的には直線的に増大していることがわかる。
長期的な開門実験が必要なんだ。

382 :名無電力14001:04/05/23 10:06
>380
水門開けると、設備がぶち壊れるらしい。元々そういう風に作られてないとの事。
また、堰の中の腐った水が外海にまかれると、漁業補償しないといけない。

そもそも干拓工事が有明異変の原因なら、工事以前の漁獲高は問題ないはずなのだが・・・。

また、何でマスコミは酸のことをバッシングしないのか、不思議。

誰か教えてくれ。

383 :名無電力14001:04/05/23 12:25
長期的変動は、解明された頃には手遅れでどうしようもない。
ええかげんな口実でむやみやたらと変動させないことが肝心。

384 :名無電力14001:04/05/23 14:23
>>382
開け方に工夫するか、広げればいいだろ。
後、短期的に周辺に被害が出ると言うが、それは保証すればいい話。
第一諫干周辺の漁業はもう終わっている。補償額も大した額にはならない(W

それに、被害というなら、諫干以降の漁業被害に対する補償はどうする。

酸をバッシングしない??、熊日新聞の過去記事を全部読んでこい。
酸が原因であるならば、とっくの昔に有明海はおかしくなっていたはず。


385 :名無電力14001:04/05/23 15:33
2004年5月22日 熊日新聞
諫早湾 「干拓の影響わずか」公害等調整委で国側参考人が主張

参考人は、福井県立大の中村充名誉教授(海洋工学)と、山口大の中西弘名誉教授(水質工学)。
農水省側代理人が有明海の潮汐(ちょうせき)変動や潮流の推移、ノリ不作の要因などを尋ねた。

 中村氏は「潮受け堤防の閉め切り後、大潮でみた場合の干満差は逆に大きくなっている。潮流についても大きな影響は出ていない」と説明。
中西氏は「ノリ不作は不安定な栄養塩供給という有明海の特徴と、高密度・高生産によるチッソ不足が根本要因。事業と結び付けるのは難しい」との見解を述べた。



なんでもかんでも干拓工事が異変の原因であると決め付けるなかで、こういう良心的な学者もいるんだなぁ。

386 :名無電力14001:04/05/23 15:38
>>385
>>こういう良心的な学者もいるんだなぁ。
良心的=御用学者?
農水省が呼んできた参考人が、諫干に不利な証言するわけないって。

387 :名無電力14001:04/05/23 15:44
>>382
>>また、何でマスコミは酸のことをバッシングしないのか、不思議。

有機酸原因説は、諫干原因説と比べて説明責任を十分に果たしていないから。
あと、公共事業批判の方が世間に受けやすいというのもあるかも。

388 :名無電力14001:04/05/23 15:48
>384
>酸をバッシングしない??、熊日新聞の過去記事を全部読んでこい。

あのなぁ、熊日は熊本に根ざした地方新聞。地元の人の意に少しでもそぐわない記事(酸の問題)書いてたら、つぶれるぞ。
(例えそれが、長期的にみれば、漁民を悩まし、弱らせることとなっても・・・。)


>酸が原因であるならば、とっくの昔に有明海はおかしくなっていたはず。

>>372さんの言うことが事実なら、異変の原因は有機酸だね。そこはどう思う?


389 :名無電力14001:04/05/23 18:11
>>388
だからね。有機酸添加=植物プランクトンの増殖とはならない。
もちろん、他の栄養塩が十分である場合には増殖するがな。

第一、有機酸で植物プランクトンが増殖し、これで色落ちが起
きたというなら、毎年起きていなければならない。

また、熊日新聞でも酸処理問題を取り上げている。
読んでないだろ?
読まずに適当に色分けするな。

390 :名無電力14001:04/05/23 18:26
>>385
君はなにをもって良心的というのかね?
そもそも、この中村氏はその根拠をどこの学会で示したのか。
海洋物理学者の宇野木早苗さんを知っている人も多いと思うが、
彼はこの世界では第一人者である。
その彼がこれまで明確に諫干と干満差減少に関係があることを
示してきている。中村氏が脳内シミュレーションを行うのは勝手だが
参考人として出ている以上、きちんとした論文を書き、学会等で討論
すべきであろう。口先三寸で適当なことを言われてもな。

なお、漁業者側からは以下のような批判を受けているが、これにはどう答えるのか。
良心的と判断するからには、それなりに彼の考えを理解しているはずだ。

http://itp.ne.jp/topics/mainichi/42_06.html
「中村氏が現地調査をしておらず、干潟の浄化能力や工事による海底地形の変化を
考慮せず、一般論を当てはめている点を批判。」

391 :名無電力14001:04/05/23 19:17
>389
やっぱり、お前は有機酸を扱う業者。
有機酸を擁護すること自体、不自然すぎる。
地獄に落ちろ!

392 :名無電力14001:04/05/23 19:23
>390
中村氏の方が上いってますよ。ププ

393 :名無電力14001:04/05/23 19:25
>>391
>>地獄に落ちろ!

諫干を擁護する脳衰官僚、御用学者、土建屋モナー

394 :名無電力14001:04/05/23 19:27
>>392
>>中村氏の方が上いってますよ。ププ

開発側=権力にすり寄る世渡りの上手さではね。プゲラ。

395 :388:04/05/23 19:39
>>389
>だからね。有機酸添加=植物プランクトンの増殖とはならない。

有機酸投棄は、国際法違反です。君はアホです。ワッハッハ!!

>第一、有機酸で植物プランクトンが増殖し、これで色落ちが起
きたというなら、毎年起きていなければならない。

熊本以外は、不調らしいぞ。んで、有明海の漁獲量は年々悪くなっているぞ。
また、瀬戸内地区は、ここ4年程、プランクトンの異常繁殖による色落ちで大赤字らしい。
これも干拓工事が原因か?

>また、熊日新聞でも酸処理問題を取り上げている。
>読んでないだろ?
>読まずに適当に色分けするな。

前から思ってたんだが、取材先内容が、表面的すぎる。問題の深部を記してない。

酸を回収? うそつけ!
環境に悪い無機酸? 有機酸売ってる業者に取材してどーすんの!


396 :名無電力14001:04/05/23 20:16
>>395
>>有機酸投棄は、国際法違反です。君はアホです。ワッハッハ!!

389の指摘に何も答えていない。
有機酸の添加とプランクトンの増殖を科学的に実証した報告があるなら示してみろ。
その国際法とやらの根拠となった論文でもいいぞ。

>>熊本以外は、不調らしいぞ。んで、有明海の漁獲量は年々悪くなっているぞ。

だからそれと有機酸との関係を科学的に立証してみろよ。
それに諫干は関係ないと言い切れるかね?

>>また、瀬戸内地区は、ここ4年程、プランクトンの異常繁殖による色落ちで大赤字らしい。
>>これも干拓工事が原因か?

瀬戸内海の沿岸が天然の海岸か?
あそこはあそこで開発されまくっているだろ。
それと瀬戸内で有機酸がここ4年しか使用されていないという証拠は?

397 :名無電力14001:04/05/23 20:30
>>また、瀬戸内地区は、ここ4年程、プランクトンの異常繁殖による色落ちで大赤字らしい。
>>これも干拓工事が原因か?

関空とか。

398 :名無電力14001:04/05/23 20:43
>>また、瀬戸内地区は、ここ4年程、プランクトンの異常繁殖による色落ちで大赤字らしい。
つまり、それ以前から有機酸を使っていれば、少なくとも瀬戸内海ではプランクトン増殖と有機酸とは関係ないわけだな。

399 :名無電力14001:04/05/23 23:35
有機酸投棄が、たいしたことないって言ってる人、やばいよ!

有機酸って水質汚濁防止法に規定されている。
また、ここでの書き込み自体が、幇助罪に適用されるよ。有機酸投棄を、堂々と推奨してんだから。
一応、通報しました。なめんなよぉぉ!!

排水規制の厳しい化学工場なんか、規制物質をコップ一杯流しただけで、操業停止処分なんだけど。


400 :名無電力14001:04/05/23 23:51
>>392
中村氏って御用じゃん。プゲラ

401 :名無電力14001:04/05/23 23:53
>>395
投棄とは言ってないだろうが。脳内闘争誤爆もいい加減にしないと
キチ○イ扱いされちゃいますよ。

402 :名無電力14001:04/05/23 23:57
俺は389だが。
>>396
投棄は確かに国際法違反。
http://www.houko.com/00/05/S55/035.HTM

403 :名無電力14001:04/05/24 00:06
>>395
>>395
>熊本以外は、不調らしいぞ。んで、有明海の漁獲量は年々悪くなっているぞ。
>また、瀬戸内地区は、ここ4年程、プランクトンの異常繁殖による色落ちで大赤字らしい。
>これも干拓工事が原因か?

お前は瀬戸内海の海砂採取の実態を何も知らんのだろう。
四国新聞あたりで特集やってるから読んどけ。

また、基本的には海が綺麗になってくるとノリには不適となる。
逆も真であったりするが、自然界には解が多数ある複雑系の世界なんでな。

>前から思ってたんだが、取材先内容が、表面的すぎる。問題の深部を記してない。

どうせ、自分の主張が入ってなければ全て「表面的」と片付けるんじゃないか?


404 :名無電力14001:04/05/24 00:07
>>397
関空の周辺では、ノリの養殖はほとんどやっていないだろう。

405 :名無電力14001:04/05/24 00:13
>>399
なんか危ない人みたいだな。文章がさ。
ちなみに、俺は酸の投棄には絶対反対だが、水質汚濁防止法は以下の通りであり、漁船からの
投棄は適用除外となる。もっともこの法律の精神には反していることは明らかだよな。
有機酸”投棄”

「公共用水域の水質汚濁を防止するため,水質汚濁防止法
(昭和45年12月25日,法律第138号)に基づき,特定施設
を有する工場・事業場の排出水に対して,全国一律の排水基
準が定められている。」



406 :名無電力14001:04/05/24 00:16
>>391
で、お前は○○省の工作員だろ。プ。
おまえら人の税金勝手に使いやがって許されると思うなよ。

407 :名無電力14001:04/05/24 00:21
>>399
お前の論法で逝けば、農薬だとか肥料を蒔いている農家はみんな土壌汚染防止法違反だよな。
あしたから農作物を喰うなよ。犯罪的行為で作られた食料を食えば共犯者になるぞ。(W

408 :名無電力14001:04/05/24 01:01
保安庁のHPで検挙例を見たことあるんだが、確か船から白濁水を排出してた船が検挙された事例があるよ。
その排水は、異常にCODが高いとのこと。

確か、水質汚濁防止法は、最初の条文で「何人も・・・適用される」としてるので、裁判しても負けるぞ。
海苔船ならいくら投棄しても、問題ないって開き直るから、有明海はおかしくなったんだよ。
恥を知れ!


409 :名無電力14001:04/05/24 01:03
水産庁のHPの中の
「第9回農林水産省有明海ノリ不作等対策関係調査検討委員会」より

酸処理剤の使用量と、回収率が公的文書として記載されてたので、計算してみました。

福岡の場合、回収率0.39%
長崎の場合、回収率0.38%
熊本の場合、回収率0.07%

ほとんど捨てとるやんけ!!!


410 :名無電力14001:04/05/24 01:08
鉛、砒素、トリクロロエチレン等の有害物質が「土壌汚染防止法違反」
になるんだよ。そんなやばいことする農家がおるか?

411 :名無電力14001:04/05/24 01:20
瀬戸内の海苔不作は、ユーカンピアっていう植物プランクトンが異常に発生してるんだ。
兵庫は、有明の海苔屋さん以上にもうお手上げ状態です。
有機酸がプランクトン発生の原因であるのではないか?と漁○に詰め寄った人もいたが、
逆切れされた。

412 :399:04/05/24 01:26
>>405
酸の投棄は反対してるくせに、「法律上では問題ない」だと?

精神分裂症ですか?


ほんとは有機酸すきなんでしょ?w

413 :名無電力14001:04/05/24 01:29
>ほんとは有機酸すきなんでしょ?w


う・・・ん。

414 :名無電力14001:04/05/24 07:24
>>408
馬鹿もほどほどにしろよ。イタすぎるぜ。

それは水質汚濁防止法違反ではなく、海洋汚染防止法違反だっての。
http://www.houko.com/00/FS_ON.HTM

見当はずれな事を言っていても説得力0。

ちなみに、諫早干拓は両方引っかかりそうだな(w

415 :名無電力14001:04/05/24 07:27
>>408
ここにも調べもせずに思いこみでものを言う奴が居るな。
以下を読め。

「この法律は、工場及び事業場から公共用水域に排出される
水の排出及び地下に浸透する水の浸透を規制するとともに、
生活排水対策の実施を堆進すること等によつて、公共用水域
及び地下水の水質の汚濁(水質以外の水の状態が悪化するこ
とを含む。以下同じ。)の防止を図り、もつて国民の健康を
保護するとともに生活環境を保全し、並びに工場及び事業場
から排出される汚水及び廃液に関して人の健康に係る被害が
生じた場合における事業者の損害賠償の責任について定める
ことにより、被害者の保護を図ることを目的とする。」

416 :名無電力14001:04/05/24 07:41
第9回農林水産省有明海ノリ不作等対策関係調査検討委員会といえば、こんなデータも公表されているんだが、都合の悪いところは無視か?

有明海に流入します陸域起源の窒素、リンに対し、有明海のノリ養殖漁場で使用される酸処理剤に含まれております窒素とリンの負荷量
(平成10年度の環境省のデータをもとに、国調費グループが6月25日のモデル部会におきまして試算した数値)

下水処理場、生活系、産業系、畜産系及び面源負荷におけます河川経由と直接流入負荷の総量でございますが、
窒素:年間2万5,928トン、リンでは年間3,138.7トン


酸処理剤によります窒素とリンの有明海への負荷量の試算
(近年で最大の販売量でございました平成11年度の販売量、2,901トンがすべて海中に流入したという仮定)
窒素では47.7トン、リンでは100.1トン

窒素で0.2%、燐で3.18%と数値としては微量。
ただ、このデータは俺からみてもデータの取り方が誤っている。陸域からの負荷の少ない冬季に酸処理剤は集中して用いられるので、最初の陸域からの負荷を仮に1/3とし、これに対する酸処理剤の負荷量を考えると、窒素で0.6%、燐で約9%。
ま、いずれにしても主犯説からはやや遠いな。

417 :名無電力14001:04/05/24 07:44
>>409
脳内闘争誤爆しまくりでつね。

「法律上では問題ない」などとどこにも書いていない。

捏 造 厨 に 認 定 し ま す。

418 :名無電力14001:04/05/24 07:51
↑417は412へのレス。


419 :名無電力14001:04/05/24 09:06
窒素・リンだけに固執した実験は、無理がある。
主成分である「有機酸」がやばいんですけど・・・。
酸処理剤に僅かに含まれる窒素・リンよりも、含有濃度が全然ちがうし・・・。

420 :名無電力14001:04/05/24 09:36
諫早干拓>>>>>>合法

有機酸投棄>>>>>違法


有機酸投棄が、海洋汚染防止法に違反してないという人は、保安庁に相談して下さい。
たのむからw
ホンと、業者必死やなぁ。

421 :名無電力14001:04/05/24 09:57
>>419
有機酸の中に、チッソ・リンが、なぜ入ってるのか?

422 :名無電力14001:04/05/24 10:26
あ、スマソ
海洋汚染防止法なら、船舶からの有機酸投棄は、違法だった。

423 :419:04/05/24 11:01
暴論だが、海苔シーズン中で、海苔漁場だけなら、チッソ・リンの酸処理剤への添加は、実は海苔養殖には良かったと思う。

大昔、し尿施設がウンチを垂れ流ししてた時代は、4月まで海苔の色があったんだが、施設ができたとたん1月には漁期が終わったからなぁ。
魚もとれんなったし。
それ以降はどんなに雨が降っても、以前のように色が持つことはない。

ところが、水産庁は酸処理剤に含まれるリン分を減らせと言ってるんで、ますます色落ちしてるような気がするんだが・・・。
リン分は、植物の色素部分に影響を及ぼす物としてよく知られている。
水産庁の指導はごもっともだが、なぜ有機酸も総量規制はしないのだろうか?
海に対する負荷は、有機酸もリン分も、細胞に秒単位で吸収される所から、変わりないはずだ。
しかるに一方、有機酸は、海苔の色を向上させる要素はほとんどない。

リン分減少→有機酸の比率増加→植物プランクトン異常発生というメカニズムがあるのかも知れない。

ま、実際には酸処理剤の中身は分からんわけだが・・・。
長文スマソ

424 :名無電力14001:04/05/24 15:14
こんなんで合うのかな〜
http://www.eco-unit.com/neo.htm


425 :名無電力14001:04/05/24 20:10
>>399
おお、よしよし。そんなに必死にならなくてもいいんだよ。
有機酸だけが有明海異変の原因じゃないと、よほど困るんだよね。
でもね、脳衰省あたりからせっつかれて工作員も大変なんだろうけど、もう少しまともな書き込みをしないとね。
そうでないと、有機酸主犯説=キ○○イという印象を与えて逆効果になるよ。わかった?プゲラ

426 :名無電力14001:04/05/24 20:14
前にも書いたが、明確な答えがないからまた書き込む。
「有機酸添加でプランクトンが増殖する」という因果関係を証明した報告はどこにある?
それが出てこない限りにわかには信じられないぞ。
それとも、海上汚染防止法で禁止されている物質は全てプランクトンの増殖因子とでも言うのかね?

427 :名無電力14001:04/05/24 20:17
>>諫早干拓>>>>>>合法

うっひゃー、言い切ったね。
農水省の工作員様、ご苦労さんです。
あんたもう神認定。ただし疫病神ね。

428 :名無電力14001:04/05/24 20:25
肉骨粉と副産物のレシピ
http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/133.html

【狂牛病と米国畜産残骸処理事情(BM技術協会)】
http://www.asyura2.com/0401/health8/msg/178.html

【鶏糞再生飼料というファクター】
http://www.asyura2.com/0401/health8/msg/177.html

429 :名無電力14001:04/05/24 20:28
>>425
何せ、有機酸主犯説の言い出しっぺが、土建屋が作った研究所の所長になるような筋金入りの御用学者なんだから仕方ない。
やたらと諫干を擁護しているから、最初読んだとき何かおかしいと思ったよ。
そんな説をありがたがるのは、農水省の諫干関係者か、真性吉外くらいだからね。ゲラゲラ
人間に例えて言えば、有機酸投棄は薬物乱用、諫干は健康な臓器の切除。
どちらも体に良くないのは確実。
結論:どっちも速攻でやめれ!

ところで、>>428は誤爆?


430 :有機酸主犯説派:04/05/24 22:24
>「有機酸添加でプランクトンが増殖する」という因果関係を証明した報告はどこにある?
>それが出てこない限りにわかには信じられないぞ。

おい厨房!
情けないと思わんのか、それほどまでに有機酸を擁護するな!
もう、お前が有機酸関係者ってのは、バレバレやぞ。恥ずかしいヤシ。
海洋汚染防止法違反でマスコミに運動起こしてやるから覚悟しとけよぉぉぉぉ〜〜!!


例の答えだが、「有機物 赤潮 原因」のキーワードでググれ。

おっと、「有機酸は、有機物じゃない」って、ショーもない突っ込み入れんなよ。
(お前の突っ込みはレベル低すぎ。いちいち答えられんw)


431 :名無電力14001:04/05/25 01:36
>>420
ウワァ、゜~(^O^゜~)))))ヒェェエ。
さっきまで水質汚濁防止法違反とか言っていた奴が、白地らしく海洋汚染防止法違反だとよ。

432 :名無電力14001:04/05/25 01:46
>>430
有機酸が主犯であることを科学的に証明しなさい。

433 :名無電力14001:04/05/25 01:49
>>421
そもそも、酸を使うのは、ノリが他の藻類よりも酸に強いことを利用したものである。
しかし、害藻がはびこるときには大概、ノリは栄養不足であり、これに栄養を与えるために
有機酸に種種の栄養塩を添加してある。
その成分組成は、メーカーによって大きく異なる。

434 :名無電力14001:04/05/25 01:52
>>419
有機酸そのものは、他の栄養塩がなければ増殖促進効果はない。
なお、藻類を大量培養する際には、確かに有機酸を用いる。
しかし、通常海水中の窒素や燐などの栄養塩濃度は培地に比べると
極めて低く、有機酸添加による増殖促進効果がみられないことが屡々である。



435 :名無電力14001:04/05/25 01:57
>>423
ノリの色や味にもっとも影響を及ぼすのは窒素。
なお、なぜ燐を減らせと指導しているかというと、沿岸域では燐制限(植物プランクトン)
となるのが普通であり、燐を減らせば植物プランクトンの増殖抑制を期待できるからである。


436 :名無電力14001:04/05/25 02:01
>>430
おい厨房!
情けないと思わんのか、それほどまでに諫早干拓を擁護するな!
もう、お前が諫干関係者ってのは、バレバレやぞ。恥ずかしいヤシ。
海洋汚染防止法違反でマスコミに運動起こしてやるから覚悟しとけよぉぉぉぉ〜〜!!


例の答えだが、「諫早 貧酸素 赤潮 原因」のキーワードでググれ。

おっと、「諫干は、合法」って、ショーもない突っ込み入れんなよ。
(お前の突っ込みはレベル低すぎ。いちいち答えられんw)


437 :名無電力14001:04/05/25 02:19
>>430
オイ!水質汚濁防止法はどうしたんだ!プゲラ

438 :名無電力14001:04/05/25 02:24
>なお、藻類を大量培養する際には、確かに有機酸を用いる。

そういう因果関係を50字以内で示しなさい。
できるなら文献があれば望ましい。

439 :名無電力14001:04/05/25 02:27
>>438
藻類研究法
藻類の生理生態学
藻類の生態

この辺りを読むべし。

440 :有機酸主犯説派:04/05/25 02:45
有明の豊潤なかけがいのない海に、恐ろしいまでの汚染物質を直接的に垂れ流すほうが、どう考えても悪い。

441 :名無電力14001:04/05/25 02:48
>>440
全くだ。早く諫干をぶちこわせ。

442 :名無電力14001:04/05/25 02:51
>>432
有機酸が主犯であることを科学的に証明しなさい。
>>440
有機酸が主犯であることを科学的に証明しなさい。

443 :有機酸主犯説派:04/05/25 10:15
>有機酸が主犯であることを科学的に証明しなさい。

諫早市内には、有明海全体を富栄養化させるような工場はなく、そういう関係の会社すらない小さい町です。
有明海全体に対する諌干の表面積の割合はわずか「2%」にすぎず、2%が残りの98%の海域を破壊するには、大量に溶存酵素を低下させたり、
大量に赤潮を発生させるような栄養塩類に匹敵するなんらかの負荷物質を人為的・意図的に諌早湾内で流さなければならない。

しかし、いくら流したところで、有明海の海水は基本的には「反時計回り」での海流に乗って流れるのだから外海に排出されることがあっても、
地勢的に海流に逆らって湾の奥から有明全域にまで流れることは絶対にあり得ない。

有明海異変のメカニズムは以下の通りである。

海苔養殖開始
 ↓
有機酸+チッソ・リン海洋投棄
 ↓
植物プランクトン発生
 ↓
海苔・植物プランクトン共倒れ
 ↓
死骸として沈殿
 ↓
有機物として大量に海底に堆積
 ↓
貧酸素水塊発生
 ↓
硫化水素発生
 ↓
海の生物が全滅

444 :名無電力14001:04/05/25 11:06
ああ、もう、分かった分かった、有機酸も干拓も止めれば良いんだろ!
みんな農水省にそうメール汁!

445 :名無電力14001:04/05/25 20:38
>>443
あらー、ボク、江刺先生のご本、よく読んでいるのねー。
しかも要点をきちんとまとめて、えらいぞー。
でもよく聞いてね。これはね、世間では「仮説」というの。
仮説を立てるのは自由なの。
そして学者さんのお仕事はね、立てた仮説を実証して、真実を求めることなの。
そしてそれを出来た学者さんをみんな立派な人だとほめてあげるのよ。
だけど、先生は他の学者さんよりちょっとだけ努力と才能が足りなかったの。
だから、仮説を立てたけど科学的に実証できなかったの。
でもね、先生は仮説をそのまま真実であるかのようにご本に書いちゃったの。
それはね、学者さんとして、とてもいけないことなの。
だからボクは、先生の真似をしてはだめよ。
立派な大人になってね。

446 :名無電力14001:04/05/25 20:58
>>443
読みにくいから、適当なところで改行してくれ。

447 :名無電力14001:04/05/25 21:03
>>445
なんだ、じゃあ、ゲーム脳みたいなもんか。

448 :名無電力14001:04/05/25 21:38
>>447
同感。

449 :名無電力14001:04/05/25 21:38
>>443
2%だか3%だかしらないが、いかにも御用学者が好んで用いそうな論法だな。
干潟ネットワーク仮説というものがある。
干潟生物の多くが浮游幼生期を過ごすため、ある干潟にいる生物はそこにいる親から生まれたとは限らない。
離れたところにある干潟でも、水の連絡があれば互いに生物を供給し合っている可能性があるという仮説だ(うろおぼえなので正確な定義ではないが)。
つまり、ある干潟が消滅したときの影響は、単に面積や%ではなく、海域全体の生物・物質循環機構を明らかにした上でないと把握できないということになる。
これを言い出すと、アセスに莫大な労力を要するので、御用学者は認めたがらないだろうな。プゲラ

450 :名無電力14001:04/05/25 21:39
有明海の干潟は海域の10%、うち諫早干潟は(残っていれば)1%。
面積比から言えば大したことはない。
しかし、広島県の調査で、海域面積の1%に満たない干潟が、陸からの負荷の10%を浄化することがわかっている。
有明海に単純に適用するのは乱暴だが、あえて当てはめると、10%の干潟がほぼ完全に負荷量を浄化しており、うち1割を諫早湾が担っていたことになる。
その1割が急激に失われても、残り9割の干潟に余力があれば何とかなったかもしれない。
しかし開発等(有機酸投棄も含むかもな)により弱った干潟にそれはできなかった。
そのために有明海の水質は急激に悪化したのではないか?
なお、有明海の海岸線、流域面積は広島県のそれと大差なく(意外と小さいんだな)、負荷量は同程度と推測される。
それから、広島県の報告はCODを指標にしている、つまり浄化の担い手は底生動物やバクテリアが主体。
某御用学者の浄化能=海底に届く光の量という説明(頭の悪い珍説だな)は当てはまらない。

451 :名無電力14001:04/05/25 21:40
諫早湾周辺は地形の関係により有明海の汚れが溜まりやすいことが知られている。
ちなみに某御用学者の本にもご丁寧に書いてくれている。
つまり、諫早湾の水は、諫早沿岸域からの負荷量にかかわらず、汚れやすい傾向にあったと考えられる。
そしてその汚れた水を浄化していたのは直近にある大きな干潟=諫早干潟に他ならない。
つまり、諫早干潟は面積こそ海域面積の1%に過ぎないが、有明海の物質循環の中で極めて大きな役割を果たしていた可能性がある。
その干潟が失われたら?
有明海の汚れは諫早湾口に蓄積する一方で、水質は悪化し、やがて外に向かってあふれ出す。
湾口付近にある小長井のアサリ養殖場で貧酸素や赤潮が頻発していることがその何よりの証拠である。
しかも、諫干により流れが低下したことは数々のデータが示している。
反時計回りであっても、流れが低下すれば海水が滞留しやすくなることは容易に推測できる。

以上、仮説三題でした。

452 :名無電力14001:04/05/25 21:49
諫干が合法という書き込みがあったが、
・大嘘アセスで漁民を騙して同意を取り付け
・反対派に精神的ダメージを与えるためにギロチン堤防
・工事を始めたはいいが農地はいらないので防災目的にすり替え
・その後有明海異変の一因として疑われ
・第三者委員会から中長期開門調査の提言を受けたにもかかわらず
・結論を先延ばしにして工事を進め
・関係者だらけのお手盛り会議で開門調査を否定
・代替案として示したのはまたもや土建屋が喜びそうな愚策ばかり
・工事受注企業には農水省OBが天下り
・その企業から長崎県知事や議員に違法献金
手続き上は合法なのかもしれないけど、心情的には認めたくないな。

453 :有機酸主犯説派:04/05/25 23:00
諫干工事の進捗状況はほとんど完了しているの、残念ながら元の美しい干潟には戻れないだろう。

「干拓工事のせいで有明海全体の環境が悪くなった」という一つの考えは、今となっては、世論・国を動かすことはないと見ている。
もう、マスコミもほとんど取り上げられなくなった。

仮に、海苔業者が裁判で国を訴えて、有明海異変の原因が、干拓工事と認められたとしても、一方で有機酸投棄による汚染をしてきた
海苔生産者(本人達はそんな気持ちは全くないはず)が、国から賠償金(国民からの税金)を受け取ることができるかといえば、無理だと思う。

454 :有機酸主犯説派:04/05/25 23:01
世間には有機酸投棄の事実は隠しようがないし、ばれれば、とてつもないバッシングを国民から受ける可能性が高い。
不買運動によって海苔の相場が暴落する可能性もある。
また、万が一、一般の国民に海洋汚染防止法違反で訴えられたら、弁論の余地はない。

だからと言って、このまま放置では、有明海は決して自然には良くならない。

という訳で私は、有明海の根本治療、それは有機酸の使用をやめて塩酸+加勢ソーダの中和を利用した酸処理法を国・世論に働きかけ、法制化を実現させたいと考える。

455 :名無電力14001:04/05/26 00:01
>>454
諫干完了?
また海に戻せや。
土建業者も喜ぶ。漁民も喜ぶ。雇用情勢がちょっと好転する。
環境が回復する。
悪くなるのは、長崎県知事と農水省のメンツ位のもんだろう。
あ、国の借金も増えるか。しかし、北朝鮮にあれだけ援助できるのに、
金がないとは政府もいわんだろうな。

456 :名無電力14001:04/05/26 00:04
>>443
おまえ、あの似非化学者か?
また間違えてるぞ。

>貧酸素水塊発生     
→ 貧酸素水塊が発生するのは成層化が進み、水温が上昇する時期(夏)である。ノリの時期(冬)には発生しない。

以上。

457 :名無電力14001:04/05/26 00:09
>>443
>しかし、いくら流したところで、有明海の海水は基本的には「反時計回り」での海流に乗って流れるのだから外海に排出されることがあっても、
>地勢的に海流に逆らって湾の奥から有明全域にまで流れることは絶対にあり得ない。

また、根拠のない断定をしているな。
諫干によって、その反時計回りの流れが弱まっているだろうが。

また、”絶対に”あり得ない???プゲラ
じゃ、仮に数%でもまた湾奥に戻っていたら、君の説も絶対にあり得ないな。
君ね。海の水の流れが君の脳内のように単純なわけがないだろうが。


458 :名無電力14001:04/05/26 00:19
>>443
「諫早市内には、有明海全体を富栄養化させるような工場はなく、そういう関係の会社すらない小さい町です。」
おい!おまえ富栄養化機構を理解してないだろうが?

海域の閉鎖→流動の低下→底質への酸素供給量減少→酸化還元電位低下→底質からの栄養塩溶出→植物プランクトンの増加
→底層への有機物供給量増加→底層の酸素濃度低下→栄養塩溶出の継続→.....

富栄養化機構とは一旦回り始めれば、自己再生産する仕組みになっている。それを工場排水が云々などとトンチンカンなことを言うとは片腹痛い。

また、2%?馬鹿言ってんじゃないよ。諫早はどこに位置している? 有明海の奥部であり、もともと外海との水の交換が悪い一方で、陸水の影響を強く受ける所である。有明海全域と比較するなど、デマやプロパガンダの類と受け取られても仕方がない。

459 :名無電力14001:04/05/26 00:22
>>445
ていうか、本人だったりしてね(w

460 :名無電力14001:04/05/26 00:26
で、こっちはスルーか?

第9回農林水産省有明海ノリ不作等対策関係調査検討委員会
有明海に流入するします陸域起源の窒素、リン負荷量
(平成10年度の環境省のデータをもとに、試算した数値)
下水処理場、生活系、産業系、畜産系及び面源負荷におけます河川経由と直接流入負荷の総量
窒素:年間2万5,928トン、リンでは年間3,138.7トン

酸処理剤による窒素とリンの有明海への負荷量の試算
(近年で最大の販売量となった平成11年度の販売量、2,901トンがすべて海中に流入したという仮定)
窒素では47.7トン、リンでは100.1トン

窒素で0.2%、燐で3.18%と数値としては微量。


461 :名無電力14001:04/05/26 02:54
443の負け、に見える。
443の負けでOK?>all

462 :名無電力14001:04/05/26 07:05
勝ち負けと言うもの(問題)でもないとは思うが、
間違いはいけない。
後、ノリ養殖における有機酸使用(投棄)に問題が
ないわけでもない。
脳衰省の工作員みたいに、2元論で「勝った勝った」
と小躍りするようなアホにはなりたくない。
以上独り言。

463 :名無電力14001:04/05/26 07:09
>>454
>私は、有明海の根本治療、それは有機酸の使用をやめて塩酸+加勢ソー
>ダの中和を利用した酸処理法を国・世論に働きかけ、法制化を実現させ
>たいと考える。

ま、それは自由だ。お好きなように。しかし、漁民は捨てるだろうな。塩酸を海に。
あいつらの日常生活をみていると海を愛し、大切にしようとしているとは到底思えない。

464 :名無電力14001:04/05/26 08:24
>>409
これか
てかソースは貼っておいてくれ
http://www.jfa.maff.go.jp/release/14.07.30.2.html

465 :有機酸主犯説派:04/05/26 09:30
>>456
そうそう。^^

>>458
海域の閉鎖→流動の低下→底質への酸素供給量減少→酸化還元電位低下→底質からの栄養塩溶出→植物プランクトンの増加
→底層への有機物供給量増加→底層の酸素濃度低下→栄養塩溶出の継続→.....

趣味で池等のアオコを除去できる気泡・水流発生装置をやってるんだが、水流でもって水をキレイにするのは並大抵のことではないぞ。

以下の処置をしても若干しか綺麗にならないので、なかなか商売化が難しい。

1.汚染源を突き止め「処置」を施す。
2.魚に餌を絶対やらない。
3.常に酸素濃度を上げておく。
4.20cm/秒以上の水流を作る。

んで思ったのは、汚染源を突き止め,処置するのが、一番楽だったぞ。
有明海の場合は有機酸が主犯である。

466 :有機酸主犯説派:04/05/26 09:31
>>459
本人って、誰のこと?

>>460
主に陸上で消費される窒素・リンの総量が海に与える影響と、海苔漁場だけに投棄する影響は、比較しようがない。
またその論文は最初から有機酸投棄が問題ないという結論づけるための方向性が強すぎる。自己反省・向上意欲が一切もない。
まぁ、無理もない。自分の部署が有機酸使用を許可したんだから。
チッソ・リンは、酸処理剤にあくまで「添加されているもの」であって、主成分である「法律違反の有機酸=環境負荷物質」とは気づいてないみたいだ。


>>461
勝ち負け?
なんのことでしょうか?

467 :名無電力14001:04/05/26 13:27
酸処理の消費量は、干拓工事がはじまった頃から、爆発的に増えたらしい。
一説によると、5倍以上だとか・・・。

468 :名無電力14001:04/05/26 15:47
潮流調査

熊本2大学の教授らと共同
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040526-00000015-nnp-kyu

469 :名無電力14001:04/05/26 17:31
↑素晴らしい事だが、干拓工事前のデータはあるんだろうか。
う〜ん・・・。

470 :名無電力14001:04/05/26 21:21
>>467
>>酸処理の消費量は、干拓工事がはじまった頃から、爆発的に増えたらしい。
>>一説によると、5倍以上だとか・・・。

どのソースからの説なんだか。
それともまた御用学者の珍説、「諫干という責任転嫁の対象を見つけた漁業者がここぞとばかりに酸を乱用し始めた」か?
この言い方なら、何とでも言えるな。

有明海の潮流は、干拓工事がはじまった頃から、急激に遅くなったらしい。
一説によると、半分以下だとか・・・。

471 :名無電力14001:04/05/26 21:22
>>465
>>んで思ったのは、汚染源を突き止め,処置するのが、一番楽だったぞ。
>>有明海の場合は有機酸が主犯である。

池のように流れのない所に流れを起こすのと、有明海に自然に生じる流れを利用するのとはわけが違う、
有明海特に湾奥部は、外部との水の交換こそ少ないものの、干満の差が大きいので海域内での海水の上下交換は比較的良かった。
ところがせっかくの潮流を弱くし、貧酸素等の発生を促進したのが諫干だという疑いが濃厚。
それを無視して負荷量だけを問題にするとは、すり替えも甚だしい。

472 :名無電力14001:04/05/26 21:23
>>466
>>主に陸上で消費される窒素・リンの総量が海に与える影響と、海苔漁場だけに投棄する影響は、比較しようがない。

「主に陸上で消費される」?
まさか「負荷量」を、「陸から海に負荷される量」ではなく、「陸に負荷される量(その一部が海に流れて来る)」と思っているとか?
いやいや、いくらなんでもそんな馬鹿じゃないよねえ。

473 :名無電力14001:04/05/26 21:24
>>466
>>主成分である「法律違反の有機酸=環境負荷物質」とは気づいてないみたいだ。

河川からのCOD負荷量に対する有機酸の割合は、窒素・リンのそれと同じくごくわずか。
従ってこの書き込みは江刺説を踏まえてのことだと思うが、その「有機酸がプランクトンの増殖を促す」ことを証明した報告がどこにある?
自説に不利な他人の報告をけなすことはできても、自説に有利な報告は提示すらできないのかな?

474 :名無電力14001:04/05/26 21:41
>>469
〜農水省HP内文書より〜

諫干工事の締め切りによる潮流の変化は、今までいろんな所が研究してましたが、
海上保安庁水路部のまとめでは、「場所によって2001年に調査した方が若干流速値が大きい傾向にあるが、ほぼ同等の潮流を示している。」とされている。

また、ノリ不作等第三者委員会の最終報告によると、「表層付近の流速の観測で以前より減った、変化はみられない、あるいは若干速くなった、などさまざまな報告がある。
国調費によるシミュレーションでも1979 年と2001 年との流速の変化は明瞭でない。」とされている。

つまり、潮流説はすでに議論され尽くされている。

475 :470:04/05/26 22:33
>>470
ちょうどその頃、酸処理剤の「瞬間漬け」が大ブームになって、殺菌剤入りの超高濃度の酸処理剤に変わってきたんだよ。
素通し船と言われる船も一気に普及した時期だよ。(網の下を潜るだけで消毒する。)

酸の使用量アップの話は、業者から聞いた。漁○に知り合いがいたら教えてもらったら?
なぜかと言えば、その当時、>>372でも書かれているように、酸処理剤の暴露本が出てしまって、有機酸使用圧力が海苔問屋からかけられ、結果、有機酸の販売額がかなり伸びたそうである。

476 :467:04/05/26 22:36
スマソ、上の発言は467が470に対してです。

>>470
大昔の話だが、昭和58年に有機酸を使用する通達が出された際に、良識派の東海大学の工藤教授が「有機酸投棄は問題。自然に優しい塩酸を使用せよ」と、業界新聞で寄稿していた。
ほとんどの海苔屋はそれを信じ、実際自然に優しいと言われた塩酸をほとんどの人が使用していた。たとえ次長通達があってもだ。
そんな中で、海苔業界は、初めて出版された暴露本の存在にビビった。
もっともっと酸の問題がどんどん大きくなった時、昭和58年の水産庁次長通達(有機酸使用せよ)という印籠が、すべて責任とってくれるという計算が働き、結果的に有機酸全面使用に至った。
その計算はあっていたが、人生の計画は狂った。

477 :有機酸主犯説派 :04/05/26 22:58
>>473

>その「有機酸がプランクトンの増殖を促す」ことを証明した報告がどこにある?
>自説に不利な他人の報告をけなすことはできても、自説に有利な報告は提示すらできないのかな?

CODが存在する物質とは、プランクトンが増える要素をもっていると言えます。
特にBODは、実際に微生物を培養させて、酸素の消費量を見るんですよ〜。

478 :名無電力14001:04/05/27 00:42
>>477
>CODが存在する物質とは、プランクトンが増える要素をもっていると言えます。
>特にBODは、実際に微生物を培養させて、酸素の消費量を見るんですよ〜。

バクテリアと植物プランクトンを同一視するとは...。


479 :名無電力14001:04/05/27 00:44
>>474
>〜農水省HP内文書より〜
>
>諫干工事の締め切りによる潮流の変化は、今までいろんな所が研究してましたが、
>海上保安庁水路部のまとめでは、「場所によって2001年に調査した方が若干流速値が大きい傾向にあるが、ほぼ同等の潮流を示している。」とされている。

ププ。
よりによって脳衰省HPから持ってくるとは..。(呆
信用度ゼロ。

480 :名無電力14001:04/05/27 00:46
>>472
いやいや、どうして マ ジ らしいよ。

481 :名無電力14001:04/05/27 00:46
干拓事業が完成して暫くしたら、撤去工事するのでは。
なんせ、干拓が目的ではないのだから。

482 :名無電力14001:04/05/27 00:52
撤去は無理。堆積した汚泥の行き場所がないため。

483 :名無電力14001:04/05/27 01:03
>>465
>趣味で池等のアオコを除去できる気泡・水流発生装置をやってるんだが、水流でもって水をキレイにするのは並大抵のことではないぞ。

へ、水流や気泡? アオコってどんな代物かわかっているのか?
気泡なんか使わなくても勝手に水面に浮いてくるから、これをさらってしまえば良い。
あるいは、水を少しずつ交換すればよい。アオコは水の交換が悪いところにはびこるのだ。
幾ら流れを起こしたところで普通綺麗にはならない。
その方向でやろうとするから、20cm/sなどという強い流れが必要になる。

それにしても、まさか、アオコと海の植物プランクトンを同一視してるんじゃないだろうな。

>んで思ったのは、汚染源を突き止め,処置するのが、一番楽だったぞ。
>有明海の場合は有機酸が主犯である。

お前の脳内では汚染源=有機酸only!となっていることだけは理解できた。

・酸処理剤による栄養塩負荷は窒素で0.2%、燐で3.18%と微量。
・有機酸だけでは植物プランクトンへの増殖促進効果は微々たるもの。


484 :名無電力14001:04/05/27 01:04
>>481
>干拓事業が完成して暫くしたら、撤去工事するのでは。
>なんせ、干拓が目的ではないのだから。

それはない。着々と長崎県が農家を誘致している。
奴らが入植すると、財産権が生じる。日本では財産権ほど強い権利はない。


485 :名無電力14001:04/05/27 05:52
>>478

477はきっと「微生物」という定義がよくわかっていないと見たね。
顕微鏡レベルの生物は、細菌も真菌も珪藻も同じと思っているんだよ。
きっと情報がレーウェン・フックとかの時代で止まっているんだな。

486 :名無電力14001:04/05/27 09:40
有明海全部埋め立てりゃ良いのに。

487 :名無電力14001:04/05/27 10:16
>>484
休耕地が山ほどあるのに入植者を募集なんて・・・。
もう、アホかと。
っていうか、干拓地の使い方のアイディア募集なんて今更やってるそうですが、マジですか。
行き当たりばったりにもほどがある!
まじしねよ脳衰省。

488 :有機酸主犯説派 :04/05/27 10:19
>>478
>>479
>>480
>>483
>>485

食物連鎖で言うと、有機酸は短時間でバクテリアによって分解され、ふんとか、バクテリアの死骸が栄養塩となり、植物プランクトンによって取りこまれています。
ですから、COD・BODがあると言うことは、植物プランクトンが増えるのは間違いないですよ。

また、有機酸が直接的に植物プランクトンに働きかける要素もありますよ。

有機酸を単なる有機物のゴミと考えるのは、大変危険です。
クエン酸・リンゴ酸等の有機酸は、あらゆる細胞の骨格を作る要素でもあり、細胞に秒単位で吸収されます。
取り込みの早い植物プランクトンが、自然界ではあり得ないほど異常に活性化されている可能性がありますよ。
疲労回復物質としてクエン酸が、アスリート達にもてはやされているのはご存知でしょうか?
疲れを知らない植物プランクトンって、怖いと思いません?

489 :有機酸主犯説派:04/05/27 10:22
↑のつづき

また、4年前から、高pH型酸処理剤となったのはご存知だろうか?
これが曲者なのだ。主成分が塩酸から「乳 酸」になったのである。
こいつの性質は、ずばり細胞壁を次々と作り出す最悪のスーパー栄養素なのです。
乳酸があれば、植物プランクトンは、光合成の力を借りなくても、昼夜関係なく細胞分裂ができるのです。

だから、チッソ・リンだけの比較なんて全く意味ないんです。絶対に。
むしろ、有機酸のほうがやばいかも。

490 :名無電力14001:04/05/27 17:49
>>484 >>487
応募がなかったりして

491 :名無電力14001:04/05/27 19:15
>>488 >>489
おやおや、アナタもずいぶん江刺先生がお好きなようね。
だって書き込みがほとんど先生のご本の丸写しですもの。
でもね、それはやっぱり仮説なの。
・有機酸が「植物プランクトン」に秒単位で吸収されて、細胞が異常に活性化される。
・乳酸があれば「植物プランクトン」は昼夜を問わず細胞分裂する。
これらを科学的に実証した事例は、どこにあるのかしら?
従属栄養生物なら、クエン酸があれば吸収するでしょうね。
光合成を行う植物プランクトンが、有機酸があれば従属栄養的に振る舞う、という証拠が必要なの。
それが出てこないかぎり、仮説はいつまでたっても仮説のままよ。

492 :名無電力14001:04/05/27 19:16
学者さんにとって、仮説が実証できないことは決して恥ではないの。
もっと努力したり、仮説を一部修正したりして、将来的に実証できればいいのだから。
また、緊急を要するときは仮説段階での発表が必要なこともあるわね。
でもいくら確信があっても、これは仮説ですとはっきり断っておかなければならないの。
それが学者さんとしての最低限の良心じゃないかしら?
ところが先生は仮説段階でセンセーショナルに発表したの。
しかも、水産庁から硫化水素の分析を頼まれたら断っているの。
そして、他の研究者に自分の仮説を実証しろと言っているの。
仮説を言い放って実証は人任せ。
これは学者さんにとって仮説が実証できないことよりもっと恥ずかしいことだと思うわよ。

493 :有機酸主犯説派:04/05/27 20:18
↑硫化水素の発生メカニズムは長崎大学の先生がNHKのクローズアップ現代で証明したんですよ。
実際に有機酸を添加してね。すごい先生ですよ。

有機酸投棄は「国際法違反」。
有機酸投棄が問題であるという文献がないからとか、自分がそういう知識がないからといって、
犯罪性をぼかしたり、またすでに世界中で制定されている法律を変えるのは難しいぞ。

>これらを科学的に実証した事例は、どこにあるの?

事例も何も、大学一年生の教科書に載ってるんだが・・・。
あ、そうそう、保安庁に相談いくことをお勧めします。

494 :名無電力14001:04/05/27 21:25
>>493
>>↑硫化水素の発生メカニズムは長崎大学の先生がNHKのクローズアップ現代で証明したんですよ。
>>実際に有機酸を添加してね。すごい先生ですよ。

「佐賀大学」の林重徳先生ね。先生に失礼ですよ。
確かに実験で泥に有機酸を添加して硫化水素の発生を確認していました。
でも林先生はあくまでも「室内実験」と断っています。
別に、有機酸でプランクトンが増殖することを証明したわけではありません。
番組でも有明海異変の原因として諫早干拓等の可能性も同時に紹介していましたよ。
本当に見たんですか?
ビデオに撮っているならもう一度見直すことをおすすめします。

495 :名無電力14001:04/05/27 21:30
>>有機酸投棄は「国際法違反」。

別に国際法を持ち出さなくても、国内法違反なのは明白です。
海外コンプレックスでもあるのでしょうか?
また、「海洋汚染防止法違反」と「有明海荒廃の主因」は全くの別問題です。
前者は法の条文と照らし合わせればよし、後者は科学的証明が必要。
問題のすり替えが本当に下手ですね。

>>事例も何も、大学一年生の教科書に載ってるんだが・・・。

最低でも書名と出版社名をお教え下さい。
「植物プランクトンの有機酸取り込み」についてはっきり書かれている物をね。

496 :名無電力14001:04/05/27 21:41
>>491>>492
オカマ キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

497 :有機酸主犯説派:04/05/27 22:33
COD・BOD値が高い有機酸は、植物プランクトンを増殖させる。
これは、常識である。

498 :名無電力14001:04/05/27 23:50
>>489
乳酸が使われている酸処理剤は知らんなぁ。大抵はリンゴ酸とかだったりするが。
なお、何度も言うが乳酸を与えてもそれだけでは植物プランクトンは増えないぞ。
ただ、他の栄養塩も与えれば爆発的に増える。
俺も、植物プランクトンを増やしたいときには、乳酸を使う。しかし・・・実際の
海域で増えるかどうかはまた別。

499 :名無電力14001:04/05/27 23:55
>>493
>↑硫化水素の発生メカニズムは長崎大学の先生がNHKのクローズアップ現代で証明したんですよ。
>実際に有機酸を添加してね。すごい先生ですよ。

ププ。この映像俺もみた。なんか凄く原始的な方法でやっていた。
温度管理無し。室内で単に泥と有機酸を海水に入れて硫化水素が発生するかどうかみただけ。
アホかと言いたい。発生しない方がおかしい。
しかも、これを曲解して、有機酸添加が硫化水素発生の最低条件だと思いこむ奴もいるのだから、嗤える。


500 :名無電力14001:04/05/28 00:23
>>491
>・有機酸が「植物プランクトン」に秒単位で吸収されて、細胞が異常に活性化される。
>・乳酸があれば「植物プランクトン」は昼夜を問わず細胞分裂する。
>これらを科学的に実証した事例は、どこにあるのかしら?
>従属栄養生物なら、クエン酸があれば吸収するでしょうね。
>光合成を行う植物プランクトンが、有機酸があれば従属栄養的に振る舞う、という証拠が必要なの。
>それが出てこないかぎり、仮説はいつまでたっても仮説のままよ。

一部は真実であり、一部は明らかな誤りである。
問題は、自分の主張を通さんばかりに、真実の一部だけを借用し、結果として誤りを喧伝する輩が存在することだ。
とここまでは、貴方宛ではない。

何はともあれ、藻類生理学の本をひもとけば、藻類が有機酸を利用することは述べられている。
しかし問題は、それが他の栄養塩が十分にあることが前提である。
なお、アミノ酸なども利用するのだが、普通は無機態の窒素を吸収し尽くした後に利用する。
植物プランクトンの大量且つ連続培養を行う際には、通常の無機態の栄養塩(N、P)の他に有機酸を与え、光は
ほとんど与えずに培養する。もちろん光を与えても差し支えないが、どろどろになるまで増えてくると光を藻類自
身が自己遮蔽してしまい、光を当てている意味が無くなる。そのように極限状態まで増殖させるときに有機酸を用
いる。


501 :名無電力14001:04/05/28 00:25
>>491
何度も繰り返すが、通常の海域でそこまで植物プランクトンが増えることはない。自然海水では他の栄養塩が制限
因子となり、有機酸の増殖効果はなかなか明確な形ではみられない。

しかし、だからといって酸処理に害がないわけではない。何故なら、ノリ業者ときたらそのほとんどを海に投棄し
ているからである。例えそれが有機酸だろうが無機酸だろうが水生生物はpHの変化に極めて敏感であり、被害を
受ける。しかも、有明海のノリ漁場は湾央〜湾奥の浅海域にくまなく分布しているのである。

これを解決する方法は唯一にして、極めて単純な方法しかない。それは有機酸”投棄”を止め、使用済み酸を回収し
、適切に処理することだ。

ここで、さらに問題が立ち上がる。
それは、政治的な問題であり、”諫干問題から世間の目をそらすためだけに”有機酸問題を取り上げる輩が居ることだ。
このため、有機酸説を喧伝する輩の主張には、くれぐれも注意が必要である。
以上。


502 :名無電力14001:04/05/28 18:20
WWF 事業報告書

http://www.google.co.jp/search?q=cache:UspPNzSNns0J:www.wwf.or.jp/enetwork/josei/2000/no9912.htm+%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%80%E8%AB%AB%E6%97%A9&hl=ja

503 :ネカマ491:04/05/28 19:17
>>500-501

詳しいご説明ありがとうございました。
やはり無理のあるつぎはぎ仮説だったのですね。
もっと藻類について勉強してみます。
それでは皆さんごきげんよう。

504 :名無電力14001:04/05/28 20:39
開門すれば全部解決。
なんの議論もいらない。
湾内の海水は一気に浄化される。
それを長崎県も農水省もよっく分かってるからね。w


>諫干工事の締め切りによる潮流の変化は、今までいろんな
>所が研究してましたが、海上保安庁水路部のまとめでは、
>「場所によって2001年に調査した方が若干流速値が大きい
>傾向にあるが、ほぼ同等の潮流を示している。」とされている。


湾内の海水の流速を正確に測るのは難しいが
統計的手法を取れば十分に可能だ。
100ヶ所程度の観測点を設け、どのくらいの%で
流速の速くなった地点があるかを調べれば良い。
また開門しただけで堰は厳然と存在するのだから、
それだけにわずかに速くなった分は増幅して考えなくては
ならない。





505 :名無電力14001:04/05/28 21:38
>>500

>植物プランクトンの大量且つ連続培養を行う際には、通常の無機態の栄養塩(N、P)の他に有機酸を与え、

その成分こそ、まさしく酸処理剤です!

506 :名無電力14001:04/05/29 08:10

栄養塩というものは、そもそもいわゆる植物の肥料となる物質で海洋の場合は主に窒素とリンです。
これは有機物がバクテリアによって分解されることにより、できます。

すなわち、有機酸が海に投棄されると、バクテリアが栄養塩に分解してくれます。


507 :名無電力14001:04/05/29 08:11

余談ですが、>>500さんの言うとおり、さらに多くの有機酸が海洋に排出されると、
バクテリアがそれを分解するのに大量の酸素を消費し、植物プランクトンは増殖できなくなり
(植物プランクトンも光合成のほかに呼吸もしてますので生きていくためには酸素が必要です。)
なんと逆に水が透明になる場合があります。
これが青潮と呼ばれる現象です。
一見水は綺麗なようですが、酸素がないので酸素を必要とする生き物はこのような水ではすむことができず、
また酸素を嫌うバクテリアが増殖し、硫化水素を放出するためいわゆるドブ臭いにおいがします。

これが有明海の「貧酸素・硫化水素発生」の一因です。


508 :名無電力14001:04/05/29 09:19
>>506
>>すなわち、有機酸が海に投棄されると、バクテリアが栄養塩に分解してくれます。

有機酸が分解されても、二酸化炭素と水にしかならない。
栄養塩とは普通硝酸、リン酸等の窒素・リン無機塩を指し、有機物であっても
窒素・リンの含有がなければ分解されても栄養塩は生じない。

509 :名無電力14001:04/05/29 09:27

>窒素・リンの含有がなければ

酸処理剤に窒素肥料(塩化アンモニウム等)・リン酸肥料(T−P 4%)はほとんどのメーカーが添加してます。

また、ノリシーズンになると何百という作業船(ノリに限らず)が、毎日、海水中に窒素酸化物(船外機の水中に放出される排ガス)を供給しています。

海水中のロープが、なんと排ガスの黒いススで汚れる程です。


510 :名無電力14001:04/05/29 13:04
>>509
ならば最初から「有機酸」ではなく「酸処理剤」と書いてくれたまえ。
酸処理剤に含まれる窒素・リンは陸域からの負荷に比べるとわずか。
また、窒素酸化物により海域に負荷される窒素量を試算した例があるのなら教えてくれ。

511 :名無電力14001:04/05/29 22:19

>酸処理剤に含まれる窒素・リンは陸域からの負荷に比べるとわずか。

正確な酸処理剤の販売量なんて、把握できっこないし、真面目に申告するバカはいない。
実際に使用される酸処理剤は、もっと多いと聞く。(そのほうが値引きがあるらしい。)

また、水産庁のデータは、有明海全体に流れる窒素・リンですよね。
よ〜く考えてください。
今、有明海で一番問題なのは、「海苔漁場で海苔が不作である」ことなのです。
つまり、広い有明海の中で、僅かの面積である「海苔漁場にだけ」ばら撒けば、肝心要の海苔の漁場付近が汚染されるということです。
ただし、有明海の潮流は反時計回りなので、熊本沖は被害が少ないかもね。

また、水産庁の「他でもっとすごい海洋汚染があるんだから、海苔産業だけは問題ないでしょ?」という考えは、憎憎しい。
ま、しょうがないか、水産庁が有機酸許可してしまったんだから。


512 :名無電力14001:04/05/29 22:35

>また、窒素酸化物により海域に負荷される窒素量を試算した例があるのなら教えてくれ。

船舶からの排出ガスの影響に関して、EUが2002年に発表した調査結果によると、EU海域における窒素酸化物と二酸化硫黄排出量は、2010年までに陸上由来の排出量のそれぞれ約66%、75%に匹敵すると推測した。
また日本でも、シップ&オーシャン財団の調査では、1999年時点で船舶から排出される窒素酸化物は総排出量の17%を占めており、閉鎖海域の湾内における汚染はさらに深刻のようだ。


513 :名無電力14001:04/05/30 08:16
>>511
事実誤認の点があるが。
「広い有明海の中で、僅かの面積である」
ノリの養殖場の分布図を一度みてみると良い。有明海の北から東(熊本沿岸から佐賀、福岡沿岸)
にかけての浅海域は全てと言っていいほどノリ養殖場で埋め尽くされている。
511は実際に冬の有明海に行ったことがないとみた。

514 :名無電力14001:04/05/30 08:26
>>511
まさか。ノリは関心を持たれる契機にすぎない。

515 :名無電力14001:04/05/30 12:20
>>513

農水省職員だったりして。

ちなみに私の計算では、有明海全体に対して、海苔漁場は、約3%。

僅かである。


よって、有明海を汚した主犯人は「有機酸」である。

516 :名無電力14001:04/05/30 13:28
>>515
>>502 を読んでみよう。

517 :515:04/05/30 14:03
>>516

OK,今度ネトカフェで読むとする。

518 :名無電力14001:04/05/31 02:04
>>515
脳衰省工作員だったりして。

主張1
>ちなみに私の計算では、有明海全体に対して、海苔漁場は、約3%。
>僅かである。

主張2
>よって、有明海を汚した主犯人は「有機酸」である。

主張1について
有明海全体と比較する意味はない。干潟浅海域の面積と比較するべき。
また、ノリ漁場を算出した根拠はなに?

主張2について
ノリ漁場がそれほどわずかであるならば、有機酸の使用量もわずかで済むはずだ。
論理的におかしい。飛躍などと言うものではない。デマの範疇に入る。
一方で、有機酸の使用量の多さを喧伝し、その矛盾に気付かない。
あるいは、知っていて目くらましのために有機酸をやり玉に挙げるやり方は、実に
意地汚い。

昭和五十三年と比較した干潟の消滅面積は千四百ヘクタール。
諫早湾干拓で失われた干潟は三千六百ヘクタール。


519 :名無電力14001:04/05/31 02:10
>>507
>余談ですが、>>500さんの言うとおり、さらに多くの有機酸が海洋に排出されると、
>バクテリアがそれを分解するのに大量の酸素を消費し、植物プランクトンは増殖できなくなり
>(植物プランクトンも光合成のほかに呼吸もしてますので生きていくためには酸素が必要です。)
>なんと逆に水が透明になる場合があります。
>これが青潮と呼ばれる現象です。
>これが有明海の「貧酸素・硫化水素発生」の一因です。

嘘800。
有機酸が用いられるのは冬。
貧酸素水塊が形成されるのは夏。

酸処理剤として用いられる有機酸のうち、夏まで数ヶ月分解せず、夏になるとたちどころに分解される
有機酸名を挙げよ。

また、酸処理剤で用いられた有機酸が原因となって形成された貧酸素水塊の観測例を挙げよ。

520 :515:04/05/31 10:17
>また、ノリ漁場を算出した根拠はなに?

海苔専門書からです。

>ノリ漁場がそれほどわずかであるならば、有機酸の使用量もわずかで済むはずだ。

ノリ漁場が意外にせまいという事が分かっても、過去の使用量は減らないですよ。

521 :515:04/05/31 10:18

>嘘800。
>有機酸が用いられるのは冬。
>貧酸素水塊が形成されるのは夏。

海苔養殖で問題になっているのは、冬場(海苔シーズン)での色落ちさせる植物プランクトン異常増殖。
海を見ると、びっしり詰まってます。プランクトンが・・・。見たことありますか?

そもそも植物は、夜になると光合成をやめて酸素呼吸をします。
その結果として、海苔漁場と言うフィールドで、海苔自身が植物プランクトンとの酸素の取り込み競争に負けて、色素細胞が弱り、色落ちになる可能性もあります。

ま、いずれにしても、私が、短時間で有機酸投棄→貧酸素水塊と考えているのではないかと、独自解釈しないでほしい。


522 :515:04/05/31 10:24

>酸処理剤として用いられる有機酸のうち、夏まで数ヶ月分解せず、夏になるとたちどころに分解される
>有機酸名を挙げよ。

夏場に赤潮が発生するのは、水温と溶解度が大きく関係してます。
冬場に溶けきれなかった富栄養化物質が、水温が上がって溶け出すから、夏場に赤潮・貧酸素水塊が多いのです.

ただし、江刺氏の本によるNASAの有明海の衛生写真では、海苔シーズンが本格化するとともに赤潮が発生し、漁期が終わる頃に終息している。
細胞活性に不利な冬場に増殖しているということは、有機酸投棄に起因する事が言えよう。


523 :515:04/05/31 10:24


>また、酸処理剤で用いられた有機酸が原因となって形成された貧酸素水塊の観測例を挙げよ。

残念ながら、海苔業界が説明義務を果たしてないので、世間一般は、有機酸投棄自体が法律違反であることすら知らない。
いろんな研究機関が貧酸素水塊を確認してはいるんだが、そもそもの「富栄養化物質がどこから来ているのか?」という基本的なことができていない。
これから明らかになるだろう。

よって、有明海を汚染したのは、有機酸である。


524 :名無電力14001:04/05/31 16:52
>>520
本のタイトルを書かないと。

525 :515:04/05/31 17:36

>本のタイトルを書かないと。

なんでもかんでも、勉強せずに、無知なツッコミ&質問ばっかり・・・。

教えて欲しかったら、それなりの態度があるだろ〜〜がw

おしえな〜〜〜〜い^^ プププ


526 :名無電力14001:04/05/31 20:36
522
>>ただし、江刺氏の本によるNASAの有明海の衛生写真では、海苔シーズンが本格化するとともに赤潮が発生し、漁期が終わる頃に終息している。
>>細胞活性に不利な冬場に増殖しているということは、有機酸投棄に起因する事が言えよう。

あーあ、無知をさらけ出しちゃった。
2000年〜2001年の漁期は、色落ちにより速攻で終わった。
つまり酸処理を行った期間も極めて短い。
その矛盾点についてはどうお考えか?
また、その説だと毎年酸処理期間とプランクトン増殖が一致していないとおかしいが、証拠はあるのか?

さらに、低水温期でも日照、栄養等の条件が揃えば珪藻が異常繁殖することは常識。
まさに多雨による栄養供給、その後の日照時間の増加という条件が重なったのが2000年末。
50年前の小久保先生の本に戻って出直せっての。

527 :名無電力14001:04/05/31 21:18
熱い議論が続いているなぁ。
地元に近い人間から言わせて貰えば、有明海の異変は諫早干拓着工以前に始まっていたんだけどね。
既出かもしれないけれど一応貼っとく
ttp://www.maff.go.jp/www/counsil/counsil_cont/nouson_sinkou/isahaya/senmon/6/data4.pdf

コレに海苔網の張り込量の推移・有機酸投棄量の推移を重ね合わせると面白いかもしれないね。

528 :名無電力14001:04/05/31 21:21
あなたたちは放射能が恐くないのですか!! 海で養殖した海苔を食べるなんて!!
原発反対運動家による驚くべき告発をお読みなさい!!

http://genpatsu_shinsai.at.infoseek.co.jp/hirai/page7.html

原発反対運動家 平井憲夫 > 今、日本列島で取れる魚で、安心して食べられる魚はほとんどありません。
原発反対運動家 平井憲夫 > 日本の海が放射能で汚染されてしまっているのです。

 ●原子力資料情報室ってどうよ? http://society.2ch.net/test/read.cgi/atom/1015304146/
                         http://society.2ch.net/test/read.cgi/atom/1080408201/

529 :名無電力14001:04/05/31 21:27
>>528
有明海の沿岸には原発は無いぞ。
で、韓国海苔が非常に不味いのは何故だ(笑)?

530 :名無電力14001:04/05/31 22:03
韓国の原子力比率は4割台ニダ。
3割台の日帝より先進国ニダ。

531 :名無電力14001:04/06/01 06:56
>>522
酸処理剤として用いられる有機酸のうち、夏まで数ヶ月分解せず、夏になるとたちどころに分解される
有機酸名を挙げよ。

答えが返ってこないようだが。

532 :名無電力14001:04/06/01 06:57
酸処理剤で用いられた有機酸が原因となって形成された貧酸素水塊の観測例を挙げよ。

こちらも明確な返答がないようだ。

533 :名無電力14001:04/06/01 07:00
>>520
>>また、ノリ漁場を算出した根拠はなに?
>海苔専門書からです。

一度、佐賀福岡熊本の水試の報告書をみてみると良い。


534 :名無電力14001:04/06/01 07:37
>>527
>コレに海苔網の張り込量の推移・有機酸投棄量の推移を重ね合わせると面白いかもしれないね。

データ収集は難しそうだが、ぜひ貼ってみてくれ。

535 :515:04/06/01 08:41
>>531

>>443さんの発言を読んでみよう。

>>532
海苔業界全体(漁連・水試等)が、マスコミに「有機酸を投棄している法律違反」を、積極的に発言しなかったから、
外部の人間は、実は、貧酸素水塊が、酸処理剤投棄によって、起こっているなんて考える人は少ないでしょう。
「貧酸素水塊」の元は、過剰な富栄養化物質の投棄から、食物連鎖によって発生するんだよ。


536 :515:04/06/01 08:42
>>531,532

君の事もぜひお聞かせ願いたい。

1.なぜ法律違反であり、植物プランクトンの発生原因である有機酸投棄を擁護する発言をするのか?

2.環境問題に敏感なはずなのに、有機酸問題にすりかわると、なぜつらいのか教えて下さい。

3.有機酸投棄を警察に検挙、もしくは、告訴されたら、「問題ないっすよ」と言って、無実を証明できるのか?


以上3点です。お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。


537 :名無電力14001:04/06/01 09:15
お二人さん
酸の話がしたければ、別スレ立なされ。

538 :名無電力14001:04/06/01 13:53
>>526

>2000年〜2001年の漁期は、色落ちにより速攻で終わった。
>つまり酸処理を行った期間も極めて短い。

色落ちしても、色戻りを期待して、本来の漁期中は、酸処理はやめないよ。

>さらに、低水温期でも日照、栄養等の条件が揃えば珪藻が異常繁殖することは常識。

過去にない近年の ノリ色落ち問題は、植物プランクトンの異常発生が原因なんで、
条件が合えば、そりゃ増えるけど、被害の規模・回数が全然違うでしょ。
大昔から、色落ちばっかりなのか?


539 :名無電力14001:04/06/01 14:13
ここは?
http://dvd01.net

540 :名無電力14001:04/06/01 20:18
>>536

質問には531さんが答えるだろうけど、割り込ませてね。

1.A:(有明海異変の主要因かどうかにかかわらず)有機酸投棄は法律違反
  B:(法律違反かどうかは別として)有機酸投棄は有明海異変の原因である
  AとBは別個に論ずる問題(法律論と科学論という意味で)。
  なのになぜ、Bを否定することがAの否定になるのか、わけがわからん。教えてくれ。
  Bを否定する人でも、Aを否定する人はほとんどいないと思うが。

2.有機酸主犯説の中心人物は東北大名誉教授の江刺氏。
  氏はなぜか著書の中で諫干を擁護している。
  本当に環境のことを考えるなら両方批判するはず。
  現に、諫干主犯説の研究者の中には酸処理に否定的な考えを持つ人も多い。
  また、氏は土木業者の関係者(日本樹木種子研究所=東興建設株式会社の関係機関)。
  以上のことから、諫干の擁護をすることが氏の本当の目的ではないのか、という疑いを捨てきれない。
 
以上、答えてくれなくてもいいけど、心に浮かんだ疑問ね。

541 :名無電力14001:04/06/01 22:22
>>535
>>>443さんの発言を読んでみよう。
>海苔業界全体(漁連・水試等)が、マスコミに「有機酸を投棄している法律違反」を、積極的に発言しなかったから、
>外部の人間は、実は、貧酸素水塊が、酸処理剤投棄によって、起こっているなんて考える人は少ないでしょう。
>「貧酸素水塊」の元は、過剰な富栄養化物質の投棄から、食物連鎖によって発生するんだよ。

ん?あれで返答のつもりだったのか???

有機酸が生物に取り込まれると、水と二酸化炭素になるはずだが(過去にそう言う書き込みもあったよなぁ)、
有機酸が生態系内を”循環”するのか???

君はどこの星から来たのかね。


542 :名無電力14001:04/06/01 22:29
>>538
>
>過去にない近年の ノリ色落ち問題は、植物プランクトンの異常発生が原因なんで、
>条件が合えば、そりゃ増えるけど、被害の規模・回数が全然違うでしょ。
>大昔から、色落ちばっかりなのか?

526ではないが。
横レス。
色落ちはノリ養殖にはつき物だったようだ。昔はバクチ草とも言われ、生産の不安定さはピカイチ。
近年は、様々な技術が導入され(冷凍網とか、酸処理剤)、比較的安定した生産量を保っている。

ちなみに、冬季有明海における植物プランクトンの増殖条件とは、日射量と小潮に伴う潮流の現象である。
この辺は佐賀水試の報告を探してみるべし。


543 :名無電力14001:04/06/01 22:34
>>536
>君の事もぜひお聞かせ願いたい。
>1.なぜ法律違反であり、植物プランクトンの発生原因である有機酸投棄を擁護する発言をするのか?

脳内闘争もほどほどにしないとイタすぎますよ。私は有機酸投棄を一切擁護してませんが。

>2.環境問題に敏感なはずなのに、有機酸問題にすりかわると、なぜつらいのか教えて下さい。

ちっともつらくありません。残念でしたね。

>3.有機酸投棄を警察に検挙、もしくは、告訴されたら、「問題ないっすよ」と言って、無実を証明できるのか?

有機酸投棄を一切擁護していません。どうやら、日本語が理解できないのではないですか?
勝手に私の主張を作り上げ、誹謗中傷をするとは、名誉毀損とみなされますよ。

544 :515:04/06/01 22:58
>>540
>なぜ、Bを否定することがAの否定になるのか、わけがわからん。教えてくれ。

「有機酸投棄が法律違反ではない。」という発言は、誰もしてない。


>また、氏は土木業者の関係者(日本○○○○研究所=○○建設株式会社の関係機関)。

ぅぉぉおい、伏字にシロ!
密告メールされたら、一発ですよ。気をつけて。

その土木業者が、干拓工事を受注した事実(ソースなしで結構)ありますか?

ワシは、江刺氏の本に載っている、海苔業界のすさまじい裏事情が、もしすべて事実であるならば、
間違いなく、有明海の異変の主犯は、有機酸投棄だと思うよ。

酸処理罪を否定する専門家だって、まさか、有機酸+殺菌剤+N+Pまで使用してたの知らないと思うよ。
水産庁ですら、「有機酸投棄→二酸化炭素と水に速やかに分解。問題なし。」とまじで思って、大昔に通達を出したんでしょ?

当時は、インターネットもなく、情報量も少なく、赤潮のメカニズムすら一部の人しか知られてなかったからね。
 

545 :名無電力14001:04/06/01 23:18
>>544
>>また、氏は土木業者の関係者(日本○○○○研究所=○○建設株式会社の関係機関)。
>
>ぅぉぉおい、伏字にシロ!
>密告メールされたら、一発ですよ。気をつけて。

ん? そんなもん、プライバシーの侵害でもなんでもないだろ。

本スレでも概出。
>>149
「江刺洋司という人の書いた「有明海はなぜ荒廃したのか」を読んだ人はいますか?
 この本、海苔の酸処理を批判するのはいいんだけど、なぜか諫干を誉めまくっている。
 人もうらやむ大事業とか圧力に耐えて成し遂げた知事はえらいとか。
 諫早干潟は泥海だから浄化能力は低く、なくなっても有明海の汚染には関係ないとか。
 それだけじゃなく、諫干に反対する人を流行に乗ってるだけとか圧力に屈したとか言いたい放題。
 ぐぐってみたら、著者が所長をしている日本樹木種子研究所というのは東興建設の付属機関のようです。
 http://www.toko-kensetsu.co.jp/pages/top.html
 斜面保護工事→斜面樹林化工法→樹木のタネはどう管理しているの…
 確認してないから偶然という可能性もあるけどね。
 もしそうだったら著者は土建屋の手先ということになる。
 東興建設には長崎営業所もあるから諫干との関係を調べるとおもしろいかも。
 地盤改良が得意みたいなので干拓にはうってつけだし。
 さらに妄想をふくらませると11月という時期に出たのも気になる。
 本当に酸処理を止めさせたいなら海苔シーズン前に出すはず。
 海苔が始まってから、しかも開門検討委の報告直前。  
 酸処理に目を向けさせて諫干反対の風潮に水を差すのが目的だったとか。
 まさか、ね…」

だそうだ。


546 :名無電力14001:04/06/01 23:20

http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=85_031
より引用

江刺洋司 えさし・ようじ

1933年仙台市生まれ。東北大学理学部生物学科卒業、同大学院博士課程修了。
東北大学農学研究所助手、同大教養部教授、理学部教授を経て、理学部に環境生
物学講座を新設し、96年退官。97年から日本樹木種子研究所長。理学博士。大学
在職中に国連のコンサルタントとして、国際植物遺伝子銀行設立や第1回地球サミ
ット(92年)草案起草に活躍。主な著書に『植物の生と死』(平凡社)などがある。


547 :515:04/06/01 23:21
スレの流れ的には、ず〜〜〜っと、「酸処理剤罪投棄は、たいしたことない」と言ってる人と、同一人物だと思いますよ。

たいしたことない→有機酸擁護になります。

548 :名無電力14001:04/06/01 23:25
>>545
>東興建設

な〜んだ。ばりばりの諫早関係企業じゃん。

http://www.doboku.pref.nagasaki.jp/keiji/johohan/rakusaturitu3.html

脳衰省諫早干拓-東興建設-日本樹木種子研究所長-江刺洋司-「有明海はなぜ荒廃したのか」

繋がったな。

549 :名無電力14001:04/06/01 23:32
基本的に実名が出て、本人が書き込みに気づき、訴えれば、名誉毀損。

裁判になれば、相手に素性がばれるし、たとえ無罪になるとしても、面倒だよ。

気をつけようぜ。

550 :名無電力14001:04/06/01 23:40
諫早(長崎)と東興建設
http://www.doboku.pref.nagasaki.jp/keiji/johohan/rakusaturitu3.html
http://www.city.shimabara.nagasaki.jp/yokan/konsaru_toroku.html
http://www.nskweb.co.jp/kbn/sikaku/nousei/nousei_doboku.htm
http://www.doboku.pref.nagasaki.jp/keiji/johohan/rakusaturitu3.html

東興建設と日本樹木種子研究所
http://www.toko-kensetsu.co.jp/pages/kouji10.html

日本樹木種子研究所と江刺洋司
http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=85_031

江刺洋司と諫早干拓
http://www.fujiwara-shoten.co.jp/book/book464.htm

551 :名無電力14001:04/06/01 23:42
>>549
>基本的に実名が出て、本人が書き込みに気づき、訴えれば、名誉毀損。
>
>裁判になれば、相手に素性がばれるし、たとえ無罪になるとしても、面倒だよ。
>
>気をつけようぜ。

ここで流れている情報は本人が流しているものしか無い。
本人が自ら流しているのに名誉毀損もプライバシー侵害もあるか?
http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=85_031

552 :名無電力14001:04/06/01 23:43
>>549
>基本的に実名が出て、本人が書き込みに気づき、訴えれば、名誉毀損。
>裁判になれば、相手に素性がばれるし、たとえ無罪になるとしても、面倒だよ。
>気をつけようぜ。

ここで流れている情報は本人が流しているものしか無い。
本人が自ら流しているのに名誉毀損もプライバシー侵害もあるか?
http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=85_031

それより、名誉毀損にもならないのに、違法だと脅迫する方こそ後々面倒だよ。
気を付けような。

553 :名無電力14001:04/06/01 23:46
>>549
>基本的に実名が出て、本人が書き込みに気づき、訴えれば、名誉毀損。
>裁判になれば、相手に素性がばれるし、たとえ無罪になるとしても、面倒だよ。
>気をつけようぜ。

ここで流れている情報は本人が流しているものしか無い。
本人が自ら流しているのに名誉毀損もプライバシー侵害もあるか?
http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=85_031

それより、名誉毀損にもならないのに、違法だと脅迫する方こそ後々面倒だよ。
気を付けような。

554 :名無電力14001:04/06/01 23:55
>諫干を誉めまくっている。

諫干をけなす事が、流行っているのか?

俺もあの本を読んだが、むしろ、干潟はかけがえのないものとして説明してる。
また、諫早干拓工事が出来てしまった以上は、「今後何ができるか?」
として、具体的な対策を提案して、「前向きな考えを持ってるな」と感じたぞ。

賠償金目当てのゴネ得は、水泡に帰すと思ワレ。


555 :名無電力14001:04/06/01 23:59
>>551
>>552
>>553

連続書き込み、大丈夫か?
震エテタリシテW


556 :名無電力14001:04/06/02 00:10
訴えた方が恥じかくからな。

ひろゆきのように、訴状を公開してもいいし
公開裁判だから傍聴人を大々的に募集してもいい。

557 :名無電力14001:04/06/02 00:42
OK!トリプルクリーーック
   
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  )  流石だな、兄者。
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i  
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV   / .| .|____
      \/       / (u ⊃ 


558 :名無電力14001:04/06/02 00:45
>>554
>俺もあの本を読んだが、むしろ、干潟はかけがえのないものとして説明してる。
>また、諫早干拓工事が出来てしまった以上は、「今後何ができるか?」
>として、具体的な対策を提案して、「前向きな考えを持ってるな」と感じたぞ。

「江刺洋司という人の書いた「有明海はなぜ荒廃したのか」を読んだ人はいますか?
 この本、海苔の酸処理を批判するのはいいんだけど、なぜか諫干を誉めまくっている。
 人もうらやむ大事業とか圧力に耐えて成し遂げた知事はえらいとか。
 諫早干潟は泥海だから浄化能力は低く、なくなっても有明海の汚染には関係ないとか。
 それだけじゃなく、諫干に反対する人を流行に乗ってるだけとか圧力に屈したとか言いたい放題。」


559 :名無電力14001:04/06/02 00:46
で、こんな繋がりらしいが、嗤えるぜ。

諫早(長崎)と東興建設
http://www.doboku.pref.nagasaki.jp/keiji/johohan/rakusaturitu3.html
http://www.city.shimabara.nagasaki.jp/yokan/konsaru_toroku.html
http://www.nskweb.co.jp/kbn/sikaku/nousei/nousei_doboku.htm
http://www.doboku.pref.nagasaki.jp/keiji/johohan/rakusaturitu3.html

東興建設と日本樹木種子研究所
http://www.toko-kensetsu.co.jp/pages/kouji10.html

日本樹木種子研究所と江刺洋司
http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=85_031

江刺洋司と諫早干拓
http://www.fujiwara-shoten.co.jp/book/book464.htm

560 :名無電力14001:04/06/02 00:54
>>556
>訴えた方が恥じかくからな。
>ひろゆきのように、訴状を公開してもいいし
>公開裁判だから傍聴人を大々的に募集してもいい。

オイ!本人が降臨しているぞ!
2chでの評判が気になるのか?(プゲラ

561 :名無電力14001:04/06/02 11:50
>>559

こんな協会があるんやね
http://www.norimen.or.jp/

562 :名無電力14001:04/06/02 16:17
>なぜか諫干を誉めまくっている。
>人もうらやむ大事業とか圧力に耐えて成し遂げた知事はえらいとか。


>>149の発言は、煽りです。
そんなこと、書いてなかったぞ。


563 :名無電力14001:04/06/02 16:57
昨年の10月18日、鈴木は記者会見をして胃がんを発表した。ところ
で、建国義勇団の銃弾入り郵便が鈴木事務所に届いたのは10月20
日。つまり、この郵便は記者会見とほぼ同時に投函されている。

 また、鈴木事務所が「被害」を受けた同じ日、河野洋平議員の自宅
にも銃弾入りの封筒が届いている。外務大臣と裏の外務大臣。共通
点は有るが正反対の二人。

胃がんを捏造して国民の同情を引き、更に被害者として扱われ、病魔
と戦うクリーンなイメージを国民に与えるよう仕組んだ狂言ではないか。

同時に被害に遭った河野議員は肝臓移植を受けながらも衆院議長を
任命されるほど周囲から信頼された政治家。狡猾な鈴木が利用した
がるのも当然だ。

ハンナン浅田は日本最大闇組織の一員。付き合いの長い鈴木も秘書時
代から裏社会と密接だ。右翼まがいなど警察よりも早く目を付け、永年か
けてズブズブに癒着した医師会の黒ヒゲ医者を動かすのも雑作ないだろう。


564 :名無電力14001:04/06/02 17:03

http://www.geocities.co.jp/HiTeens-Penguin/4538/




565 :名無電力14001:04/06/02 23:30
  ______
  | ____ /           :::::::::::::::\
  | |       / / ∧      \:::::::::::::::| ・・・え?煽りなの・・・?
  | |       |    /_ヽ        ::::::::::::::|
  | |      .|   /   \      ::::::::::::|
  | |       |          .....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |            :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___       ::::::::::::::::::::::::|


566 :名無電力14001:04/06/03 08:21
なんだこのスレ。
農水省-長崎-どか珍工作員が暴れるスレでつか?

567 :名無電力14001:04/06/03 08:23
>>547
たいしたことない→諫早湾干拓になります。

なんだ、関係者じゃねえか。どか珍引っ込んでろ。
利権に群がるウジ虫どもめ。

568 :名無電力14001:04/06/03 09:03
なんだこりゃ、業者スレか?

569 :名無電力14001:04/06/03 09:14
そのようでつ。
ここは諫干どか珍をつり上げて、その無知蒙昧ぶりを晒しあげるスレらしいでつ。

570 :名無電力14001:04/06/03 09:40

有機酸工作員、逃げの態勢に入ったか・・・!?(プゲラッチョ


571 :名無電力14001:04/06/03 13:52
推測だけならいいけど
自論を実名挙げて証拠もなしに書き込んだらマズイだろ


572 :名無電力14001:04/06/03 15:20
>>571
推測だけならいいけど
推測を実地で確認もせず本にして出版したらマズイだろ


573 :名無電力14001:04/06/03 15:41

例えば、どんな試験をすればよいのだ?

有機酸何千トン+N+P+殺菌剤を有明海に撒くわけにはいかんだろ?
ヴァカガ。

富栄養物の過剰投棄による海の異変のメカニズムは、
環境生物学の教科書的常識である。


574 :名無電力14001:04/06/03 15:48
お、ついに壊れたらしいぞ(プゲラッチョ


575 :名無電力14001:04/06/03 15:49
有機酸投棄は問題ないって発表した研究所の専門家は、いるんですか?

576 :名無電力14001:04/06/03 15:52
いるわけないだろ。
脳内仮想敵を作り上げ、これを粉砕することに生き甲斐を覚えるような
キ○ガイを相手にしても、君の人生が無駄になるだけ。

577 :名無電力14001:04/06/03 16:01
>>548

内容がたとえ事実でも名誉棄損罪(刑法230条)は成立します。

何か言い残す事ある?



578 :名無電力14001:04/06/03 16:13
>有機酸投棄は問題ないって発表した研究所の専門家は、いるんですか?

水産系の試験研究機関は、一緒になって有機酸の使用を奨励してきた立場なのです。
水試でも大学でも漁業者の協力がないとやっていけない。
漁業者と反目して何が水試か、水産学部か、というわけ。
で、有明海のようにノリ養殖が盛んな海では、当然ノリ養殖業者の機嫌を損ねるわけにはいかない。
一部ノリ漁業者と対立している漁業者と一緒に活動している人もいるみたいだけど、表立って酸の批判はしていない。
全てを明らかにすると反響が大きすぎるから、あえて触れないのでは。


579 :名無電力14001:04/06/03 16:58
なんか、電波がやってきているようだが。

>>富栄養物の過剰投棄による海の異変のメカニズムは、
>>環境生物学の教科書的常識である。

教科書的と言うからには、それを証明した 調 査 結 果 を示せ。


580 :名無電力14001:04/06/03 17:02
>>578
誤爆か?
「有機酸投棄は”問題ないって”発表した研究所の専門家」
だぞ。

実際の所、有害性はあるが、回収中和を前提とし、ノリ養殖における有益性に
鑑みて黙認しているというのが大勢の実情だろう。


581 :名無電力14001:04/06/03 17:05
>>577
また、法律厨が来たな。
ちなみに、

名誉毀損罪には以下のハードルがあるのだが、クリヤーできるのか?(W

・江刺洋司本人あるいは法定代理人でなければ告訴することはできない。
・江刺洋司については、執筆活動により対価を得ている人物であり、”公人”である。
・刑法230条の2は、名誉毀損罪に該当しても、それが公共の利害に関係することであ
り事実(真実)であれば、違法性はないとしている。これは、”公共の利益”を目的と
して正当な理由があるとき、真実をいう権利は名誉を毀損する表現でも、”表現の自由”
として保護しようとするものである。



582 :580:04/06/03 17:09
おっと、オレも誤爆を。

実際の所、有害性はあるが、回収中和を前提とし、ノリ養殖における有益性に
鑑みて黙認しているというのが大勢の実情だろう。

↓修正

実際の所、有害性はあるが、回収中和を前提とし、ノリ養殖における有益性に
鑑みて「有機酸使用を」黙認しているというのが大勢の実情だろう。


583 :名無電力14001:04/06/03 17:37
>>581
230条の2を読めw

マジレすすまん


584 :名無電力14001:04/06/03 17:42

>黙認しているというのが

黙認だろうか?果たして・・・。
たしか、酸処理罪の箱に「水産試験場の指導に従ってください」って書いてなかった?


585 :名無電力14001:04/06/03 18:32
そんなの単なるアリバイ作り、現実には回収中和なんてしてネーだろ。

586 :580:04/06/03 19:09
>>583
>230条の2を読めw
>マジレすすまん
要するにこれだろ。

名誉の侵害が免責される条件
 名誉の侵害が免責される条件は、免責事由あるいは違法性阻却条件と呼ばれ、民事訴訟の最高裁判例
として次のものが非常に重要視される。
『民法上の不法行為たる名誉毀損行為については、その行為が公共の利害に関する事実に係り、もっぱ
ら公益を図る目的に出た場合には、摘示された事実が真実であることが証明されたときは、右行為には
違法性がなく、不法行為は成立しないものと解するのが相当であり、もし右事実が真実であることが証
明されなくとも、その行為者においてその事実を真実と信ずるについて相当の理由があるときには、右
行為には故意もしくは過失がなく、結局、不法行為は成立しないものと解するのが相当である。』
(1961.6.23最高裁第一小法廷判決より)

587 :580:04/06/03 19:11
>>584
>>黙認しているというのが
>黙認だろうか?果たして・・・。
>たしか、酸処理罪の箱に「水産試験場の指導に従ってください」って書いてなかった?

水産庁の指導には、回収しろと書いてなかったか?


588 :名無電力14001:04/06/03 19:20
回収率なんて、0.1%位だからね。

そして、中和しても無駄なのに、それすら勉強してない「博士」もいる。

有機酸の擁護発言をする人って、文章からして、今まで奨励してきた専門家なんだろうなぁ・・・。


589 :579:04/06/03 19:20
>富栄養物の過剰投棄による海の異変のメカニズムは、
>環境生物学の教科書的常識である。

通常教科書的常識のようなものは、

1.研究者の仮説

2.調査研究を通じた検証

3.学会等への発表

4.他の研究者による追試検証

5.定説

と言う流れによって形成される。

で有機酸の使用により海の異変が引き起こされたとする説は何時何処どのように
調査研究がなされ、学会に発表されたのか。これを提示しないことにはどうも2
と4という面倒なところを飛ばして仮説からいきなり定説をでっち上げているよう
にしか見なされない。

590 :名無電力14001:04/06/03 19:34
>>588
>回収率なんて、0.1%位だからね。
>そして、中和しても無駄なのに、それすら勉強してない「博士」もいる。
>有機酸の擁護発言をする人って、文章からして、今まで奨励してきた専門家なんだろうなぁ・・・。

有機酸の擁護発言って、だれも擁護していないが。
それよりも、このスレは諫早湾スレ。諫早湾について語れ。

591 :名無電力14001:04/06/03 19:49

過去スレ読め。
有機酸+栄養塩で植物プランクトンは、爆発的に増やすことが可能であると、その道では一般に知られているそうだ。

本来は、海洋汚染防止法により、異変のメカニズムを実証する前に、タイーホですw

そんな当たり前のことを学会で発表する恥ずかしいヤシは、いない。

592 :名無電力14001:04/06/03 19:56
>>573
>有機酸何千トン+N+P+殺菌剤を有明海に撒くわけにはいかんだろ?
>ヴァカガ。

おい!お前オレのことをバカと呼んでくれたな。お前のような汚らしい文
章を書く奴はバカだのアホだの○○だのと、大概のことは名誉”毀損”にはな
りそうにないな。喜ばしいことだ。

ま、お前のような想像力のないバカをただ放置していると、本当にバカばっかり
と言うことになるから、ちょっとだけヒントをやろう。

・貧酸素水塊の形成時期と酸処理剤の使用時期、酸処理剤の分解速度を調べろ。
・貧酸素水塊の形成海域と、ノリ漁場の分布を重ね合わせ、関連性を調べろ。

酸処理剤使用により貧酸素が誘発され、異変が起きたというなら、上記の時間と場所は
ほぼ一致するはずだ。

593 :名無電力14001:04/06/03 19:59
>>591
水質汚濁防止法だろ? (ry

594 :名無電力14001:04/06/03 20:00
>>591
ちなみに、有機酸の使用は適法です。

595 :名無電力14001:04/06/03 20:02

     ∧∧  ミ _ ドスッ
     (   ,,)┌─┴┴─┐
    /   つ. 諌早農場│
  〜′ /´ └─┬┬─┘
   ∪ ∪      ││ _ε3
            ゛゛'゛'゛



596 :名無電力14001:04/06/03 20:09
>>591
>そんな当たり前のことを学会で発表する恥ずかしいヤシは、いない。

知ったかぶりはイタイタしいぞ。
有機酸使用が有明海異変の主要因であるということは自明でもなんでもない。


597 :名無電力14001:04/06/03 20:15
>>595 >>591 >>588 >>585 >>573 >>565

598 :名無電力14001:04/06/03 20:19
>>590
どうせ流れは変わらないだろうが小ネタを一つ。
九州ローカルかもしれんが5月30日深夜に朝日系で放送された「海が開かれる日」。
朝日だけに内容は偏っていたが、その中で諫干のアセスメントの捏造を紹介していた。
元の報告書で諫早湾外の漁業にも影響があると書かれていた部分が、完成版では影響なしと書き換えられていたそうな。
情報公開で両方の文書を手に入れて比較していたので、いくら朝日でも間違いなかろう。
関係した学者の証言も得ていたし。
そして案の定影響はあった。
なお、元の報告書が出たのは1977年、酸処理開始前。
バカ工作員が言いそうな「酸の影響を隠すための捏造」はありえない。

599 :名無電力14001:04/06/03 20:38
>>598
その話はオレも聞いたことがある。
これはソースを手元に持たないので噂と取って欲しいが、当初は有明海全体を
アセスの対象にしていたが、最終的には諫早湾内だけのアセスと言うことにし
て、影響は最小限とか。
佐賀県かどこかのアセスでは明確に影響有りとなっていたとかいろいろ
あったらしい。

600 :名無電力14001:04/06/03 21:15
改竄アセスはこれか?

http://www.h5.dion.ne.jp/~n-ariake/jigyonaiyo/mondaiten.htm

601 :573:04/06/03 21:24
>>592

>上記の時間と場所は
>ほぼ一致するはずだ。

( ゚д゚)ポカーン


602 :名無電力14001:04/06/03 21:36
諫早干拓はできあがっても、タダでは済まない、

水質保全のための事業計画。
・COD5mg以下、全窒素1mg以下対策
・農業集落排水施設や家畜糞尿処理施設などの整備
・干拓地の汚濁負荷削減対策
・調整池の浄化対策(底泥の浚渫、巻上げ抑制対策、水草の除去)

先例
1959年、農水省は、岡山県に約1100haの児島湖を造成。
水質の悪化が年々進み、最近の15年間で4500億円(年平均300億円)
もの莫大なお金を投入。

ということだそうだ。
業者にはたまらん金づる。長崎県民と国民から税金を吸い取るストロー
が諫干というわけか。

603 :579:04/06/03 21:37
返事がないぞ。
それとも、認めるのか?
仮説 → 論理の飛躍 → 定説捏造

604 :名無電力14001:04/06/03 21:49
2003年2月21日
                    荒巻 弘吉
植物プランクトンの増殖時期は、海苔養殖のシーズンが終わりに近づく
春先であるのが通例でした。しかし、ここ数年、その時期が早まったと
多くの漁業者が感じています。これは、海に出る者ならば、誰でも実感
できることです。

それらの異変に伴って、魚や貝の漁獲も減少し始めました。アゲマキや
タイラギといった有明海の特産物は、わずか数年の間に、ほとんど見ら
れなくなるほど減ってしまいました。

これらの異変は、長崎県の諫早湾で潮受け堤防を閉め切った平成9年4
月以降に顕著になりました。

平成9年に潮受け堤防が閉め切られてからは、赤潮が発生する回数が増
え、しかも一度発生すると、長期間居座るようになりました。
さらに問題なのは、潮受け堤防の外側の諫早湾で、有明海のどこよりも
多くのプランクトンが、しばしば発生することです。

605 :名無電力14001:04/06/03 21:50
>>602
>>水質保全のための事業計画。
そんなもの、なにもせずに干潟を残しておけば、自然に浄化してくれていた。
しかも浄化分の一部は魚介藻類に姿を変え、我々の食物となっていた。
無理に無理を重ね、無駄遣いを続けなくてもねえ。ふぅ。

606 :鎮魂歌:04/06/03 22:41
意見陳述書要約1

2003年5月9日
                西川 幸久
私は,昭和28年12月27日,熊本県荒尾市に生まれました。
私が子供のころ,有明海ではそれはたくさんの魚がとれました。たこ,いか,
エビ,それらがそれこそ山のようにとれました。あまりに取れ高が多いので,
小学校3年生の私までとれた魚を魚市場に運ぶのにかりだされ,私は,毎日毎
日,朝の4時から起こされて,父がとってきた魚をせっせと魚市場に運びまし
た。

そのころの有明海は,それはきれいでした。海底には美しい砂地が広がり,ヘ
ドロなどは全くなく,アサリは波打ち際から沖の方までびっしりと立っており,
堤防の上から投げ釣りをすれば,「ぐち」とか「せご(スズキの小さなもの)」
などが入れ食いで釣れていました。
岩場に潜れば,色鮮やかなサンゴやイソギンチャクなどがまるで菊の花のよう
に咲き乱れていました。あの美しさは,潜ったことのある者でなければ分かり
ません。私たちは,そのあまりの美しさに,イソギンチャクなどを「瀬の花」
と呼んでいました。


607 :鎮魂歌:04/06/03 22:43
意見陳述書要約2
2003年5月9日
                西川 幸久

ところが,20年くらい前,熊本新港ができたころから有明海の海底にヘドロ
がたまるようになり,有明海の汚れが目に付くようになりました。最初に異変
が起こったのはタイラギです。タイラギの斃死が3年から4年続き,そのため
にタイラギは7年から8年くらい休漁になりました。次に,エビが減ってきま
した。

アサリは平成8年くらいまではとれていましたが,平成9年ころから激減し,
全く採算が合わなくなりました。くちぞこは平成8年くらいから漁をしていま
せん。漁場はとりたてて変わった様子はなかったのですが,肝心の魚がまった
くいなくなってしまったのです。

今振り返ると,アサリがとれなくなった平成9年ころには,アサリの住みかで
ある砂干潟の上に10センチくらいのヘドロが溜まっていました。


608 :鎮魂歌:04/06/03 22:43
意見陳述書要約3

2003年5月9日
                西川 幸久
海の異変ということであれば,平成9年(1997年4月)にあのギロチンが
落ちた後,平成10年から平成11年にかけて,潮の流れが遅くなったことを覚
えています。潮当たりが弱くなり,それまではうっかりしていれば潜水士は潮流
に流されていたのが,ほとんど潮の流れを感じなくなりました。
平成9年までは,潮の流れが特に早いときは海底の泥が巻き上げられて視界がほ
とんどなくなってしまうので,「潮待ち」といって潮の流れが遅くなるまで待っ
たものでしたが,平成11年以後は,潮待ちをすることはなくなりました。

そして,平成11年から海中にプランクトンが異常に増えてきました。海中にき
らきらしたものが見え始め,海が白く濁るようになりました。潮の満ち引きが入
れ替わるとき,潮止まりと言って一時的に潮流がなくなる時間帯があるのですが
,この時には,この白く,きらきらしたプランクトンが海底に7〜8センチも積
もるようになりました。
しかし,これほど大量のプランクトンが海底に積もるようになったのは平成11
年以後のことで,平成10年以前にそのような大量のプランクトンを見た覚えは
ありません。 ところが,平成11年以後は,大量のプランクトンが海底に積もる
のが普通のことになってしまったのです。


609 :名無電力14001:04/06/03 22:52

原因を探したり、人をけなしたりするよりも、これからどうするかが大切だと思
う ...



610 :鎮魂歌:04/06/03 23:07
>>609
>原因を探したり、人をけなしたりするよりも、これからどうするかが大切だと思
>う ...

原因を特定し、それが社会の共通認識とならなければ、これからどうするかという
正しい道筋も出てこないと思う。場当たり小手先政策が次々に出てくるだけで、
有明海は今のままどんどん悪くなる。

611 :名無電力14001:04/06/04 09:00
>>鎮魂歌
>原因を特定し、それが社会の共通認識とならなければ、これからどうするかという
>正しい道筋も出てこないと思う。

それが誰もできないから、泥沼にはまってると思う。


612 :名無電力14001:04/06/04 09:21

漁民達は、海の番人だ。

しかし一方で、知らないと言えども、有機酸投棄をしていたことも事実。

有明海異変にいたる科学的経緯を漁民が理解できないままに、巨悪の根源が諌早干拓であるかのようになったのは、不幸なことである。


613 :名無電力14001:04/06/04 19:21
土木業者達は、創造の担い手だ。

しかし一方で、生活のためと言えども、公共事業に寄生してきたことも事実。

有明海異変にいたる科学的経緯を土木業者が隠蔽したいがために、巨悪の根源が有機酸であるかのように言いだしたのは、不幸なことである。

614 :612:04/06/04 23:30
>>有機酸投棄 擁護派へ

言っておくが、私は、土木業者ではない。

そもそも土木業者が、2chで工作するほど、政治力がないのだろうか?

私は、本当に有明海が良くなってほしいと考えて発言してるだけです。


615 :名無電力14001:04/06/05 00:56
有明海に手付かずの自然なんて元々無いんだから、あんまり気にスンナ。

616 :名無電力14001 :04/06/05 07:53
こういう奴らが有明海を駄目にする。

617 :名無電力14001 :04/06/05 08:00
>>612
>漁民達は、海の番人だ。
>しかし一方で、知らないと言えども、有機酸投棄をしていたことも事実。
>有明海異変にいたる科学的経緯を漁民が理解できないままに、巨悪の根源が諌早干拓であるかのようになったのは、不幸なことである。

何もわかっていないな。自然科学系において、科学者がわかっていることはまだあまりにも少ない。
毎日海に出て、人生をかけてきた漁師の方が、そこらの科学者よりも遙かに海のことを知っている。
自然科学においては、現場に数多く出て行き、観察することが自然を理解する上で必須であるからだ。
実績を上げてきた自然科学者ほど言っている。
「科学が明らかにしてきたことは、漁師たちの知恵、知識に比べてあまりにも少ない」

618 :名無電力14001:04/06/05 08:07
漁師と本音で話すと、「クスリ、やばいかも」って言うよ。

ヤバイと分かっても、表立っていえない状況になってるよ。すでに・・・。

裁判?の意見書よりも、本音で話してみてチョ。

619 :618:04/06/05 08:25
続き

おっと、陸で加工する専門の漁師は、海を毎日見てないので、意外と分からない高名な漁師も多い。

余談ですけど、有機酸使用が徹底された頃から、全国のノリ産地で、有明海の様な色落ち被害が見られます。

ノリの歴史始まって以来の、有機酸投棄による植物プランクトンの大発生です。


620 :名無電力14001:04/06/05 09:49

環境省のHPから、「有明海・八代海総合調査評価委員会」の議事録を読んだ。

要約すると、「酸の環境負荷量(COD、N、P)は、有明海全体の負荷量(1年間)からしたら、僅かなので、たいした事じゃない。」
と、始めから法律違反の有機酸投棄を「問題なし」という方向付けをしようと、必死に説明する委員がいるという事が分かった。

これでは、工場排水に何千万円も設備投資して、環境負荷物質を除去している製造業達は怒るぞ!

全国での殺人事件の数は多いが、今回の殺人事件はスルーでOKと同じ意味だ。


621 :名無電力14001:04/06/05 10:22

その法律違反な論理を、有機酸投棄 擁護派が、必死に言ってたね。

関係者だね。こりゃ・・・。



622 :名無電力14001 :04/06/05 15:45
>>619
は煽りでつ。植物プランクトンは全国的にづっと減少傾向でつ。

623 :名無電力14001 :04/06/05 15:47
>>621
有機酸使用は適法ですが。
なお、諫早堤内の水質汚染は明らかに水質基準を満たしていませんが、なにか?

624 :名無電力14001 :04/06/05 15:48
>>620
>これでは、工場排水に何千万円も設備投資して、環境負荷物質を除去している製造業達は怒るぞ!

塩酸製造業関係者か?
塩酸流すなよ、水質汚濁防止法違反だぞ(プゲラ

625 :名無電力14001:04/06/05 16:12
>有機酸使用は適法ですが。

投棄は違法。


626 :名無電力14001:04/06/05 16:25
塩酸で処理して水酸化ナトリウムで中和。
これでできるのは塩。
HCL+NaOH=NaCL
小学校5年生のとき習った。
何の問題もないはず。


627 :名無電力14001:04/06/05 16:57
>>614
>>>>有機酸投棄 擁護派へ
ここで有機酸擁護的な発言をしている人の多くは、江刺氏の主張する
「有機酸投棄が有明海荒廃の主因である」という説に疑問を持っているのであり、
「投棄は違法ではない」「投棄は有明海荒廃と無関係」とは言ってない。
有明海荒廃の全責任がなければ、有機酸の投棄を止めさせられないのか?
投棄が法律違反、環境汚染であることを指摘しさえすればよい。
江刺説が真実ならばアピール効果はあると思うが、仮説と真実は別物。
ただし漁業者による投棄、行政の怠慢といった事実を世に問うことには賛成。
その点についてのみ、江刺氏の著作は価値があったと思う。
有機酸擁護派≠有機酸投棄擁護派ということはお忘れなく。
投棄擁護派が紛れ込んでいる可能性は否定しないがね。

628 :名無電力14001:04/06/05 16:58
>>614
>>言っておくが、私は、土木業者ではない。
江刺説を少しでも否定すれば「酸の業者」呼ばわりだがな。
「有機酸投棄は環境破壊の犯罪」これは事実だろう。
「諫干だけが有明海荒廃の原因ではない」これも事実だろう。
しかし「有明海荒廃の主因は有機酸投棄、諫干は無関係」これはいくら何でも暴言だろう。
諫干により2900haもの広大な干潟が失われ、特産種を含む多くの生物が殺されたのは事実。
これが有明海の環境破壊でなくて何なのか?
江刺説の流布で得をするのは誰か。
諫干関係者か漁業者に恨みのある人間しか思いつかない。
両方に該当するのは農水省職員か土木業者というところか。

629 :名無電力14001 :04/06/05 20:22
>>626
>塩酸で処理して水酸化ナトリウムで中和。
>これでできるのは塩。
>HCL+NaOH=NaCL
>小学校5年生のとき習った。
>何の問題もないはず。

机上の空論。有機酸投棄を抑止できないのに塩酸は投棄されないと思っている厨房。

630 :名無電力14001 :04/06/05 20:24
中学生はちゃんと勉強しろよ。


631 :名無電力14001 :04/06/05 20:31
>>627
>ここで有機酸擁護的な発言をしている人の多くは、江刺氏の主張する
>「有機酸投棄が有明海荒廃の主因である」という説に疑問を持っているのであり、
>「投棄は違法ではない」「投棄は有明海荒廃と無関係」とは言ってない。
>有明海荒廃の全責任がなければ、有機酸の投棄を止めさせられないのか?
>投棄が法律違反、環境汚染であることを指摘しさえすればよい。

彼らはここに投棄擁護派という仮想敵を作り出して脳内闘争を行っている最中なのでつ。
彼らに現実を説いたところで、聞く耳は無いようでつ。
それどころか、自分たちを夢の世界から引きずり出そうとする輩として、逆切れしまつ。
誠に始末に困る奴らでつ。

632 :名無電力14001:04/06/05 21:03
>>631

いろんな意見があってもいいのではないか?


633 :名無電力14001:04/06/05 21:26
>>629〜631 ←同一人物

塩酸を水中に入れると、H+とCl-になります。
こんなものpHの問題を別にすれば海水中に元から腐るほどあります。

面白い話を一つ。
海水を直接電気分解して発生した水で、自然に優しい海苔の酸処理方法を、水産庁?に提案して補助を受けて研究している団体があると聞いたことがあるが、
電気分解して発生する化学物質の正体は、「塩酸」なんだ・・・。

直接、海に投棄しても、塩酸なら環境負荷はものすごく少ないはず。

これも聞いた話だが、家庭用の洗剤の世界も、昔は有機物を使用していたが、環境に悪いということで、無機物が主体らしい。


634 :名無電力14001:04/06/05 21:48
>>620 >>621
それはひどい!
諫早湾は有明海全体の面積の2%しかないから干拓の影響はない、
とかいう妄説と同じくらいひどい。

635 :名無電力14001:04/06/05 21:49
>>633
>>直接、海に投棄しても、塩酸なら環境負荷はものすごく少ないはず。

海洋汚染防止法は?

636 :名無電力14001:04/06/05 21:55
>>633
>>電気分解して発生する化学物質の正体は、「塩酸」なんだ・・・。

次亜塩素酸じゃなかったっけ?

637 :名無電力14001:04/06/05 23:57
>>633
海水中に元から腐るほどあります。

腐るほどとは?

638 :名無電力14001 :04/06/06 00:08
>>633
>直接、海に投棄しても、塩酸なら環境負荷はものすごく少ないはず。

プゲラッチョ

こいつら、塩酸なら投棄しても良いと主張していまつ。
ここに””DQN認定証””を発行いたしまつ。


639 :名無電力14001 :04/06/06 00:11
なんと、有機酸厨の正体は、高校生程度の理科の常識もわきまえない厨房でありました。
こんなところで遊んでないで、子供はちゃんと勉強しろよぉ〜。
ネットばかりやっていると変に「元気」な奴になるぞぉ。

640 :名無電力14001 :04/06/06 00:15
いや〜驚きましたな。
投棄擁護派を攻撃する奴らの正体は、なんと「投棄推進派」だったのです。


641 :614:04/06/06 00:32
>>627

>有明海荒廃の主因は有機酸投棄、諫干は無関係


さすがに「無関係」とは江刺氏の本に書いてなかったです。

むしろ、干潟の浄化メカニズムも科学的に詳しく書いてあった。

本の内容は、ほとんどが酸処理剤投棄がいかに危険であるかを、ネット情報でも得がたい細胞生理学の見地から説明していた。

内部資料盛りだくさんで、もし本に書いてある海苔業界の身の毛もよだつ恐ろしい情報が、100%正しいとしたら、わたしは、有機酸投棄が有明海異変の主因と感じた。


642 :名無電力14001 :04/06/06 01:27
その割には、間違えてばかりだな。
先生が悪いのか、弟子が悪いのか。


643 :名無電力14001 :04/06/06 01:58
>>641
>さすがに「無関係」とは江刺氏の本に書いてなかったです。

関係があるとも書いていなかったのでは?

>むしろ、干潟の浄化メカニズムも科学的に詳しく書いてあった。
>本の内容は、ほとんどが酸処理剤投棄がいかに危険であるかを、ネット情報でも得がたい
細胞生理学の見地から説明していた。

そしてその説明が、このスレでも反証されてきたわけだが。ちなみに、諫早湾干拓の影響に
ついてはあまり書いていなかったようだな。都合の良いことだけを、とりあげて、都合の悪
いことは素知らぬふり。そうして他人を誘導する輩を扇動主義者というのだが。

>内部資料盛りだくさんで、もし本に書いてある海苔業界の身の毛もよだつ恐ろしい情報が、
100%正しいとしたら、わたしは、有機酸投棄が有明海異変の主因と感じた。

「正しいとしたら」→ 「有機酸投棄が有明海異変の主因」かよ。
正しいかどうかも自ら判断できず、根拠薄弱にもかかわらず、他人を誹謗中傷するとは、人
間性が伺われる。ほとんど、首切り女子小学生を「元気」と表する輩と同じレベルだな。

「100%正しいとしたら」
1%でも間違っていたら、信じないのか? そろそろ、自分の単純さに気が付いてみてはど
うかね。

何はともあれ、”酸投棄推進派”だからな。おまえらの投げた言葉を今返してやるよ。

・酸投棄は、国際法違反です。君はアホです。ワッハッハ!!
・酸って水質汚濁防止法に規定されている。また、ここでの書き込み自体が、幇助罪に適用され
るよ。酸投棄を、堂々と推奨してんだから。一応、通報しました。なめんなよぉぉ!!
・海苔船ならいくら投棄しても、問題ないって開き直るから、有明海はおかしくなったんだよ。恥を知れ!
・海洋汚染防止法違反でマスコミに運動起こしてやるから覚悟しとけよぉぉぉぉ〜〜!!


644 :名無電力14001:04/06/06 07:53

謎のプヨプヨ 消えたらしい
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040601-00000075-nnp-kyu


645 :名無電力14001:04/06/06 08:26
>>641
>>むしろ、干潟の浄化メカニズムも科学的に詳しく書いてあった。

干潟の浄化能力が海底に届く太陽光の量で決まるというアレか?
浄化は「光合成による栄養塩の除去」だけではない。
プランクトン、ベントス、バクテリア、浮泥、潮汐、負荷量等様々な要素が絡み合った複雑なものだ。
愛知県で詳しく調べているが、年によって値が大きく違うらしい。
太陽光説は、「泥海で低く見積もる」「ベントスの働きを無視」という、諫干正当化に都合のよい理論にしか見えなかったがね。

646 :名無電力14001:04/06/06 08:31
横レススマソ

電気分解で出来た強酸性水なら、例え塩酸でも幾ら投棄しようが、全然法律違反でないよ。

647 :名無電力14001:04/06/06 08:37
>>641
>>さすがに「無関係」とは江刺氏の本に書いてなかったです。

「有明海はなぜ荒廃したのか」には「諫早干拓は有明海荒廃とは無縁と言える」という章がありますが何か?

648 :名無電力14001 :04/06/06 09:17
>>646
>横レススマソ
>電気分解で出来た強酸性水なら、例え塩酸でも幾ら投棄しようが、全然法律違反でないよ。

でたよ。まともに書き込め。塩酸を中和してから捨てればとか隠し前提が付いているんだろ。
日本語能力がないのか? 実社会を知らない厨房は社会勉強に勤しんできなさい。
そんなもの全漁民が適切に処理して廃棄するよう誰が監視するんだ。


649 :名無電力14001 :04/06/06 09:27
>>646
>電気分解で出来た強酸性水なら、例え塩酸でも幾ら投棄しようが、全然法律違反でないよ。

これが奴らの正体。塩酸製造会社関係者か? 

650 :名無電力14001 :04/06/06 09:32
>>645
>干潟の浄化能力が海底に届く太陽光の量で決まるというアレか?

ププ。そんなこと書いてあったのか。おれもあんな奴に印税払うのはあほらしいと
思って買い控えていたが(書店にも並んでいないし)、早速注文してきた。
きっとつっこみ所満載だな。

651 :名無電力14001:04/06/06 09:49
>>648
>まともに書き込め。

スマソ。有隔膜電解のことです。+極にHCL、HCLO、−極にNaOHが発生。

海水にNaOHを捨てれば、おk。環境負荷ゼロです。




652 :名無電力14001 :04/06/06 09:58
塩酸データシート。
http://www.jsia.gr.jp/pdf/HCL.pdf

653 :名無電力14001 :04/06/06 10:00
>>644
>謎のプヨプヨ 消えたらしい
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040601-00000075-nnp-kyu

こういう話もある。真偽は如何に。
http://nonki.cside5.com/isahaya/seifu/isproblem14.html
今回の大量の浮遊物は、まず諫早湾口で発見され、これにより漁業被害が出てい
るとの長崎県の通報を受け、五月七日には海上保安庁の巡視艇が出動し、湾口部
に帯状に広がる浮遊物を確認している。次いで島原半島沖でも浮遊物が確認され
ており、潮の流れから考えて諫早湾から発生したのではないかと考えられる。
浮遊物が発生する直前の本年四月二十七日から四月三十日までの四日間に、調整
池から南北両排水門を合わせて合計千百八十万m3もの排水が行われている。

654 :名無電力14001 :04/06/06 10:02
>>651
>スマソ。有隔膜電解のことです。+極にHCL、HCLO、‐極にNaOHが発生。
>海水にNaOHを捨てれば、おk。環境負荷ゼロです。

書き込み紛らわしいぞ。それでは塩酸”投棄”OKではないだろうが。
で、一隻当たり幾らの投資が必要なんだ?

655 :名無電力14001 :04/06/06 10:04
>>653

ノリの漁期が完全に終わるのを待って、排水したと言うことはないのか?
諫干の排水運用状況をキボンヌ

656 :名無電力14001 :04/06/06 10:20
以下のプールでの使用実績?では設置工事費50-100万円とか。
http://www.hokkaidenki.co.jp/acs/hikaku.htm

ただ、船の場合物理的に構造が複雑になるので、専用船を建造する必要があるな。
海苔事業者が2000名いたとして、一隻1000万円かかるとすると
200億円か。長崎辺りに発注すれば、長崎県も態度をころりと変えるんじゃないか。
もちろん出資者は農水省。



657 :名無電力14001:04/06/06 10:59
それなら、別に船に乗せなくても、港にプラント作れば?

製造した強酸性イオン水(HCL+HCLO)を箱詰めして、県が管理すれば、ウマ━(゚д゚)━━

余ったNaOHは、別タンクから海水へ投棄!もしくは、船の掃除に使って、ピカピカ!


658 :名無電力14001 :04/06/06 12:30
オイ!
投棄は駄目に決まってるだろうが!
こういう奴が漁協にいたりするとどんなに良いシステムでも
根底から崩れてしまうんだよな。

第一今でも回収できていないのに、回収率が上がるかどうか全く不明。

水酸化ナトリウムは、天ぷら油などに反応させて石けんにするのが良いな。
で、各漁業者家庭に激安で配布し、合成洗剤を追放→河川海域環境の向上。

659 :名無電力14001:04/06/06 17:59
>>650
>書店にも並んでいないし

あたくしもなかなか売ってないなー、と思っていたら、
意外なところで平積みにされているのを発見しました。
そ れ は 農 水 省 地 下 売 店。

660 :名無電力14001:04/06/06 20:47
アングラな本ですなー

661 :名無電力14001 :04/06/06 23:49
>>659
>あたくしもなかなか売ってないなー、と思っていたら、
>意外なところで平積みにされているのを発見しました。
>そ れ は 農 水 省 地 下 売 店。

なるほど、宣伝紙だったわけですか。

662 :名無電力14001 :04/06/07 08:17
>>661
>宣伝紙
農水省官僚が自らの良心を封殺すべく、日夜精読する洗脳本。
「有明海はなぜ荒廃したのか」

663 :名無電力14001:04/06/07 10:05
農水省(水産庁)の悪口ばっかりの本なんですけど・・・。

664 :名無電力14001:04/06/07 19:24
>>663

力関係は、農水省>>>水産庁。
特に、土木関係部署>>>(越えられない壁)>>>養殖関係部署。
俺は農水省が土木部署を守るため身内の水産庁を切り捨てたと見たね。
なにしろ、諫干−長崎県、海苔−水産庁の関係は出てくるけど、両方の親玉
農水省の事はほとんど出てこない。
この内容で農水省の存在が希薄なのはちょっと不自然じゃないか?
また、しきりに海苔業界の圧力や陰謀を強調するのも怪しい。
無いとは言わないが、土木業界と比べれば弱いものだろう。
>>548じゃないけど、やっぱり著者と農水省にはつながりがあると思うな。

665 :名無電力14001:04/06/08 01:02
ttp://www.pref.nagasaki.jp/isakan/old/old-frame.html

長崎県の諫早干拓に対する考え。↑

666 :名無電力14001 :04/06/08 07:35
>>665
長崎県も平地がない所だからなぁ。
干拓に対する執念はもはや怨念に近い。
ここは佐賀-長崎当たりを一つの県にまとめると
丁度バランスが取れて良いのかもしれない。
将来的には九州を一つにまとめ、道州制の導入。


667 :名無電力14001:04/06/08 19:22

いろいろな優秀な研究家が、有明海異変のプロセスを明かそうと必死に努力している。

・・・が、酸処理剤の投棄に関しては、ほとんど回収されているものとして、誤った報告を受けているので、

未来永劫、本当の答えなんて出せるわけない。



668 :名無電力14001 :04/06/09 01:06
ぷぷ。
自分だけが知っていると思っている、自意識過剰厨発見。

669 :素人なもんで〜:04/06/09 05:05
「ベントス」って何ですか?
グルグルして見たけど、専門的すぎてヨク分からんです。
教えてください、よかったら。


670 :名無電力14001 :04/06/09 09:11
>>669
>「ベントス」って何ですか?

http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=2414

671 :名無電力14001:04/06/09 19:25
>>667

君たちもしぶといなあ。
有明海に関わっている研究者なら、大抵投棄の事実は知っているよ。
皆諫干の方が問題だと思っているから酸は後回しにしているのに他ならない。
中には漁業者や市民団体に迎合している研究者もいるかもしれないがね。
江刺氏の本も、もう少しマシな書き方なら一石を投じたかも知れないが、
・状況証拠だけから導かれ科学的に実証されていない仮説
・海洋環境や海苔養殖に関する初歩的なミスや誤解の連発
・海苔業界に関するゴシップ、推測、妄想を裏も取らずに記載
とまあ、科学者と言うよりも頭の悪いジャーナリストが書いたような本なので、
「優秀な」研究者が読んでも信じる前にまず笑うだろうな。
せめて有機酸の添加によるプランクトン増殖効果を室内試験で確認してデータを
載せるくらいのことをすれば、少しは説得力もあっただろうにねぇ。

つーか、いいかげん諫干について語ろうや。

672 :名無電力14001:04/06/09 19:42
>>671

江刺氏の本によると、有明海の異変を探る委員会のメンバーが、「ある企業(酸処理剤?)と結託していると思える有力委員」

って書いてあったけど、これも妄想だよね。

673 :名無電力14001 :04/06/09 23:30
>>672
>江刺氏の本によると、有明海の異変を探る委員会のメンバーが、「ある企業(酸処理剤?)と結託していると思える有力委員」

妄想でなければ、実名を晒すだろ。公共の利益になるんだからさ。
出せないのは、裏を取っていないから。妄想でものを書いているからじゃないのか。

674 :名無電力14001:04/06/10 07:27
>>672

>出せないのは、裏を取っていないから。

煽らないで・・・

675 :名無電力14001 :04/06/10 22:51
本が届いたよ。
もう、あれだね。脳内闘争を繰り広げる2ちゃんネラーも真っ青。
なんか、オレも自信出てきちゃったよ。
こんな奴でも生きていけるのかってね。
ひたすら、仮定、仮説、妄想、推測、推定、誤認、誤解の連発。

呆 れ て し ま っ た よ。

いやね、逆にこれ全部裏取っておけば、凄い本だったと思うね。
是非とも、今からでも死ぬ気で日々研究に打ち込んで名誉回復
に努めて頂きたいものだ。

676 :名無電力14001:04/06/10 22:57
>>675

よっぽどつらかったんだね。よしよしw

677 :名無電力14001 :04/06/10 23:00
ある意味金字塔だからな(w

678 :名無電力14001 :04/06/11 22:03
謎の粘質物について、以下のような説明がなされているが、

http://www.nagasaki-np.co.jp/press/isahaya/2004/kiji06.html
▽浮遊物の発生時期に、調整池内で粘着状物質は確認できない

粘質物は海域で発生しているのであるが、調整池から直接粘質物が流れ出したわけではない
と言うことは言えても、原因ではないと言うことではない。

▽浮遊物は海産プランクトンで、(調整池内の)淡水系プランクトンではない

上記と同様で、通常淡水産の植物プランクトンは海域に流出後、速やかに死滅沈降するので、浮遊物中に
淡水産植物プランクトンがみつからないからと言って、原因ではないと言うことにはならない。

▽浮遊物のカルシウム成分は周辺海域と差がなく、(発生源と指摘される)調整池内の土地改良で使用する
石灰との見方は当たらない

粘質物の生成機序がわからないのに、カルシウム成分の濃度だけを取り上げて、原因ではないというのは根拠薄弱。
おそらくカルシウム成分が海域に流出しても、海水中のイオン成分、例えば炭酸などと結合して析出沈降し、時間が
たてば周囲の海水とカルシウム濃度は変わらなくなるのでは、と思う。

もっとも私も諫干排出水が原因かどうかはまだ確信が持てないのだが、とりあえず上記の説明を事実だけに
翻訳すると
・調整池から粘質物が流れ出したわけではない。
・浮遊物に淡水産植物プランクトンはみつからなかった。
・浮遊物中のカルシウム濃度は周辺海域と変わらなかった。

ということであろう。

やはりここは、実証実験を行えばいいだろう。
できれば、4-5月がいいが、調整池より大量且つ連続的に排水し、その後毎日諫早湾とその周辺で何が生じるのか
1ヶ月程度観測するのである。観測項目は栄養塩、カルシウム、植物プランクトン、流動等であろうか。

679 :名無電力14001:04/06/11 22:14
神奈川県警座間署には政治家の私設秘書に内部情報を漏らし、
便宜を図っている者がいます。褒章の意味で署内から署長が
任命された事も有ります。
 座間署が便宜を図っている相手はハンナン浅田会長と共犯
で、既に収賄などの罪で起訴されている鈴木○男の私設秘書
です。


680 :名無電力14001:04/06/11 22:29

粘着物質は、4月頃になると、とある業者達が、不法投棄する液体のせいだというのが、もっぱらのうわさ。

ちょうどその頃、シーズン物の仕事が終わって、タンク内の液を捨てるらしい。



681 :名無電力14001 :04/06/11 22:42
>>680
>
>粘着物質は、4月頃になると、とある業者達が、不法投棄する液体のせいだというのが、もっぱらのうわさ。
>
>ちょうどその頃、シーズン物の仕事が終わって、タンク内の液を捨てるらしい。
>
ププ
でたよ。妄想厨。江刺三兄弟ってところか?

粘質物は諫早湾周辺から発生したというのが、もはや定説。


682 :名無電力14001 :04/06/11 22:45
>>680
>粘着物質は、4月頃になると、とある業者達が、不法投棄する液体のせいだというのが、もっぱらのうわさ。
>ちょうどその頃、シーズン物の仕事が終わって、タンク内の液を捨てるらしい。

ププ
でたよ。妄想厨。江刺三兄弟ってところか?

粘質物は諫早湾周辺から発生したというのが、もはや定説。


683 :名無電力14001 :04/06/11 22:46
むひょ!なんだこりゃ。
送信エラーが出たのでもう一度クリックしたら、二度書きかよ。
重複スマソ。

684 :名無電力14001:04/06/11 23:14
>>681
>でたよ。妄想厨。江刺三兄弟ってところか?

意味不明。



685 :名無電力14001:04/06/11 23:34
>ちょうどその頃、シーズン物の仕事が終わって、タンク内の液を捨てるらしい。

おおいに可能性あるぞ。

有明海は、反時計周りの潮流。

熊本〜福岡〜佐賀〜と富栄養化物質が潮流に乗り、そして、諫早湾付近に、排出物が溜まる。結果、そこを始発として、プランクトンが発生したいう仮定も成り立つ。

諫早付近に謎の物体が現れたからといって、その富栄養化物質が諫早市由来(は外海へ)のものとは、断定できない。

なんでもかんでも諫早干拓のせいにするのも、もう古いぞ。

686 :名無電力14001 :04/06/12 00:46
おい!
有機酸は”秒単位で”取り込まれるんじゃないのか?(w
それなら、使用しているところで形成されるはずだよな。

どっちにしても、パソコンの前に齧り付いているだけで、
まともな証拠を集められない奴は、妄想厨。

687 :名無電力14001 :04/06/12 00:51
かわいそうなやつらだ。
江刺も盆栽だけを対象にしておけば良かったものを、
いまでは、学者に総スカンをくらっちまったものだ。

今後何年たとうとも、彼は、江刺=「有明海はなぜ荒廃したのか」
のステレオタイプの中で語られることになろう。
もしかして、江刺とは有機酸関係者かぁ?
いい加減な有機酸仮説を垂れ流し、有機酸説はこんなにいい加減なんですよ
と世の中に知らしめる工作員。

688 :名無電力14001:04/06/12 08:19
>>686 >>687

あの本って、業界のいやな体質を、厳しく指摘してる。

しかし、あなたの反論はレベルが低くて、恥ずかしいぞ。


海苔業界の方らしいが、一つお聞きしたい。

総スカンした学者名を述べよ。

689 :名無電力14001 :04/06/12 11:02
反論?してませんが?
反論にも値しない。
業界の嫌な体質? ま、ある程度はそんなこともあるだろうね。
しかし、業界には権力も利権もほとんど無く、国民に被害を与える
余地は少ない。
一方、脳衰省、長崎、土建業界、政治屋の権力、利権は今や傾城の勢い。
巨悪、悪の枢軸とはまさにこのこいつらのことであろう。
有機酸を叩く奴らって、巨悪はする〜だよな。どうせ巨悪の手先、腰巾着
なんだろ?

690 :名無電力14001 :04/06/12 11:08
>>688
「有機酸は”秒単位で”取り込まれるんじゃないのか?(w
それなら、使用しているところで形成されるはずだよな。」

返答がないぞよ。


691 :名無電力14001 :04/06/12 13:36
有機酸は濃すぎれば植物プランクトンに阻害効果を与え、
薄めても、増殖促進効果は無いに等しいことが明らかとなっている。

なお、諫干以前の干潟減少の最大の要因は、三池炭坑跡地の海底陥没
と言われている。

いずれにせよ、原因究明のためには、あらゆる可能性を取り上げて検証するのが
科学的と言うべきであり。はじめから諫早干拓は関係なしと切って捨てるのは
何らかの政治敵意とがあるものと判断せざるを得ない。

692 :名無電力14001:04/06/12 14:43
いずれにせよ、原因究明のためには、あらゆる可能性を取り上げて検証するのが
科学的と言うべきであり。はじめから諫早干拓は関係と思い込みで言い募るのは
何らかの政治敵意とがあるものと判断せざるを得ない。




693 :名無電力14001:04/06/12 16:49
>691

>薄めても、増殖促進効果は無いに等しいことが明らかとなっている。

わっはっは。君は、筋金入りの「有機酸投棄擁護派」だなぁ。

そんな間抜けなことを言うウンコ学者って、いるのか?

酸処理剤(有機酸+栄養塩)=最高の植物プランクトンの培養剤なんですよ。

しかも海洋投棄は、国際法違反。


694 :名無電力14001:04/06/12 16:50
>>688
>あの本って、業界のいやな体質を、厳しく指摘してる。

確かに公共事業をしゃにむに擁護する土木業界の嫌な体質を、身を以て指摘してるな


695 :名無電力14001:04/06/12 16:53
>>693
>しかも海洋投棄は、国際法違反。

うわ、まだいたか海外コンプレックス厨。
海洋汚染防止法違反を指摘だけで十分なのに、わざわざ国際法を出してくる意味がどこにある?

696 :名無電力14001:04/06/12 17:21

    /\___/ヽ
   /'''''' :。:'''''':::::::\
  . |(●), ::: 、(●)、.:|
  |∴。.;ノ(::_;;;).ヽ、;∴:::|  ← 有機酸投棄擁護派 = キティガイ
.   |:∴:`-=ニ=- '::::::::|
   \::∴:`ニニ´.∴:/
   /`ー‐--‐‐―´\
  
  




697 :名無電力14001 :04/06/12 17:24
>>695
>海洋汚染防止法違反を指摘だけで十分なのに、わざわざ国際法を出してくる意味がどこにある?

江刺の本に書いてあるんだよ。
○国際海洋法
×国際海洋汚染防止法



698 :名無電力14001 :04/06/12 17:26

    /\___/ヽ
   /'''''' :。:'''''':::::::\
  . |(●), ::: 、(●)、.:|
  |∴。.;ノ(::_;;;).ヽ、;∴:::|  ← 有機酸主犯説派 = キティガイ
.   |:∴:`-=ニ=- '::::::::|
   \::∴:`ニニ´.∴:/
   /`ー‐--‐‐―´\
  


699 :名無電力14001 :04/06/12 17:29
有機酸主犯説派(酸投棄推進派)ってこんな奴

・酸投棄は、国際法違反です。君はアホです。ワッハッハ!!
・酸って水質汚濁防止法に規定されている。また、ここでの書き込み自体が、幇助罪に適用され
るよ。酸投棄を、堂々と推奨してんだから。一応、通報しました。なめんなよぉぉ!!
・海苔船ならいくら投棄しても、問題ないって開き直るから、有明海はおかしくなったんだよ。恥を知れ!
・海洋汚染防止法違反でマスコミに運動起こしてやるから覚悟しとけよぉぉぉぉ〜〜!!

↑↑↑↑キティガイ↑↑↑↑

700 :名無電力14001:04/06/12 17:33
>>685
>なんでもかんでも諫早干拓のせいにするのも、もう古いぞ。

そういう言い方自体が古くさいな。
確かに全てを諫干のせいにするのは無理があるが、一足飛びに「諫干は無害」
に持っていくどこぞの先生の説はもう無茶苦茶だと思いますがね。

701 :名無電力14001 :04/06/12 17:38
江刺的考察

有機酸を中和し下水に排出することとは、直接海に流出することらしい。

下水処理が無い時代に生まれ育った人はかわいそうだな。

702 :名無電力14001:04/06/12 17:38

有機酸投棄が問題ないって言ったウンコ学者って、誰か教えて。

703 :名無電力14001 :04/06/12 17:44
>>693
>わっはっは。君は、筋金入りの「有機酸投棄擁護派」だなぁ。

ん、君は「酸投棄推進派」だろ? 

704 :名無電力14001 :04/06/12 17:48
>>702

>有機酸投棄が問題ないって言ったウンコ学者って、誰か教えて。

江刺の信者ぐらいだな。そんなことを言う奴は。


705 :名無電力14001:04/06/12 17:49
>>702

>有機酸投棄が問題ないって言ったウンコ学者って、誰か教えて。

そんな鬼のように頭の悪いヤツなんていないよw

706 :名無電力14001 :04/06/12 17:54
江刺的考察2

有機酸処理剤は藻類の人工培地に等しい成分構成からなるそうです。

彼が人工培地の組成をみたことがないのは明らかですな。

707 :名無電力14001 :04/06/12 17:56
>>705
鬼のように頭の悪いヤツ → 江刺


708 :名無電力14001:04/06/12 18:06


              「 ̄ ̄了
              l h「¬?h < はーい>>707 が通るからどいて
       / ̄ ̄\__,ト、Д/____
     /   / ̄Yi. /  jテ、      f ̄ヨ
    /   /∧ / /  /.i l iー――‐u' ̄
   ./  / Д` / /  / / l l
   i'  /   l ヽ../  レ'  l l
.  /  _/ \  !、 lヽ____」 l
.  !、/ \. \ \l      ト./
   ト、__\/ト、/ト、  y   l
   l    ̄(  )y )  /l   i
   l   l   Y''/ー'  / .l   l
   !、  l  l./   /  l   l
   /  /  l/   ,/  i'    l
  /_  ./l   l`ー‐〈   ト.__」
  L_``^yト._」、ー"   `ヽ_」
   `ー' `ヽ_」

709 :名無電力14001:04/06/12 18:17
江刺センセイ発 海苔業界トリビア1

海苔業界は科研費の配分に影響力を持ち、学者を操っている。

710 :名無電力14001:04/06/12 18:18
江刺センセイ発 海苔業界トリビア2

海苔業界は弁護士に圧力をかけ、訴えられないようにしている。

711 :名無電力14001 :04/06/12 18:21
>>709
>海苔業界は科研費の配分に影響力を持ち、学者を操っている。

根拠は?


712 :名無電力14001 :04/06/12 18:21
>>710
>海苔業界は弁護士に圧力をかけ、訴えられないようにしている。

墓穴を掘るとイタイタしいぞ。プゲラ

713 :名無電力14001 :04/06/12 18:23
江刺的考察

「干潟の浄化能力は太陽光を受け止めるための干潟面積と透明度によって決定される。」

腐食食物連鎖、分解者を完全無視、それとも無知? 年取って学問の流れについて行けなくなるとは哀れですな

714 :名無電力14001 :04/06/12 18:26
有機酸主犯説派(酸投棄推進派)ってこんな奴

・酸投棄は、国際法違反です。君はアホです。ワッハッハ!!
・酸って水質汚濁防止法に規定されている。また、ここでの書き込み自体が、幇助罪に適用され
るよ。酸投棄を、堂々と推奨してんだから。一応、通報しました。なめんなよぉぉ!!
・海洋汚染防止法違反でマスコミに運動起こしてやるから覚悟しとけよぉぉぉぉ〜〜!!
・海苔船ならいくら投棄しても、問題ないって開き直るから、有明海はおかしくなったんだよ。恥を知れ!
・直接、海に投棄しても、塩酸なら環境負荷はものすごく少ないはず。


715 :名無電力14001 :04/06/12 18:31
>>692
>いずれにせよ、原因究明のためには、あらゆる可能性を取り上げて検証するのが
>科学的と言うべきであり。はじめから諫早干拓は関係と思い込みで言い募るのは
>何らかの政治敵意とがあるものと判断せざるを得ない。

ププ、こいつ、諫干を関係無しとすることが科学的だとさ。

ま存分にDQNぶりを晒してくれ。


716 :名無電力14001:04/06/12 18:50

有機酸を海に捨てる事って、海洋汚染防止法だから、擁護するにしても無理があるよね。

717 :名無電力14001 :04/06/12 18:57
>>716
>有機酸を海に捨てる事って、海洋汚染防止法だから、擁護するにしても無理があるよね。

ププ 国際法違反だろ?

718 :名無電力14001 :04/06/12 19:02

         マチクタビレタ〜
               マチクタビレタ〜
      ☆ チン           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ☆ チン  〃  ∧_∧  海苔業界が学者を操っている。
        ヽ ___\(\・∀・) 根拠 まだ〜?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄/|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
       | 愛媛みかん  |/



719 :名無電力14001:04/06/12 19:10
江刺センセイ発 海苔業界トリビア3

漁業者が諫干に反対するのは、酸の害を隠すための組織的な隠蔽戦略。

720 :名無電力14001:04/06/12 19:13
江刺センセイ発 海苔業界トリビア4

酸処理剤の色は色落ち海苔用の着色料。

721 :名無電力14001:04/06/12 19:13
江刺センセイ発 海苔業界トリビア5

貝毒は有機酸の投棄が原因。

722 :名無電力14001 :04/06/12 19:13
いいかげん、根拠だせヤ。ゴラァ!
漁民をおちょくってんのか?

723 :名無電力14001 :04/06/12 19:16
江刺マンセー
!必死! ププ。

しかも、すべて自爆(誤爆)でつ。
これからも、どんどん、投降してくだチャイ。


724 :名無電力14001:04/06/12 19:25
江刺センセイ発 海苔業界トリビア6

海苔の色落ちは浮き流し式養殖でしか発生しない。

725 :名無電力14001:04/06/12 19:26
江刺センセイ発 海苔業界トリビア7

堤防締め切り後に酸の使用量が増えたのは、諫干が責任転嫁の口実になると思ったから。

…すんません、江刺大先生のおもしろい記述を紹介してみただけです。
一応反江刺派のつもりです。

726 :名無電力14001:04/06/12 20:17
>>717>>725

連続カキコうざいので、以後放置ヨロ



727 :名無電力14001 :04/06/12 20:19
↑うざいのはおもえ↑

728 :名無電力14001 :04/06/12 20:21
江刺センセイ発 海苔業界トリビア8

魚介類は単なる酸素欠乏では死なない適応性を持っている。


729 :名無電力14001:04/06/12 20:28


っていうか、江刺派の逆煽りですか?

730 :名無電力14001:04/06/12 20:40
誤解されないようにひねってみました。

「俺は江刺洋司 東北大学名誉教授
 日本○態学会の諫干批判はけしからん
 科学を超えたイデオロギーに支配されているに違いない」
って、言うじゃなーい…

でもアンタ、全く根拠示してませんから!思いこみですから!
しかも原文は実名晒してますから!名誉毀損モノですから!
残念!

日本樹木種子研究所チョチョーッ斬りッ!

731 :名無電力14001:04/06/12 20:52
>>730

おまえ、おちつけってw

732 :名無電力14001 :04/06/12 21:04
ま、漁協もあれだよな。
やってみればいいんだよ。

酸処理剤中止実験をさ。

結局、脳衰省をはじめとする悪の枢軸のよって立つ根拠は有機酸しかないんだろ。
1-2年完全に中止してみて、それで有明海が回復すれば、やっぱり有機酸が原因だ
ったんだろうし、そうでなければ、諫干をはじめとする開発事業が原因である可能性が
たかまるわな。



733 :名無電力14001 :04/06/12 21:07
> 科学を超えたイデオロギーに支配されているに違いない」

江刺は科学を越えていると思う。 奴の本は限りなく宗教本に近い。
その取り巻きを見聞きすると、ますますその感が強くなる。

734 :名無電力14001:04/06/12 21:29

江刺の本を宣伝するスレはここですか?

735 :名無電力14001 :04/06/12 21:35
江刺センセイ発 海苔業界トリビア 9

有機酸は生態に濃縮される。なお、有機酸は秒速で生体に取り込まれるが、その死骸の分解は夏を待たなければならない。

736 :名無電力14001 :04/06/12 21:50
江刺センセイ発 海苔業界トリビア 10

スミノリ病は有機酸処理によって引き起こされる。

737 :名無電力14001:04/06/12 21:55
動物保護運動の虚像
http://www.luna.pos.to/whale/jpn_game.html
1 環境帝国主義の誕生
2 捕鯨を葬った民主主義の暴力
3 アザラシ救済とイヌイットの悲劇
4 保護したオットセイが激減
5 絶滅種に祭り上げられたアフリカ象
6 資源豊かでもべっ甲業界大ピンチ
7 混獲不可で中止に追い込まれた母船式サケ・マス
8 ぬれ衣を着せられて葬られた公海流し網
9 政治的サカナにされたクロマグロ
10 動物権者たちの欺瞞

ミンククジラ食べてもOK“反捕鯨”の欧米で過半数が賛成 IWCの管理下なら…
【マスカット18日=時事】
 強硬な反捕鯨派とされる欧米など各国民の過半数が、資源が増加している小型のミンククジラについては、実は捕って食べても構わないとの寛容な姿勢を見せている……。こんな世論調査結果が17日、
国際捕鯨委員会(IWC)年次総会が開かれているオマーンのマスカットで発表された。
 それによると、ミンククジラ資源をIWCがきちんと管理するなら食用のために捕獲してよいか、
との質問に対し、米国で71%、フランスで63%、英国で61%、オーストラリアでも53%の回答者が「捕獲を支持する」と答えた。 欧米では一部の動物愛護団体が「クジラは高等動物。殺して食べるのは残酷だ」として、特に日本の捕鯨に反対する運動を続け、
ほとんどの政府も商業捕鯨停止措置の継続を支持している。

738 :名無電力14001 :04/06/12 21:57
江刺の怪

NPO「有明海を育てる会」に数々の資料提供を受け、感謝しているが、
等の「有明海を育てる会」は諫早湾干拓工事の即時中止、中長期開門調査の即時実施を
求めている。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~isahaya/isa/info/if030820forum824.html

キャツは本当にこのNPOとお知り合いなのか?
脳内お知り合いなら良く理解できる。

739 :名無電力14001 :04/06/12 22:03
>>737

↓どうでもいいからこれ読め↓
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/01/h0116-4.html

740 :名無電力14001 :04/06/12 22:41
>>731
>おまえ、おちつけってw
おまえ、早く真実と信じるに足る根拠を示さないと大変だぞ(w
晩年を汚すことにならなきゃいいがな。

741 :名無電力14001 :04/06/12 22:47
>>731


              「 ̄ ̄了
              l h「¬?h < はーい>>731 が通るからどいて
       / ̄ ̄\__,ト、Д/____
     /   / ̄Yi. /  jテ、      f ̄ヨ
    /   /∧ / /  /.i l iー――‐u' ̄
   ./  / Д` / /  / / l l
   i'  /   l ヽ../  レ'  l l
.  /  _/ \  !、 lヽ____」 l
.  !、/ \. \ \l      ト./
   ト、__\/ト、/ト、  y   l
   l    ̄(  )y )  /l   i
   l   l   Y''/ー'  / .l   l
   !、  l  l./   /  l   l
   /  /  l/   ,/  i'    l
  /_  ./l   l`ー‐〈   ト.__」
  L_``^yト._」、ー"   `ヽ_」
   `ー' `ヽ_」


742 :名無電力14001:04/06/12 23:02
トリビアへ

江刺氏の言葉に過剰に反応し、焦りながら書き込んだ内容が、
実は漁民を敵に回し、隠密にされてた問題を世間にアピールいることに、気がついてないw

以降もトリビア、ヨロ

743 :名無電力14001 :04/06/12 23:05
>>693
>酸処理剤(有機酸+栄養塩)=最高の植物プランクトンの培養剤なんですよ。

プゲラ
ここにも、酸処理剤で植物プランクトンを培養できると思っているアホが一人。

744 :名無電力14001 :04/06/12 23:09
>>742
>江刺氏の言葉に過剰に反応し、焦りながら書き込んだ内容が、
>実は漁民を敵に回し、隠密にされてた問題を世間にアピールいることに、気がついてないw

流石は門下生、何を言っているのか全くわからんよ。742の書き込むの方こそ、有機酸投棄主犯説派
の正体を暗喩しているようだな。

工 作 員 活 動 も 大 変 だ な
残業手当出るのか? それとも、職場からの書き込みか? マスコミにばれると後で大変だぞ。

745 :名無電力14001:04/06/12 23:25

今度のトリビア・・・、ゴクリ、まってます!

746 :名無電力14001 :04/06/13 00:52
江刺センセイ発 海苔業界トリビア 11

貝毒とは、有毒プランクトンが貝と共生することである。

747 :名無電力14001 :04/06/13 01:01
江刺センセイ発 海苔業界トリビア 12

有機酸添加により、植物プランクトンは赤潮を形成するが、珪藻類は増殖を抑制されるのである。


748 :名無電力14001 :04/06/13 01:11
江刺センセイ発 迷言集

「社会で指導的立場にいる専門家がこんな程度の学識で指導者顔をされるのでは叶わない」

749 :名無電力14001 :04/06/13 01:18
江刺センセイ発 海苔業界トリビア 13

植物プランクトンそれ自体が、人間に利益をもたらすこともあり得るだろう

750 :名無電力14001 :04/06/13 01:27
江刺センセイ発 海苔業界トリビア 14

全ての藻類はシストとなって海底で休む期間を有する。


751 :名無電力14001 :04/06/13 01:28
江刺センセイ発 海苔業界トリビア 15

全ての藻類は硫化水素によって死ぬことはない。


752 :名無電力14001 :04/06/13 01:31
江刺センセイ発 海苔業界トリビア 16

今のところは、有毒植物プランクトンが有明海でも瀬戸内海のように繁殖して底生生物に被害を与えている、との報道はないようだ。

753 :名無電力14001 :04/06/13 01:58
江刺センセイ発 海苔業界トリビア 17

有明湾奥部の堆積物(炭素)は有機酸由来である。

754 :名無電力14001 :04/06/13 02:23
江刺センセイ発 海苔業界トリビア 18

「有機酸主体のノリ活性剤を使用している間だけ赤潮が認められたという衛星からのこの写真は漁民の環境破壊の動かすことのできない証拠である」

しかし

「諫早干拓は些細なこと」

ということである。


755 :名無電力14001 :04/06/13 02:25
江刺センセイ発 海苔業界トリビア 19

有機酸の同位体比は、有機酸-植物プランクトン-バクテリアと食物連鎖を経ても変わることはない。らしい。

756 :名無電力14001 :04/06/13 13:26
凄いセンセイだ!
珍トリビアだけで一冊本がかけそうだな。

757 :名無電力14001:04/06/13 17:39
>>742
>実は漁民を敵に回し、隠密にされてた問題を世間にアピールいることに、気がついてないw

本当に漁民が悪党ならば敵に回しても結構。
だが、この本が妄想の類なら、江刺某の責任を問う必要がある。
権威を利用して妄想をまき散らすというのは、学者とかではなく、人間として最低の行為だからな。

758 :名無電力14001:04/06/13 17:39
江刺センセイ発 迷言集

「間もなく到来するであろう地方分権、道州制度の時代ともなれば、
諫早干拓地は九州地方全域の人々にとって発展のための夢を内包
するとさえ感じられる工事である。」


えーっと、これは農水省のパンフレットか何かですか?

759 :名無電力14001:04/06/13 17:40
江刺センセイ発 迷言集

「したがって、有明海荒廃の原因を探るとすれば、上記のシナリオに
沿ったパラメーターだけを調査すればすむことであり、他の調査は一切
不要とさえ言い切れる。」


マジなのか、諫干の影響調査をさせないためなのか…

760 :名無電力14001 :04/06/13 19:03
>>756
>凄いセンセイだ!
>珍トリビアだけで一冊本がかけそうだな。

違うだろ? その珍トリビアで一冊書いちまったのが
江刺大先生じゃないか?
真似をしちゃいかんよ。

761 :名無電力14001 :04/06/15 01:33
中間まとめ1
江刺センセイ発 トリビア集

・生物多様性条約と、諫早干拓とは相反しない。
・海苔業界は科研費の配分に影響力を持ち、学者を操っている。
・海苔業界は弁護士に圧力をかけ、訴えられないようにしている。
・漁業者が諫干に反対するのは、酸の害を隠すための組織的な隠蔽戦略。
・堤防締め切り後に酸の使用量が増えたのは、環境悪化に対処するためではなく、
 諫干が責任転嫁の口実になると思ったからである。
・有機酸を中和し下水に排出すると、下水処理を経ずに直接海に流出する。
・干潟の浄化能力は太陽光を受け止めるための干潟面積と透明度によって決定さ
 れる。
・河川の流速が、河口干潟底質の粒径を決める。
・有機酸処理剤は藻類の人工培地に等しい成分構成からなる。
・有機酸添加により、植物プランクトンは赤潮を形成するが、珪藻類は増殖を抑
 制される。
・富栄養化の代表的な危険元素はリン、窒素、硫黄。
・貝毒は有機酸の投棄が原因。
・全ての藻類はシストとなって海底で休む期間を有する。
・有機酸を与えるとシストは眠りから目を覚ます。
・貝毒とは、有毒プランクトンが貝と共生することである。
・有機酸は生体に濃縮される。なお、有機酸は秒速で生体に取り込まれるが、その
 死骸の分解は夏を待たなければならない。
・貧酸素水塊の発生は、有明海荒廃の原因が100%近い確率で有機酸処理に起因す
 ることを示している。
・東京湾は湾内が深くて単位面積当たりの海水量が多いので、有機酸処理剤の弊害
 が現れず、目立った赤潮の発生をみることもない。
・2000年のノリ色落ち時の植物プランクトン増殖は、諫早湾で始まっているが、
 これに注目する必要はないようだ。
・トマトの根系に過剰の水と酸素を供給すれば、地下の世界で光合成と変わらぬ営
 みが行われる。


762 :名無電力14001 :04/06/15 01:35
中間まとめ2
・全ての藻類は硫化水素によって死ぬことはない。
・有明湾奥部の堆積物(炭素)は有機酸由来である。
・有機酸の同位体比は、有機酸-植物プランクトン-バクテリアと食物連鎖を経ても
 変わることはない。
・11月に赤潮がほとんどみられないのは、ノリ養殖が行われていないからである。
・魚介類は単なる酸素欠乏では死なない適応性を持っている。
・酸処理剤の色は色落ち海苔用の着色料らしい。
・海苔の色落ちは浮き流し式養殖でしか発生しない。
・支柱式ノリ養殖では、有機酸処理等といういかがわしい処理をする必要はなく、
 色落ちに遭遇する機会は理論的にない。
・スミノリ病は有機酸処理によって引き起こされる。


763 :名無電力14001:04/06/15 19:26
>>761-762
乙カレー

>・生物多様性条約と、諫早干拓とは相反しない。

このセンセイ、1992年6月のリオデジャネイロでの第1回地球サミットに参加し
て生物多様性条約の起草に関わったのを売りにしています。
しかしこの条約に関しては1988年以降何度も専門家会合、交渉会合が行われ、
92年5月のナイロビでの会議でテキストが採択されており、地球サミット時に
は条約の採択と署名開放が行われています。
これを見る限りでは、少なくともナイロビ以前から参加していないと「起草
に関わった」とは言えないと思うのですが、どうなんでしょうね。
条約についてはそう言うのかな?

起草:草稿を書き起こすこと。文案をつくること。(広辞苑)

参考:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/jyoyaku/bio.html

764 :トヨタ尾行自動車:04/06/15 19:42
名前:トヨタ尾行自動車 :04/06/15 19:38 ID:YM07iYwn
下請けの給与を調べて値引きの材料にするかも?
トヨタには、尾行する密偵がいるらしい?
下請けの人で、朝、晩、偶然を装って監視している人
みかけませんか?
行動を監視されてますよ。


765 :名無電力14001 :04/06/15 20:16
>>763
>乙カレー
つかれたね〜。しかも、探せば探すだけ出てきそうで恐いヨ。
もっと探せば、1トリビア/2〜3ページの割合で出てきそうな悪寒。

しかし、公害調整委にて、中田喜三郎先生が農水側で証言したね。
ちょっとショック。
しかも、あのちょっとしか空けなかった短期開門調査で構築したモデルを前提に
諫干の浄化能力について判断するなど、なにか圧力でもかかったのか、とも思いたくなる

モデルの妥当性もさることながら、諫早湾口での流速の低下に伴い、植物プランクトンが
増殖しやすくなっていること。また、諫早湾口で貧酸素水塊が形成され、これが夏場の渦
鞭毛藻類やラフィド藻類の赤潮の誘発要因となっている可能性も見落としている。

今有明海で起きていることは、過去に東京湾で起きてきたことと、よく似ている。
ただ、東京湾の場合には、圧倒的に栄養塩負荷が大きいので、ノリの色落ちなど起きようも
なかったのだが。

http://www.nagasaki-np.co.jp/press/isahaya/2004/kiji06.html
諫干事業の短期開門調査に伴い構築した「干潟生態系モデル」の分析結果に言及。
「諫早干潟の浄化機能は、窒素では有明海全体の負荷量の約0・5%」などと説明

766 :名無電力14001 :04/06/15 20:19
>>763
>これを見る限りでは、少なくともナイロビ以前から参加していないと「起草
>に関わった」とは言えないと思うのですが、どうなんでしょうね。
>条約についてはそう言うのかな?

ええと、こういう事には詳しくないので、内情を把握している人に
バトンタッチ! スマン。
しかし、いいじゃん。言わせておけば。奴が生物多様性条約のことを鼻にかければ
かけるほど、諫干との非整合性が浮き出てくると言うもの。



767 :名無電力14001:04/06/15 20:54
>>765
>しかし、公害調整委にて、中田喜三郎先生が農水側で証言したね。

元中央水研の佐々木さんや佐賀水試の人から批判されていた例のモデルですね。
所詮はひも付き予算で構築したであろうモデル。
下手をすると農水省側からは中途半端なデータしか提供されなかったのかも。
http://www.maff.go.jp/www/counsil/counsil_cont/nouson_sinkou/isahaya/7/data1_2.pdf
↑だからこそ中田先生も「あと数年の調査が必要」と結論に書いたのじゃないかな。
これを先生のささやかな抵抗と見るのは深読みしすぎか。
>>598の番組で証言した大学の先生も、30年近く経ったからこそ真相を話せたのじゃないかなあ…

768 :名無電力14001:04/06/15 20:55
「生物の多様性に関する条約(抜粋)
 前文
  締約国は、(中略)
  更に、生物の多様性の保全のための基本的な要件は、生態系及び自然
  の生息地の生息域内保全並びに存続可能な種の個体群の自然の生息環
  境における維持及び回復であることに留意し、(中略)
  次のとおり協定した。(中略)
 第八条 生息域内保全
  締約国は、可能な限り、かつ、適当な場合には、次のことを行う。
  (中略)
  (d)生態系及び自然の生息地の保護並びに存続可能な種の個体群の
    自然の生息環境における維持を促進すること。(以下略) 」

769 :名無電力14001 :04/06/15 21:56
>>767
>元中央水研の佐々木さんや佐賀水試の人から批判されていた例のモデルですね。
>所詮はひも付き予算で構築したであろうモデル。
>下手をすると農水省側からは中途半端なデータしか提供されなかったのかも。
>http://www.maff.go.jp/www/counsil/counsil_cont/nouson_sinkou/isahaya/7/data1_2.pdf
>↑だからこそ中田先生も「あと数年の調査が必要」と結論に書いたのじゃないかな。
>これを先生のささやかな抵抗と見るのは深読みしすぎか。

データ、サンクス!
いずれにせよ、農水省側から出るのだから、ズブズブの関係にあるのだろう。モデルに問題があることを
重々認識しているにもかかわらず、報道では諫早干潟の浄化能力は問題にならない、みたいなことまで言
っているわけだし。中田先生の本では随分勉強させてもらっただけに、残念なことだ。

とりあえず今回のモデルの問題点としては、類似干潟の浄化機能をどの程度まで把握できているか、と言
う点があげられるね。すなわち、干潟域は風浪潮汐の影響を極めて受けやすく、1-2年、年4回の調査では
該当干潟の平均的な値が得られない。このため、数年に渡って数多くの調査を行う必要があるが、計算結果の検証
を低解像度ながらみても4点しかない。たぶん、一年(四季)しか調査を行っていないのであろう。さらに
は、実測値と計算値が桁違いに外れている。普通はこの結果を見ると、まだモデルを判断材料には早い、と
認識するのが普通だろう。

次に、類似干潟とは言っても、中田先生も指摘しているように、現在の干潟はあくまでも諫干以後の干潟で
あると言う点が二つ目。

三つ目に、生態学的な意味合いにおいて、過去の諫早湾を有明海の中でどう捉えるのか、という視点を欠い
ている。言い換えれば、諫早湾は”有明海の低次生態系”においてどのように考えられるのか、ということで
もある。もっとも、このくらいの話になると、到底モデルにした前例はないから、現時点でのシミュレーション
の限界と言っても良いかもしれない。





770 :名無電力14001:04/06/17 20:57
>>761
>・2000年のノリ色落ち時の植物プランクトン増殖は、諫早湾で始まっているが、
 これに注目する必要はないようだ。

うはは、これ最高だね。
この本の表紙を書店で最初に見たとき、衛星写真をどう見ても諫早湾から
赤潮が広がっているとしか見えないのに、その下の文章には有機酸が原因
で諫干は関係ないと書いてあって、?と思った覚えがある。
読むと論旨が破綻している本というのは時々あるが、表紙で破綻している
本というのはなかなか珍しいと思う。

771 :名無電力14001:04/06/17 21:20
>>769
>三つ目に、生態学的な意味合いにおいて、過去の諫早湾を有明海の中でどう捉えるのか、という視点を欠い
ている。

激しく同意。
浄化力というのは、干潟の持つ多様な機能を表現する手法の一つでしかない。
しかし、それが世間でもてはやされているので、開発側は浄化力を低く見せかければ、干潟の破壊を正当化できると必死になっているようだ。
バカだねえ。

772 :名無電力14001 :04/06/18 01:05
エ刺工作員もついに消えたか。


285 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)