2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【最大の悪か】アドルフ・ヒトラー【再評価か】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/09 21:35 ID:ZlcZ7Nzd
話題をさらった今回の州知事戦においても過去のヒトラー礼賛が問題になった
一方第一次大戦後のドイツ復興 アウトバーン建設
ヒトラーでなくてあの復興がなしえたであろうか

あまりに冷静でない過去のナチス批判
歴史として分析し語ることさえ許されない異常な状況
このままでいいのだろうか

でも、ユダヤ人陰謀説もほどほどにね

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/09 21:38 ID:cSCBS5AI
2っすか

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/09 21:40 ID:NrnjLFks
当時、ドイツの失業率は50%。もうね、アホかと。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/09 21:43 ID:ZlcZ7Nzd
それいったら50%まで回復したんだから復興はしてんのよ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/09 23:53 ID:uzqhSIwi
天才だったことは確かじゃん。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/10 04:56 ID:H5FKOsin
ま、ヒトラーは天才だったなんていったらえらく叩かれるわけだが

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/10 07:09 ID:FJ1S3JjA
ヒトラーがユダヤ人を滅ぼしてソ連侵攻で共産主義も滅ぼしておけば
現在のパレスチナ問題と北朝鮮は存在しなかった。

8 ::03/10/10 16:43 ID:n8uGViSq
既に死んでいるヒトラーはともかくとして、現在生きている金正日が
「ヒトラーの亡霊 ⇒ 継承者」であることに異存はあるまい?・・・>ALL


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/10 17:36 ID:qhe6Jm0N
1938年に暗殺されてれば20世紀最大の政治家でしょう。
アウトバーンの完成当日射殺されましたとか....

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/10 21:22 ID:N8KiCkoP
これを見ればユダヤの嘘が暴けます。
http://maa.main.jp/ruri/gulfwar_02_03.html

ハーイル ヒットラー!

11 :急速不良型おきゅきゅきゅきゅ〜@自由貿易マンセー:03/10/10 21:43 ID:2hCTTF9w
>>1
一応、大恐慌後のドイツ経済復興については、
政策転換を行ったライヒスバンクについて語られることが多い。
金本位制の護持と言ふdでもない政策をとっていたが、
途中で金本位制離脱→利下げ→景気回復という経過を辿っている。

経済復興そのもについては、ヒトラーでなくとも可能であったのではないかと思いまつ。
ちなみに、このときの経過については、ピーター・テミンの「大恐慌の教訓」に詳しいでつ。

いーっっやっほぅーーー ケインズ サイコ―

とりあえず、ヒトラー再評価ですよね?>>1氏。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/11 15:04 ID:NBYpYWov
ヒトラーは好きだ。ただ、尊敬はしていない。
ヒトラーよりゲッペルスが好きだし(最近、ゲッ「ベ」ルスと言うようだがどっちが
正しいのかわからん。公文式ドイツ語教室に通っていたが今は休会中だ)。

第2次世界大戦は、ああいう形ではなく、日・独・米・英が団結してソ連を攻撃する
「共産主義ぶっつぶし戦争」にしていればよかったんだよ。
戦後の米ソの冷戦は無かったし、この2国が後押ししたアフリカやらアジアやら南米
やらの代理戦争も無かった。
日本は原爆も落とされず、北方領土も取られなかった。
ドイツも分割国家にはならなかった。
日・独・米・英でソ連をぶっつぶしていれば、ヒトラーだって別の形でナチス・ドイ
ツを運営していこうと思っただろう。ユダヤ人の弾圧だって中止していただろう。
ずるがしこいスターリンに各国がだまされてしまった。共産主義かどうかに限らず、
もしソ連のような感じの国が今後登場したら、核ミサイルでも何でも使ってただちに
ぶっつぶすべきだな。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/11 17:59 ID:6v5LBQLW
で、次に日本とドイツが攻撃され、
日本全土がアメリカの占領地になり、
英語が公用語になるんだが、いいのか?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/11 18:30 ID:DagKek17
占星術好きなおっさん、
という評価でいいじゃん。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/11 18:39 ID:23diDfn3
>>12
ノモンハン事件でソ連軍の強さは日本も身にしみてわかってたのよ。
うまく立ち回ったのは中国だね。国共合作という国民党と共産党の
団結という本来ならありえない合流をやってのけた。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/11 18:40 ID:lYT8Nrc6
評価上げ!!

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/11 18:40 ID:23diDfn3
>>11
なんだかんだいってもドイツ人は優秀だ。
今のアメリカの政治軍事の重要ポストはほとんどドイツ系が占めているとか。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/11 19:47 ID:NBYpYWov
>>13
たとえアメリカに吸収・合併させられていたとしても、ソ連の支配下に
なるよりはよかっただろう。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/11 20:33 ID:l2dGS3uh
>>12
そんなあなたは、これを見てください。
http://www1.neweb.ne.jp/wb/soutou/monku.swf

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/12 15:22 ID:cYxr+KTP
アメリカは敵を間違ってたんだ
本当の敵は日本ではなく中国共産党だったのだ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/12 22:32 ID:74hdIL8q
最近思うんだが、ヒトラーってのはキリストに似てるな。

ちょっと歴史を見れば、ユダヤ人弾圧はヒトラーが始めた事じゃないのはすぐわかる。
侵略戦争にしてもナポレオンに比べればかわいいもの。

ところがヒトラーがこれらの悪行の責任を一身に背負って死んでしまったから、ヒトラー以後
ヨーロッパ人はいかなる悪行についても「ヒトラーが悪い。我々は悪くない」と言い切ることが
出来るようになった。

つまりなんだな、狙ってやったことか結果的になったことかは知らんが、全ヨーロッパ人は
ヒトラーによって本来の悪行に対する責任から救済されてると言うことだな。


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/14 20:18 ID:A91CJ1VH
>>21
ヒトラーと比べたら、東条英機の不甲斐無さは目に余るね。
何しろこの馬鹿は、全ての罪を背負って死ぬという事が
できなかったんだからな!!全ての罪を東条英機一人の所為
にできていたら、今の日本はなかったのに・・・・・・

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/15 11:33 ID:7BOmvvyg
現在、東ヨーロッパにユダヤ人が少ないのは、
ナチスが各国の協力を得てユダヤ人絶滅を行ったからです。
ユダヤ人絶滅は非ユダヤ人の長年にわたる夢であったのです。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/16 01:42 ID:Nvye2F9L
ヒトラーに核兵器持たせたかった。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/16 15:03 ID:mqzlU4gv
今のユダヤを見ると反ユダヤ思想は悪いことじゃなく
社会が健全に成長していくために当たり前のことなような気がしてきた

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/16 23:11 ID:I1pZBww+
>10
消されてるよ。掲示板は生きてるけどな。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/16 23:40 ID:VDo3DI1V
これはなぁ
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1066309698/l50

やっぱヒトラーはわりくねんでねぇかなぁ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/16 23:49 ID:xMLOUw23
2ch緊急速報板への行き方

1.書き込みの名前の欄に「&rf&rusi&ran&ras&ran&rrlo」 と入れる。
2.メール欄はメールアドレスを記入。IDとパスワードがメールで送付されます。
3.本文に 「kinkyu.2ch-news #guest」 と入力して、書込みボタンを押します。
4.タイトルが「ようこそ 2ch緊急速報板へ」に変わればばOKです
5.メールを確認してIDとパスワードを入力して下さい。

裏2chなんてものは決してありませんよ。
騙されないように!

人が多過ぎるときは、通常の2ちゃん画面になっちゃうから、何度かチャンレンジ
してみて下さい。駄目な時は時間あけた方がいいかも。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 00:15 ID:b9UibNDl
全責任をヒトラーただひとりに押し付けるのだけはやめよう。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 15:40 ID:r9LPDVlk
ヒトラーはキリストです。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 20:17 ID:fWKZTKp2
ヒトラーはキリシタンです。

32 :ハンカマンカ:03/12/22 21:14 ID:XV9zpdOl
ここの掲示板ではヒトラーは好かれているんだな。もっともどこでもそうだけど。
アドルフ・ヒトラーは、イエス・キリストの生まれ変わりだよ。もうすぐクリスマス。
神よ、アドルフ・ヒトラーの後世を救いたまえ。さて、ここにはヒトラーの生まれ変わりは
いますか?


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/22 21:32 ID:09nA9rfS
このスレを社会不適格者専用と認定します。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/22 21:47 ID:bWsAwEui
審議はともかく歴史修正主義ってのがヨーロッパで流行っていることを考えれば
ヒトラーが良いか悪いかが自ずとわかるわな。
日本でも日本軍は悪くないがナチは悪いって言う輩もいるぐらいだし…
日本軍の悪行が中韓朝のプロパガンダならナチの悪行も連合国のプロパガンダだってこと
も考えてしかるべきだろうねぇ。

35 :ハンカマンカ:03/12/22 21:57 ID:XV9zpdOl
そんなあ。ヒトラーの愛はとっても大きいのに・・・。ヒトラーはママなんだよ。
みんなの・・・。

36 :ハンカマンカ:03/12/22 21:58 ID:XV9zpdOl
あれ。名無しさんがふたりいる。

37 :青い蒼い葵:03/12/22 22:59 ID:7pwobBuQ
ヒトラー再評価ていうやつほど経済がうまくいっていたというけど・・ドイツ経済は第一次世界大戦では全く被害を受けていないし、
戦後も天文学的な賠償金を課せられ金融等がうまく機能しなくなっただけです。そのためレンテンマルクの発行により簡単に超インフレが収束しています。
ですから世界恐慌によりどん底に陥ったドイツ経済は、アジア金融危機に陥ったマレーシアのように一国的な孤立した鎖国型経済主義により外部との資金的連関を
断ち切り軍備拡張により人為的に需要を創出すれば経済は簡単に活性化します・・ただし短期的に・・よってヒトラーはこの状態が続くうちに侵略戦争に乗り出し
たということです。その後は歴史の示すとおりヨーロッパ各国を占領し徹底的な収奪を行って戦争をした・・そりゃヨーロッパを占領して徹底的に収奪すれば
世界相手に戦争はできますな・・こういったことを知らなければ、「あの敗戦国ドイツがあの米英相手に戦争したなんてすごい」とおもっても仕方がない

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/23 13:07 ID:v6ps9ujl
>>37
その徹底的な収奪っていうのが良くわからんのだが。
実際に収奪はあったろうが、徹底的とまでは行くまいに。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/28 11:54 ID:6K7lYfgx

今夜の実況は こちらで

時空警察 捜査一課 PART 3
http://live6.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1072561979/

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 01:02 ID:D+hAvgJM
>22
東条英機はそんなに捨てたもんじゃないと思うよ。
すくなくとも最後は東京裁判に出頭して裁かれたわけだし
ヒトラーや近衛文麿とかみたいに真実をうやむやにした
人よりは評価できるとおもう。
今の日本は当時の責任を大体軍部、軍部といって
押しつけてると思うよ。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 01:42 ID:SJQWmfSq
>>40

子の江がせっかく戦争反対の姿勢をずっととってたのに登場はそれを非難して戦争への道を推し進めた。だめだよこの人。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 01:54 ID:doUYLuve
スターリンの方が遥かに悪人だな
もちろんどっちも悪だが。

とはいえ、正義とか悪ってのはいい加減なもんだ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 02:27 ID:PrZTU7YN
東条はヒトラーやスターリンほど「悪人」ではないと思うが、
官僚的な無能者だと思う。どちらかといえばゲーリング。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 02:52 ID:wZd3CR8H
ヒトラーは、戦争前は名宰相。
戦争中は、直感だけで突っ走った大馬鹿。

これでいいんじゃねぇの?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 03:59 ID:LIr+23f5
ヒトラーはソ連とだけ戦えばよかったんだよ。
日本と挟み撃ちにして共産主義を倒しておけば
北朝鮮はなかったはずだる

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 08:42 ID:GvH5HW2M
>10
どうしてですか?
でもどんな思いでパレスチナ問題を見てるのかな?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 16:43 ID:0spzQ2ft
>>41
ABCDラインとハルノートって知ってる?
日本が開戦したのはそれ以外に米国を交渉のテーブルにつかせる方法がなかったから。
よって、国際法で照らせば日本は無罪とされる。つーか米国の方が有罪なんだよ。
日本をさんざん脅迫したんだから。東京裁判は戦勝国側による敗戦国への徹底的な
リンチである。マッカーサーもそれを認めているし、ケネディ兄弟もキューバ危機の折りには
「東条の気持ちがわかる」と何度も口にしている。
左翼史観から太平洋戦争を断定するのはかなり危険だ。人として。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 17:54 ID:+m5A/YGL
>>47
ハルノートのせいで日本が残虐な戦争をしたと言いたいのですか?
まるで小学生の良い訳みたいですね(藁

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 18:56 ID:Fqez1vID
>>37
こういう基本的な事実を知らずにヒトラー再評価なんていわれてもねえ


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 19:01 ID:LKBmayx1
ニーチェも再評価して下さいです。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 19:13 ID:aZvpNI+J
>>48
「残虐な」戦争ねえ。
まるで小学生並みの思考だな。
残虐でない戦争があるとでも思ってるワケ?
「言い訳」を「良い訳」と書いてみたり…
もう少し考えてカキコしたら?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 00:10 ID:xzm8vmt0
>>50
敬虔なイスラム教国のイランでも地震で3万人も死ぬんだから
神は死んだな

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 01:56 ID:OmgufK+b
>>40
>ヒトラーや近衛文麿とかみたいに真実をうやむやにした人よりは

近衛文麿は知らないけど、ヒトラーの方ははっきりとドイツの起こした
戦争は、全てヒトラー個人の責任であるとされてますよ!!
東条英機を始めとした、旧日本軍みたいに全責任を国民に押し付けたり
する連中よりはヒトラーみたいに、全責任を一人で被って死んでくれた方が
遥かにマシだよ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 02:02 ID:OmgufK+b
>>40
>東条英機はそんなに捨てたもんじゃないと思うよ。
>すくなくとも最後は東京裁判に出頭して裁かれたわけだし

アホか?戦勝国のリンチ裁判に出頭する事自体、具の骨頂なんだよ!!
大体戦勝国が自国に不利になる判決など出す訳ないだろ!!
軍部首脳陣は出頭などせずに、全員ヒトラーみたいに自殺するべき
だった!!こんな裁判など開廷させるべきではなかった。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 05:29 ID:BSQUNVXV
何熱くなってんだ。
べき論ギャーギャー騒いでも何も始まらんぞ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 10:32 ID:ZiTCBC0a
>>48

1930年代の日本の周りは敵ばかりでした。そしてドイツと同盟を組むことで日本はドイツ、
イタリアと共に完全に世界から孤立してしまった。もっとも、ドイツと同盟を組まなくても孤立
は避けられなかったのですが。
日本が国際的に孤立していく状況に恐怖した日本国内の非戦派は、これはアメリカの挑発
だ!絶対に乗ってはいけない!これはやつらの罠だ!アメリカの意図を読み取り、ハト派の
非戦派がタカ派の抗戦派を必死で止めました。
ところがアメリカの方がさらに一歩上だった。
ABCDラインを仕掛け、挙句の果てにはハル・ノートまで突きつけたのです。ABCDとは、
A−アメリカ、B−ブリテン(イギリス)、C−チャイナ(中国)、D−ダッチ(オランダ)の包囲網です。
そしてハル・ノートとは…… アメリカが日本に突きつけた最後通帳です。
「日本は中国大陸から無条件で撤退せよ。そうすれば資源の輸入ルート回復の交渉の場に
座ってやってもいい」
中国大陸から撤退しなければ貿易封鎖、撤退しても貿易封鎖を解くとは限らないという事です。
資源のない日本はこのままじゃ自滅。戦争以外にこの状況を抜ける手段はない。
戦後の東京裁判の後、パル判事が『日本無罪論』を書いたもの当然です。これは文字通り、
太平洋戦争で日本は悪くないということを書いた本です。
要するに、冷静に見れば日本だけが悪かったってのはあり得ないという事です。
そして無罪判決の決定的な理由となったハル・ノートが日本の軍部の暴走を決定的にした。
幕末の不平等条約のように、列強の要求は次から次へとエスカレートしていき、ラストはこれ。
アメリカはご丁寧なことに、この要求が飲まれても次の手段も考えていました。
日本が暴走するか、最終的に戦わずしてアメリカの植民地になるまで要求は続いたでしょう。

ハル・ノートに対し、テロには屈しないとして暴走する軍部を、怒りが爆発した日本の国民世論が
後押しし、もはや戦争突入は避けられなくなった。

こうして1941年12月8日、日本は日米開戦に踏み切ることになりました。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 10:33 ID:ZiTCBC0a
>>48
アメリカはドイツと戦う理由を手に入れ、さらにライバルの日本を潰すことができるようになったわけだ。
だが、アメリカの誤算は日本軍の能力を侮りすぎた。
窮鼠、猫を噛む
日本など取るに足らんと侮っていた連合軍は真珠湾攻撃を皮切りに大打撃を喰らい、日本は
世界へ向けて黄色人種の意地と誇りを見せた。
慌てたアメリカは本腰を入れ、日本を本格的に叩くことになる。
早期講和に失敗した日本軍は、ミッドウェー開戦の敗北を皮切りに敗北の一途を辿っていった。
もともと日本には勝ち目などなかったのだ。
だが、日本は戦うしか他に道は無かった。
いや、戦う以外の選択肢は全て列強に潰されてしまったのだ。

ハル・ノートを認める。

それはアジアの黄色人種独立の希望の光を自らの手で消すことだからだ。
幕末や明治の先人たちが多大な犠牲を払ってまで守ったアジアの完全独立の理想が、完全に滅ぶ
ことだからだ。
だが理想だけでは戦争には勝てない。
時間が経つに連れ、アメリカの戦力が回復してくると状況は一方的になってきた。
日本叩きが一段落したアメリカは1942年には北アフリカでDAKを叩き、ドイツ軍の抵抗に苦戦
しながらも1943年5月には北アフリカを攻略を成功させることになったのです。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 10:54 ID:ZiTCBC0a
日本軍は戦時中も品行方正だったと多くの外国人たちが証言している。
かたやアメリカはといえば、日本軍の真珠湾攻撃の情報を掴んでいたにもかかわらず、
「向こうから仕掛けてきた」という体裁欲しさにハワイの米兵を生け贄に差し出した。
戦中は民間人を狙った大空襲を行い、終戦間近になった頃には、天皇がソ連を
通じて降伏の用意を調えていたことを知っていながら、あえて原爆を落とした。
よほどの米国右翼か騙されているのでもない限り、大抵の米人は「悪質な人体実験」
と当時の自国政府を非難している。
なにをもって残虐というか。
戦争行為そのものを「残虐」というなら、参加した国家全てが同罪だ。
戦争行為ではなく、やり口という点で言うなら、日本兵は米兵の遺体を辱めることは
なかったが、米兵は日本兵の遺体を辱めることになんらの躊躇も見せなかった。
遺体の口に脱糞放尿したり、耳や鼻を削ぎ落として集め、終戦後帰国してからは、
自宅にそれらの干物を飾ったりした。
いかに日独が残虐だったかを証言している米国の虚言癖に、日本人まで付き合って
自虐することはない。
有名な「アンネの日記」がフィクションだった事はすでにアメリカの裁判で決着がついている。
ノンフィクションとされた「シンドラーのリスト」も実はフィクションだ。
しかしこれらの事はよほど調べなくては日本人の耳に入ってこない。
何故か。
日本は「第二次大戦のこと、朝鮮半島のこと」については言論の自由がない。
それを思えばおのずと判ろうものだが。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 13:51 ID:fFeEUzVT
>>54
アフォですか?
東條はちゃんとピストルで自殺を図ってますよ。
だけど左利きだったから心臓を撃ち損なったんだよ。
それで病院送りになって、アメに捕まって、東京裁判に出廷した。
そこで堂々と帝国の主張を述べ、最期は絞首刑に処せられた。合掌。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 14:06 ID:lvSNMj1g
荒らしてください
http://jbbs.shitaraba.com/computer/10546/hakoniwa.html

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 21:37 ID:LsscZPDC
「我が国にも2種類のドイツがあるように、日本にも2種類の日本がある。
一つが資本主義的、親英的日本。
もう一つは「日出づる国」「サムライの国」としての日本だ。
日本海軍は後者の具現化だ。
人間が自分自身の本質に一番近いものを見出すのは海の男の中なのだ。
ユダヤ人はユダヤの世界支配への道を掃き清めるために日本の壊滅を祈っている。
ユダヤ人は彼らの独裁を打ち立てるためには、日本を倒壊しなければならない。
イギリスのユダヤ人新聞は「日本の軍国主義と帝国主義を打倒せよ!」と叫んでいる。
ユダヤ人は、千年の歴史を持つユダヤ人国家において、日本のような民族主義国家を恐れている。
したがってユダヤ人による世界支配体制が完成する前に日本を滅亡させたいと願っている。
そこで、今日ユダヤ人は、かつてドイツに対してやったように、諸国民を日本に対して扇動している。
したがって、イギリスの国策がまだ日本との同盟関係を頼りにしようしているときに、早くもイギリスのユダヤ系新聞は同盟国日本に対する宣戦を要求し、
民主主義の宣言の下に、そして「日本の軍国主義と天皇制を打倒せよ!」という雄叫びの下に、日本を殲滅するための戦争を準備していることは別に不思議ではない。
日本人は、東方に移動したゲルマン民族の血が大量に入っている。
私はそれを確信した!」


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 22:49 ID:EUBVA/PZ
ここではヒトラーがたたえられています。
http://8622.teacup.com/delta/bbs

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/31 05:52 ID:3b8MyOEI
心配せんでも百年後にはナポレオンと同じぐらいの評価にはなってるよ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/31 09:59 ID:zWxwwcjx
>63
どうして?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/31 13:26 ID:wHJXevU7
連合軍側が、自分らに都合よく捏造したヒトラー極悪論は、
いつかは払拭される日も来るだろう。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/31 19:08 ID:3b8MyOEI
>64時間が罪を風化させるし、百年後にはヒトラーと戦った連合国の存在も風化しているから歴史学者は連合国側から物事を見ない。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/31 19:44 ID:yWYq/ekR
ヒトラーの絶対悪論は不動でないといけないのだと思う。
どこが、どう悪い、どこは良かったという議論すら許されない風潮は永遠かも。
西欧の歴史は似たような物で、ヨーロッパが全体的に悪と定義することになるから。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/31 21:08 ID:wHJXevU7
最低でも、共産主義や社会主義といったクソみたいな思想が歴史上から
完全に打ち倒される時には、ヒトラーの名誉は挽回されるべきだと思う。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/02 10:17 ID:kp3Kb32B
ワロータ、ワロータ
--------------------------------------------------
1963年、関東の八つの暴力団が政治結社の届け出をして右翼活動を
はじめた、その頃にあった御下問。
昭和天皇「愚連隊が右翼のような活動をすると聞くが」
警視総監「これについては徹底的に取り締まるつもりでおります」

愚連隊が右翼のよう、ワラタ ワラタ
--------------------------------------------------


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/02 10:18 ID:kp3Kb32B
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | 悲惨な糞ウヨを汲み取りに来ました
   |__  _____    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|==□ ヽヽ
     ,_∨_____  ‖ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|   |  |_ヽヽ__
   . γ;二二二, ll .__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄   ‖   \
. _  // ∧_∧ |.|| | .|  許可車            |     ‖ [] [ニ] |
[_].//( ´∀`).| || | .||                 | Morita ‖  糞尿 |
.└/l__/__  ).| || .|__|   ===し===し===|== ‖ 1800L |
  |    (_/= ||| --ヽ_____________\ ___ ‖ ○ /
  l。 ,------|.l_|二二l_l/ ̄ ̄/l /γ二二..ヽ    |ロロ| ̄ ‖ ̄ ̄ ̄|ロロ|
  l__// ̄ヽ\|.\===l二二l__l /// ̄ヽ\~ヽヽ_匚|]_||_oo_||__l]
[]└--l .◎ ..l ..凵======-l/.l .◎ ..l |_l~(\__/~'==l=======l==/
    丶  ./_/   丶_/_/    .丶  ./_/_/ ̄~~丶_/_/_/

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/02 10:19 ID:kp3Kb32B
-------------------------------------------------------
右翼団体「日本青年社」の母体は、住吉会系暴力団。
2000年10月、中川秀直 官房長官が「右翼とつきあっていた」
ということがスキャンダルになった。
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/article/nakagawa/200010/18-1.html
http://www.zenmei.gr.jp/kokkai/situmon/2000/2000-10-26.html
http://www.jcp.or.jp/diet/KOKKAIGIIN/SYUGIIN/FUWA/fuwa-file/201102_huwa_toushu.htm
-------------------------------------------------------


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/02 10:20 ID:kp3Kb32B
ヒットラー石原慎太郎が産経新聞で激賞の右翼団体「日本青年社」
http://www.seinensya.org/)。
http://www.seinensya.org/undo/ryodo/senkakushoto/030204isihara.htm
名誉総裁の自称有栖川識仁が偽物だとばれたのは記憶に新しいが。
またしてもやってくれました。

  <都の工事巡り恐喝、右翼団体「日本青年社」会長ら逮捕 >
警視庁組織犯罪対策部は2003年12月3日、東京都八王子市石川町、
右翼団体「日本青年社」会長・松尾和也(60)、
同市台町、同幹部・片博(55)など同団体幹部ら3人と、
同市長房町、空調設備会社元社長坂爪十郎(69)など業者3人の計6容疑者
を恐喝の疑いで逮捕した。

ま、ウヨとはこういうもんだ。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/02 10:22 ID:kp3Kb32B
           /           \
          /             ヽ
         /   ,----、   __    ヽ
         !   /     `'''''''´  `ヽ   i
          |  /              }  |
        _⊥< ,,,,,,,,__           |  !
        /r\f‐┴─-<_  ≦二ヽ__レ'!
       !ノ!. ヽ 厂二二┐ ̄r─‐-、 /⌒!
       l ヽ   !ヽ__//^ヽ!  ̄` ノ/iヽ /
       \__! `ー--/!  \ヽ--'/├'/
         |   / L _ __)ヽ ̄  /‐'   
         ,┤ i〈 、_____, 〉 /  <せやさかい、
        /  !  ヽ\+┼┼+/  /  <ウヨは暴力団関係者が多いんや
      __/   ヽ    `ー‐‐'´ /      
  , -‐''" i    \       人
-''~     |    \`ー----‐'´! iヽ、

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/02 15:43 ID:Ji6YTZbI
ヒトラーも国家社会主義で社会主義の系譜にあることは確かだと思うが。
国際金融資本=ユダヤ人を打倒せよとか。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/02 19:02 ID:jiHvMRc+
>>74
ヒトラーは
「ドイツ国籍になる意思のある在独ユダヤ人は受け入れる、
あくまで在独を貫くユダヤ人は遠方の地に移動してドイツから去ってもらう」
という計画だったんだよ。
アウシュビッツは病院もあったし、食事も収容所外よりは上等だった。
ところがいざ終戦を迎えてみると、
日本による南京大虐殺のように、
ナチスによるユダヤ人虐殺という「嘘」が捏造された。
ナチスによるユダヤ人虐殺計画が嘘だと最初に言い出したのは、
実はアウシュビッツに実際にいたユダヤ人たちだったりする。
そしてそれはイスラエルの学者たちの間でも
「今は否定できない事実」と認識され始めている。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/02 22:31 ID:aST4fL9z
>>75
ユダヤ人とはユダヤ教を信仰する人たちのことで、ユダヤ民族なる人種のような
ものはこの世に存在しない。だからキリスト教に改宗すればユダヤ人ではなくな
る。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/02 22:57 ID:Ji6YTZbI
ドイツ国籍の無い在独ユダヤ人ってなんだよ・・お前はドイツに住むユダヤ人が無国籍だとでも思ってるのか?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/03 12:56 ID:SWEBeZ6O
>>76
勿論知っている。
ユダヤ人たちは改宗すればユダヤ人でなくなるのに、
ユダヤ教を捨てない。
何故捨てないかを理解してね。

>>77
在日朝鮮人は日本にいるけど日本国籍ないよ?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/03 16:23 ID:UmdQ8Lfn
>>78 在日は朝鮮に属する日本在住だろ。
  ユダヤはどの国に属するドイツ在住なのか、ってことだよ

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/03 16:35 ID:6rCqxRHu
きっとユダヤ国というものがあったと思い込んでるんだよ

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/03 18:42 ID:wmnAS316
ナチスの功績のひとつは、金権支配を源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用によって貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/03 23:51 ID:SWEBeZ6O
>>79
戦後の在日朝鮮人だと思えば判りやすいかな?
戦中まで日本国籍を持っていた彼らは、せんご、自らの意思で日本国籍を捨てたでしょ。
ユダヤ人はその時の状況で平気で国籍を捨てることが出来たんだよ。
平気であちこちに移民して、都合が悪くなると逃げる事が出来た。
ドイツが敗戦になればドイツ国籍を捨てる、それがユダヤ人。
国家に中世も誠の心も捧げてないからね。
そういうニュアンス。
それをヒトラーは嫌い、ドイツ人になるかそれとも流浪のユダヤ人でありつづけるかっていう
二者択一だったんよ。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/04 13:43 ID:615aVjcF
 アメリカ 先住民族400万大虐殺! 黒人奴隷制度(70年代まで公民権無し) 排日移民法(ニュルンベルク法と趣旨同じ)
当時としては合憲 自然の権利に基づく・・・西方に領土をもとめ1000年帝国完成(フロンティア精神!)
白人至上主義、自由(やりたいほうだい)正義!(ですがなにか?)

 イギリスとその連邦諸国
ナチス、ファシズムはダメだけど、アパルトヘイト、白豪主義OK!!
アフリカ、インド、マレー侵略して1000万人以上プランテーションに送り込む。
安楽死はダメで、アヘン貿易で大儲け!

 フランス 自由、平等、博愛などとほざき、アルジェ、コンゴ、ギニア、インドシナで人権侵害の嵐!

確かに、ルーズベルト、チャーチル、ドゴールがホロコーストを命令したことはない。
プランテーションにガス室は無かった。(シャワー室すら無かった(藁)

 ドイツはユダヤとジプシーに
 米英仏は有色人種に

日本だけが人類の真の平和、人道,良心、道義をもって、世界解放のために戦ったのである。
  

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/04 13:44 ID:615aVjcF
 アメリカ 先住民族400万大虐殺! 黒人奴隷制度(70年代まで公民権無し) 排日移民法(ニュルンベルク法と趣旨同じ)
当時としては合憲 自然の権利に基づく・・・西方に領土をもとめ1000年帝国完成(フロンティア精神!)
白人至上主義、自由(やりたいほうだい)正義!(ですがなにか?)

 イギリスとその連邦諸国
ナチス、ファシズムはダメだけど、アパルトヘイト、白豪主義OK!!
アフリカ、インド、マレー侵略して1000万人以上プランテーションに送り込む。
安楽死はダメで、アヘン貿易で大儲け!

 フランス 自由、平等、博愛などとほざき、アルジェ、コンゴ、ギニア、インドシナで人権侵害の嵐!

確かに、ルーズベルト、チャーチル、ドゴールがホロコーストを命令したことはない。
プランテーションにガス室は無かった。(シャワー室すら無かった(藁)

 ドイツはユダヤとジプシーに
 米英仏は有色人種に

日本だけが人類の真の平和、人道,良心、道義をもって、世界解放のために戦ったのである。
  

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/04 14:46 ID:/jEml5SG
>>83-84は部分的には正しいけどところどころ間違ってるので放置でね(*^д゚)b

86 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

87 :名無しさん@お腹いっぱい:04/01/04 18:34 ID:3W9+egwU
NHKで「ヒトラー(6回シリーズ)」もやってくれんか脳

 「扇動」編とかに分かれてる奴

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/05 10:16 ID:nGRihddg
 ヘレンケラーがもし黒人だったら・・・・
 アンネフランクがインドネシア人だったら・・・




89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/05 10:52 ID:rwVEkIX9
ただ1っ言えるのは ヒトラーは間違えなく素人並の軍オタ。
ヒトラーが作らせた兵器は奇妙なものばかり。
188屯の戦車を1944年夏まで完成させようとしたアホっぷりには
驚かせる。
もっと驚かせるのは ナチス嫌いのハインケルが巧妙なサボタージュを
行こし航空機の生産を故意に遅らせるような事が横行していたこと。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/06 01:40 ID:qqkDu8ir
俺はヒトラーは正しいと思うよ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/06 18:03 ID:sFxvsPml
「映像の世紀」の第4章と第5章録画すればヨカッタ。
再々放送やって欲しいなー。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/06 23:45 ID:qO9fDCb8
>>91
Winnyにあるよ

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/16 09:10 ID:fiBFsxKX
ナチスの功績のひとつは、金権支配を源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用によって貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。


94 :名無しさんの主張:04/01/18 23:26 ID:pile3Frn
ジークハイル!

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/22 03:46 ID:yieP/vP8
偶然発見したナチスの研究ページなんだけど、
ベラスコの話は初耳で、気になって眠れそうもない。
「ヒトラーは死ななかった」とか「広島原爆はナチス製だった」とか、
「南米に逃げたナチ残党」とか・・・↓

http://blackbox777.at.infoseek.co.jp/hexagon/floorA6F_hc/_floorA6F_hc.html

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/24 21:34 ID:W0gaPrXC
ナチスの功績のひとつは、金権支配を源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用によって貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。



97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/27 20:44 ID:yZyRN1XK











国家社会主義日本労働者党
http://www.nsjap.com/










98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/27 20:53 ID:yZyRN1XK


ヒトラーが勝っていればパレスチナ問題も中東戦争も石油ショックも
911もネオコンイラク戦争も無かった。



99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/28 16:12 ID:kYe8aQ5f
何でナチスドイツが協定を破棄してまで、ソ連に攻め込んだかが知らないのだけど。
ポーランドを落とした後、北欧やフランスの平定に時間をかけていれば、
今の世界地図は違っていたと思う。

ついでにいうと、アメリカを巻き込まなければ、本当に予想も付かない状態になっていたと思う。

漏れにとっては、社会主義的な体制で経済成長できた日本の状態のほうがよかったけどね。

100 :(・+・) ◆He9HQvalCo :04/01/28 18:44 ID:3jAQw9Pp
100get

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/28 21:01 ID:nqfxZqpa
age

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/29 09:17 ID:w3YsRJJk
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用によって貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。



103 :名無しさん@4周年:04/01/29 15:32 ID:Cu98UUYu
>>99
>何でナチスドイツが協定を破棄してまで、ソ連に攻め込んだかが知らないのだけど。

アメリカとの密約があったんじゃない?アメリカはイギリスにつくかドイツにつくか迷ってた

結局、アメリカはイギリスを選んだけど

第二次大戦なんてものはイスラエル建国の為の英ユのサイドショーにすぎないんだよ

104 :英雄ヒトラーの生まれ変わり:04/01/29 15:50 ID:lov+qIYY
>アメリカとの密約があったんじゃない?
証拠を見せろ!

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/29 18:01 ID:sgmpfd8+
密約かどうかは別として、対ソ戦に先立ちドイツはアメリカにジャイロスタビライザーの技術を
供与し、アメリカはその見返りとしてタングステンをドイツに供与したという説はありますな。

飽くまでも「説」だけどね。

M4シャーマン戦車にはジャイロスタビライザーが最初から装備されていて行進間射撃が可能だったけど、
アメリカの戦車兵は何のために使う装置か全然わからなかったので結局スイッチを切ってたそうだ。
また、対ソ戦で大量に使われたAPSの弾芯であるタングステンはどこから手当てしたのか?
ということを考えれば米独間に全く取引やら駆け引きやらが全くなかったとも思えない。


>結局、アメリカはイギリスを選んだけど
これはちょっと常識的には考えられないけどね。

106 :英雄ヒトラーの生まれ変わり :04/01/29 19:24 ID:lov+qIYY
その程度の軍事技術交流なら、日米間でもなされていた
要は、どんな密約があったのかだ
桂・タフト会談のような
でないと、そんなもん虚妄の域を出ない

107 :名無しさん@4周年:04/01/29 19:52 ID:Cu98UUYu
>>105
>>結局、アメリカはイギリスを選んだけど
>これはちょっと常識的には考えられないけどね。

ドイツを選んだから、同時にイギリスが敵ってことじゃないよ
アメリカがドイツを選んでたら、イギリスとの和平の仲介者になってたってこと
日露戦争でも日本に資金面でアメリカが全面バックアップしてたけど
日本がロシアに負けると債権がパーになってしまうから仲介したよね。アメリカは。
あのまま日露戦争続けてたら、日本は負けてたと思うな。

要するに結局、ドイツのストーリーよりイギリス・ユダヤ連合の描いたストーリーを選んだけどね

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/29 20:01 ID:xXIqnZPz
>>106
>その程度の軍事技術交流なら、日米間でもなされていた

具体的には?


>>107
確定的に論ずるつもりも無いけど、ドイツが対ソ線の前にイギリスを打ち負かしていたら
アメリカはドイツに対して融和的に振舞わざるを得なかったかもね。
その場合でもイギリスよりになるだろうけど。

>アメリカがドイツを選んでたら
ドイツがイギリス以上に利益を引き出せる相手でもなければそれは難しいんじゃないかな。


>ドイツのストーリー

具体的には?

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/29 20:16 ID:3qIYo1xs
ヒットラーがユダヤ人を完全に片づけてたら、今の世界はもっと平和だったよ。

110 :名無しさん@4周年:04/01/29 23:01 ID:Cu98UUYu
>>108
>ドイツのストーリー

ヒトラーは当初イギリスを徹底的に攻撃するつもりはなかった(ダンケルクしかり
ドイツ軍がソ連のモスクワを陥落することが出来たら
アメリカはドイツ側についてソ連と戦うって言うっていう密約
その後、イギリスとの和平の仲介者になるっていう密約

アメリカは当初、ナチスやヒトラーを全面バックアップしてたよね
共産主義国ソ連への防波堤として








111 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/29 23:53 ID:iPnC7YaA
>>109
激しく賛成

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/30 00:07 ID:pPj5C15U
>>110
>>アメリカは当初、ナチスやヒトラーを全面バックアップしてたよね
アメリカはフセインも支援していたよ
でも、アメリカという国は、自分の利益があれば善も悪もバックアップするよ。
こんな簡単な事の意味を理解できる買い?

113 :名無しさん@4周年:04/01/30 00:41 ID:4z/GoRwh
>>112
そうだね。正確に言うと、自分たちの利益(アメリカが常に正義側でいるためにetc)のために常に悪を人工的に創りだしておかないといけない

ヒトラーしかり、ラディンしかり、カザフィしかり、フセインしかり、カストロしかり、金正日しかり、ハタミしかり。

こいつら全員、実は親米というワナ。用が済んだらポイだよね

114 :名無しさん@4周年:04/01/30 00:46 ID:4z/GoRwh
しかし、21世紀は独裁者は必要なくなってきた
カザフィ、フセインの役目は終わったね
アメリカは福音の世界(統一)政府樹立を目指している
これからはテロリストが主役になっていくんだろうな

パレスチナは、世界(統一)政府時代になったときの為のテロの実験場なんだろうな

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/30 02:31 ID:R0bpAyKM

ユダヤ人のガス室については、いわゆるなかった説もあるわけだが。
たしかに、科学的には、あのガス室では無理らしい。


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/30 23:26 ID:Ozf3e9/e
アウシュビッツ強制収容所の扱いはどうなる?
ヒトラーの偉業と悲劇を讃える記念碑になるのか?


もっとたくさん殺せたのに、連合国に邪魔されたと…





117 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/31 00:03 ID:CwrjRQEc
ガス室で殺したというより裸にして部屋に押し込んで
餓死させたということのようだね。
死体が一様にガリガリなのはそのせいだったのか

118 :ナチスもやりすぎたけど:04/01/31 02:14 ID:2r/vXk1U
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用によって貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。



119 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/03 01:12 ID:fjmBR4bh
>>118
ロスチャイルドもナチスにやられたの?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/03 11:19 ID:KB3dka5/
>でも、ユダヤ人陰謀説もほどほどにね

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/03 14:00 ID:/mb1PSAM
ナチスを語る上でのタブーが戦後、戦勝国によって捏造された
わけだが、公平に見れば、どっちもほめられたモンではないよ。
西側も相当なことをやってるし、朝鮮半島や、ベトナムで
アメリカがやったことは一切お咎めなしだ。
ユダヤ人虐殺は西側(旧西側ね、ヨーロッパの西の意)
がそこまで追い込んだ側面もあるわけだし、当初からの
ドイツ政府の政策ではなかった。しかし、900万ユダヤ人の
虐殺に関しては、ナチス政府に責任があるけど、
彼らを悪魔視するのは、戦後の西側のプロパガンダ。
アウトバーンや公共事業に関しては、裏があって、ナチス党が
非公式に出した債権が、現在の価値で何百兆円分もあって、
国の勘定外でデタラメなことをやってる。だから、景気がよくなった
というのは、功績でも何でもなく、実はインチキなんだよ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/04 11:18 ID:dJAsaD8o
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用によって貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。



123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 22:34 ID:qKUItOss
21>キリストに似ているな、、
いいとこついてますね。
かのキリストをはりつけたのはユダヤ人
ひとらーにいじめられたのもユダヤ人
因縁というものはおそろしいですな。
神の理としては、まぁ、ヒトラーはキリストの影
とでもいいましょうか、、

124 :名無しさん@事情通 :04/02/06 02:51 ID:25tykk2G
そのキリスト自身がユダヤ人なわけだが・・・

125 :ユダ:04/02/06 20:15 ID:gldEXJ8N
それはユダヤ人自身が広めたデマであると
キリスト教徒は絶対にそんなもん認めませんがね
まあっ無宗教(宗教などアホ以下の物としか見なさない)の自分としては
どうでもいいがね

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 23:34 ID:lstnRXtp
国内のロスチャイルド一族を苦々しく思っていたイギリスとしては、
がんばれ!とか思ってたんだろうな。
あるいは、ヒトラーと裏取引して支援してたとか。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 23:58 ID:zhi7V3MF
>>125
宗教は素晴らしい、時々オウムとかの不良品があるが、
お頭の弱い連中や、心情不安定になりやすい連中の
暴発エネルギーを別の方向に向けることで大いに役立っている。
失くした時、初めて有り難さが理解できるだろう。感謝汁!

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 01:22 ID:esV3M9DG
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用によって貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。




129 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 05:50 ID:0XMKyFuM
>>127
もういらん。
これからは宗教もそれにすがる連中もどんどん淘汰されていく。

130 :宗教大嫌い:04/02/07 09:45 ID:5cMS4vgp
>>129
その通り!
パレスチナを見よ!
相変わらずアホの繰り返しではないか!


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 11:55 ID:wlUl0WxY
>>129
そんなことを言っていた共産主義はそれ自体が宗教だったわけだが。
人間は宗教とは縁を切ることはできんよ。

132 :宗教大嫌い:04/02/07 12:45 ID:5cMS4vgp
>>129
俺は宗教と縁をきっぱりと切りましたが
何も全然生活に困ってませんよ
そんなもんに生活を縛られなくて人生を満喫してますが


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 12:47 ID:s6J6bBFS
>>113 何でハタミ大統領が独裁者なんだよ?w


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 21:41 ID:GYam52om
>>99
キーワードは地政学。ハートランド。ランドパワー。シーパワー。

地政学は一定の条件と時代でしか役に立たない。
それに惑わされたって事だね。
当時、ユーラシア大陸の中心を取れば世界が統一できると本気で信じられていた。
(もちろん、実際は戦争の形態はテクノロジーが進化するためにそうではない)

あと、ナポレオンを超えたかったというのもあると思う。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 21:50 ID:GYam52om
あと、俺はユダヤ・ホロコーストについて、知らなかったがマジで大部分が誇張らしいね。

マジで歴史学の意味を考えないと人類ヤヴァイな。
もし、本気で世界平和を目指してる奴がいるなら、もう一度、どうすればいいのか考えない直さないといけない。
「国家=悪」や「運動で世界が変わる」とかの概念を持つ人は、特に。

本当の地球市民ってなんだろうね。
すくなくとも彼ら、共産主義者やフェミニスト団体のいう地球市民はただのエゴイストだ。
もちろん、国粋主義の人たちもね。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 22:31 ID:X2xyRhXS
>>125
キリストがユダヤ人であることを認めないキリスト教徒っているのか?
聖書を読めば一目瞭然じゃないの?
しかし、キリスト教とユダヤ人の排斥思想はどうもセットのような気がする。
ローマ国教になる前の非常に早い段階からキリスト教会では事実無根とも
思えるユダヤ人の誹謗中傷を広めてたようだ。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 22:45 ID:rVQj6e4x
>>136
いや、イエスはユダヤ人とは厳密には違うらしいよ。
聖書はよく読んでくださいね。
もちろん、ユダヤ教はイエスをキリストとは認めてないですが。
詳しくは知らないんだけど。
○○びと、とかそういう違い。キリスト教は当時の異端宗教かな。
以前、教会とか言ったときに何か言ってた。牧師さんに聞いてくだされ。

138 :名無しさんの主張:04/02/07 23:00 ID:CL3/vam1
以前、「ホロースト」を見たときに、男の子と女の子のこんな会話があった
女「ユダヤ人って、そんな悪い事をしたの?」
男「学校で習っただろ。奴らはイエスを殺したのだ」
この会話から判る様にユダヤ人同士なら、ユダヤ人に対する憎悪など出てこないのです。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 23:26 ID:oQm5+3JI
っていうか、キリスト自体ははユダヤ人だろうとなかろうと
ご自身そんなこだわりあるはずないでしょ?聖人様ですよ?
あくまでキリスト級の聖人を殺した人間の悪因をもつのがユダヤ人のうちの一派
だったことですよ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 23:31 ID:uE2GhgKd
早速反論があったから、やはりキリスト教徒はキリストをユダヤ人と
思うのが嫌なのか。なかなか、おもしろいね。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 23:53 ID:rVQj6e4x
正直、お互いに嫌ってるよね。
キリスト教って、面白い。
でも、日本のキリスト教は、世界的には異端だと思う。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 23:55 ID:rVQj6e4x
異端っていうのは、つまり、あのブッシュやラムズが
正々堂々とキリスト教徒だってこと。こっちが本流なのかな?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 09:05 ID:2WHPrT+v
>>139
聖人様ねえっ‥
本人は仁愛を説いたつもりかもしれんが
俺には、人間にキリスト教徒とそうでない者にきれいに線を引いた為
際限の無い殺し合いを演出したアホにしか思えんけどね
よく考えて見て欲しい、このスレのヒトラーも敬虔なキリスト教徒だったんだぜ!




144 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 10:40 ID:wxSnGxJa
しかし、キリストがユダヤ人でないとしたら、何人なの?
まさか、カナン人ってことないよな。その方がキリスト教徒にとって
嫌なのでは?まあ、カナン人=フェニキア人の末裔と呼ばれてる
人たちは、イスラム教の真ん中でいまだにキリスト教徒だから
かなりキリスト教への忠誠心が高そうだが。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 11:01 ID:6Q5gR55n
ここにはユダヤ人の定義という物が全然判っていない人が、沢山おられる様だね

ユダヤ-じん 3 【―人】
ユダヤ教を信仰する人々。古代ではパレスチナに居住していたイスラエル人の
子孫がこれにあたる。早くから世界各地に離散していたが、ローマ帝国による
エルサレム破壊後離散はより拡大。キリスト教徒による社会的差別を受けた。一九世紀末、シオニズム運動がおこり、第二次大戦後イスラエル国を樹立。

この様に、たとえユダヤ人の両親であっても、ユダヤ教を信仰せずキリスト教徒と
なった場合(いわゆる改宗ユダヤ)、もはやユダヤ人ではないのである。



146 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 12:00 ID:3CTZFsrg
>>145
それは、現代の定義だよね。古代ではユダヤ教を信仰しない
ユダヤ人もいたようだからね(それで神の怒りを買ったりする)。
それなのに、原始キリスト教で
139の言う
>あくまでキリスト級の聖人を殺した人間の悪因をもつのがユダヤ人のうちの一派
>だったことですよ。
の論理でユダヤ人を攻撃したのがよくわからない。民族的にユダヤ人を
憎んでいる動機があるような・・。しかも表向きはキリストの昇天は
「人類全体の罪を背負ったから」のはずだと思うけど。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 12:55 ID:6Q5gR55n
>>146
あなたは世界史に極めて疎い様だから、判りやすく言うとね
ユダヤ人迫害には本当に様々な理由がある
キリストを殺したのも一つだが
まず第一は国を追われた後、居住した地域に同化せず異質のままであり続けた事
第二は守銭奴‥‥シェイクスピアの「ベニスの商人」がそのいい例
ユダヤに支配されたハリウッドが唯一映画化しないのがこれでお分かり頂けたかな?
あれは極端な例ではなく普通、高利の金貸しが多かったのも他の民族から嫌われる要因となった
第三に肉体労働的な職業に就きたがらず、猛勉強して医師、弁護士、銀行、学者
など他の民族を押しのけて就業したため、妬みを一層強くした
取り合えず、この辺にまでしとく

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 21:32 ID:eOUx+N0g
>まず第一は国を追われた後、居住した地域に同化せず異質のままであり続けた事

在日朝鮮人みたいだね。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 21:53 ID:xqS+7eCh
白人優位主義者の白人ユダヤ教徒排除思考は、白人で非キリスト教文化
という“黒い羊”に対する嫌悪感だけで成り立っているような気もする
なあ。あるネオナチ集会で・・・

ホスト:「みなさんようこそ、ここにいるのは白人だけです。これが我々
     の文化です」
客  :「ユダヤ教徒も同じ白人ですが、ここにはいませんね?なぜで
     すか?」
ホスト:「彼らは白人ではありません。文化的に何かが違うのです」

・・・と、こんな感じの会話がなされている。ヨーロッパ大陸内での多少
の白人優位主義は実際に彼らの土地である以上とりたてて大きな問題では
ないと思うが、何かを共有した集団と生活空間を共にしている黒い羊に対
する嫌悪感は、人間社会から永遠に拭えない物なのかも知れないねえ。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 22:14 ID:som1oWND
>>147
全然素人だが
これを見ていると、この指摘は共産圏発のものか?と
見まごうものが多いように感じるのは私だけかな

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 22:40 ID:EJBD+NTu
日出ずる国。
日本人こそ人類上最も洗練された民族である。
最高の英知があり、キリストの経典にあるように
自ら血を流し今日の繁栄を築いた。
しかし、3度の破壊が必要・・

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/09 01:13 ID:Tf8LvpT0
キリストの経典を確認しない事には
御伽話を刷り込まれかねないなぁ

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/09 08:43 ID:Sy+Wf7rq
>>150
共産圏というよりランドパワー(大陸国家)的文化から見た
シーパワー(海洋国家)的文化に対する嫌悪なのかな。
ユダヤは代表的なシーパワー的文化だしね。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 01:04 ID:6CgnP9Eq
ユダヤを殺したヒトラーもどうかと思うけど、
ユダヤの商売の方法もどうなのかねー。
歴史は繰り返すよ。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 01:21 ID:CR5SEQYK
ユダヤを迫害したのはヒトラーだけじゃなくて
確かローマ皇帝も

156 :名無しさん@お腹いっぱい:04/02/11 12:25 ID:Jajik52m
歴史を全然知らないんだね
ヒトラー、ローマ皇帝だけでなく、色々な国や独裁者から
これは、ほんの一例
    ↓
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1065333830/

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 12:33 ID:8rQTpf6w
漏れ的には、ヒトラーはユダヤ人を迫害したのではない。
当時の社会状況を利用して、権力握っただけだ。
反対の社会状況なら、反対の行動を取ってたと思うよ。

158 :名無しさん@お腹いっぱい:04/02/11 13:41 ID:Jajik52m
>>157
あほかお前!
ヒトラーの名著『わが闘争』を読んでから言え!


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 13:50 ID:8rQTpf6w
読んだよ。あれは嘘だと思う。
確信はない。漏れがそう感じただけ。
ヒトラーの作戦指令書という本があって、
結構ためになるよ。ヒトラーの演説なんか聞いても、
どこまで本気で言ってるのかわからん。
少なくとも大衆をコントロールしようという意図は感じるが。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 13:54 ID:8rQTpf6w
本当のことは判らないよ。
ただね、結局ですよ、対ユダヤ政策は当初は、ドイツ資本家に
対する、資産やシェア贈与策に過ぎなかったのではないかと。
プラス大衆への洗脳ね。貧しくなったのは、すべてユダヤのせいだと。
対ユダヤ政策などモロモロで、結局、ヒトラーは莫大な政治資金を
手にして、大衆からの支持も得たのではないかと。
ヒトラーの発言の節々見ると、かなり、クールな人間であると思う。
差別発言も計算してやってると思う。天然ではないと。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 14:00 ID:8rQTpf6w
実際、30年代には、ユダヤ保護政策なんかもやってるんだよね。
かなり、いい加減な話だけど。
要するに、ヒトラー=風見どりなんじゃないかなーと、漏れ的に納得
してんだけど、語るのがタブーなのでね。みんなの意見も知りたいな。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 22:30 ID:sh25Bv6w
>>154
ヒトラーはユダヤ人テロリストを隔離はしたが、殺してはいない。
移住させる為に保護していただけ。
実際、ホロコーストのガス室は一度も使われた形跡がない。
戦後、戦勝国側がヒトラーを巨悪に仕立て上げただけというのが真相。
ちなみにこの主張を最初にしたのは、
他ならぬホロコーストの生き残りであるユダヤ人たち自身なんだ。

日本だって、やってもいない戦争犯罪を戦勝国側に捏造されてるだろう。>南京大虐殺

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 22:36 ID:sh25Bv6w
>>160
当時の在独ユダヤ人は、現在の在日朝鮮人のようなもので、
ドイツに在りながら、「ドイツを乗っ取ってやる」などと方言し、
実際テロ活動を行っていた。
ナチスは在独ユダヤ人を一端収監し、テロ活動の心配のない者はすぐに釈放した。
収監されていたのはテロ活動の疑惑のある者、住所不定の者など。




SSは「ユダヤ人を迫害してはならない」という規律を命じられていたし、
実際それがモトで処刑されたSSもいる。
そんなルールで取り締まること自体が、ユダヤ人虐待の証拠と思うかもしれないが、
動物を虐待して処刑されたSSもいる。
つまり、人としての規律に反したらいかんというルールだったのだ。

アンネの日記は偽書であり、
執筆者はアンネ・フランクの父の依頼であった書いたと裁判で証言している。

164 :160:04/02/11 22:59 ID:8rQTpf6w
>>162
いろいろな意見があると思うが、ユダヤ人虐殺自体は
間違いないと思うよ。ニュルンベルグ裁判の映像資料なども
残ってる。アウシュビッツの虐殺はヘス自身が証言してるし、
1日に最大3万人殺したと長官本人が証言してる。
後に逮捕された、アドルフ・アイヒマンも戦争犯罪の存在は認めてる。
ただ、公平に見るとだ、西側も戦時中はやった事メチャメチャだったし、
ユダヤ人の隔離政策を破綻に追い込んだのは、戦勝国側だ。
つまり、西側は虐殺の手助けもしたってことだ。しかも、戦後は
ナチスをとにかく悪魔に仕立て上げて、自分たちは紳士の顔してる。
そこのところのカラクリを理解してほしいんだな。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/12 23:13 ID:4BsCjafS
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用によって貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。



166 :アドルフ ヒトラー:04/02/12 23:15 ID:Xs75LzlE
ユダヤ人は寄生虫!

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 20:06 ID:ks1uCLK7
虐殺は殺人に含まれるのだろうけど、虐殺に出来る定義がわからない。
心象操作の為に意図的に使い分けられているのは明らかなんだけど。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 01:35 ID:pXJOkbp+
ナチスとシオニストの協力関係
http://blackbox777.at.infoseek.co.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html


169 :ナチスとシオニストって最初は仲が良かった:04/02/14 03:31 ID:dZmQPS69
>>168
ラインハルト・ハイドリヒってユダヤ人なんでしょ?
何故、暗殺されたのか?本当はどこの集団に暗殺されたのか?

170 :板違いだけど:04/02/14 17:48 ID:mHMq3xjy
 議論が熱いところ申し訳ないけど、双方の意見を聞かせて。
今日新宿に貧乏画家時代のヒトラーを描いた「アドルフの画集」観に行った。
映画の出来は上々で、屈折した青年ヒトラーの心情がよく描けていたと思う。
ただ予定されていた「ヒトラー直筆(と複製)の絵画の展示」が「内外の予想外
の反響」によって急遽中止にされていた。
あの男の画家としての資質を確かめるいい機会だと思っていたので、ちょっと
がっかりして受付の女の子に「反響じゃないでしょ。抗議でしょ」って意地悪
言ったら困ってたな。「あの、反響ですぅぅ」
正しくは圧力。または恫喝もしくは脅迫。
どこからとは言わんが、ナチスとどう違うんだ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 18:35 ID:WI5EY1cu
>>166
一部のユダヤ人だろ?

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 22:29 ID:y1wRJ+As
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用によって貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 12:17 ID:inztmzhG
>>164
なんにも知らないんだね。
ニュルンベルク裁判も東京裁判も戦勝国側によるリンチもいい所だったんだよ。
中国が事実無根の南京大虐殺を捏造したことでも判ると思うが。
現在はイスラエルさえもが、ホロコーストで虐殺が行われなかったことを
「認めざるを得ない」としている。

174 :知ろうとする素人:04/02/17 15:21 ID:4u9bwZzr
ユダヤ人が人種では無い事は何度も聞いたんだが
特徴的な容姿をしているのは何故ですか?
例えば曲がったデカイ鼻とかがカリカチュアとかで強調されてますが
どなたか教えて下さい

175 :<組め:04/02/17 16:26 ID:51TXlB7p
http://www.ushmm.org/wlc/fi_thumbnail.php?lang=en&ModuleId=10005326&MediaId=1241&FileType=FI&ArticleTitle=Third+Reich&MediaType=historical+film+footage

176 :ナウシカで一浪 ◆Oamxnad08k :04/02/17 22:41 ID:RPE7HQI2
正直総統は大好きですよ・・・

>>174 近親相姦を繰り返していたから、という説がある

177 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/02/17 22:54 ID:oCy3uCQA
ユダヤ教みたいな、少数宗派となると結婚が大問題になってくる
異教徒との結婚は少なく、ユダヤ教同士の結婚となるため、
どうしても近親婚にならざるを得なかった
近親婚はその性質上、悪い遺伝子が出現する可能性が極めて高い
その一つがあの鉤鼻


178 :174:04/02/18 05:35 ID:AaNNqLax
やっと謎が解けましたありがとう
そんな事実が隠されてたとは驚きです
ここは凄いインターネットですね!

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 06:03 ID:Np3CJCKg
ホロコーストねえ……。
大量の死体焼くのに必要な莫大量のガソリンを調達できる余地がないから
実行したとしたら死体を処理する方法がないとか、
全世界のユダヤ人の人口が虐殺数年後には不自然にどっと増えてるとか、
否定根拠にはそんな話があったような。


日本の731部隊の場合真偽はどうなんだろ。

180 :174:04/02/18 06:24 ID:AaNNqLax
今発見したんだけど・・・

http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj9369/mystery/Jewish(2).htm
>ユダヤ人らしい容貌があるというのも俗説だ。
>ユダヤ人は鼻が大きい、鉤鼻というのは全くの偏見で、
>ナチの反ユダヤ宣伝を鵜呑みにしたものにすぎない。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 21:05 ID:pOZ/nspL
>>173
南京虐殺やホロコーストを否定するやつは終わってるよな。
西側を肯定するつもりは無いが、これだけ、当時の生存者や
証言や証拠フィルムがあるのにね。
別に日本やドイツが戦争犯罪やったとしても、打ち消す必要など無いのに。
戦争はそれはそれとして、正々堂々とやっていけば、問題はないはず。
確かに、証拠フィルムは捏造の可能性は排除できないが、
だから、ホロコーストは無かったとか、言うやつは○○だな。
イスラエルがどうこういってるが、もちろん、そんな事実はないよ。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 23:17 ID:B7ONY//U
ユダヤ人の先祖は中東出身だから、顔立ちはヨーロッパ系でも肌の色は褐色なんですね。

183 :善人:04/02/19 23:50 ID:OJe2fcsq
>181
あんたに、ナイーブ大賞を送ろう。


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 00:00 ID:DLccKwpL
>>179見ると、ホロコーストに最低限「誇張」があるのは間違いなさそうだね。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 12:45 ID:GEcWhwoR
>>181
純粋まっすぐ君大好き
今日も町中のみんなに、君の溢れる知性で説教し続けてうざがられて下さいネ♪

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 21:06 ID:UToB1lVk
>>181
世の中、本当にウブな人いるのね
生存者の証言が百%真実を語っていると信じるなんて
かわいいわね

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 21:17 ID:e1WkIKw1
ヒトラーはいわゆるチャネラーだった。
未来を透視した。
ある存在からチャネリングで受け取った情報をもとに行動していた。
しかし彼は知らなかった。
チャネリングで繋がる存在の質は媒体の質と比例することを。
つまりヒトラーが頼っていた存在は神などではなく、宇宙の知性でもない。
低次元のろくでもないスピリットだった。
ヒトラーは自分の持つ特殊な能力に酔いしれて道を誤った。
自分は神の導きで正しいことをしていると信じて疑わなかった。


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 21:59 ID:IiVaUg/p
チャネラーはゲッペルス。

189 :本郷タケシ:04/02/21 00:17 ID:MBXBPkEE
>>1
 私はヒトラー、チャーチル、ルーズベルト、東条 のいずれも
政治家として評価しない。
 それはフセイン、ブッシュ、も同様です。
 ヒトラーを礼賛する者もそれを非難する者も同類なのです。
 既にこの世にいない人物を再評価するのはナンセンスです。

 前述の政治家は全て民衆によって選出されたことが問題と考えています。
 つまり、多数決で選ばれた人物が正義では無いということになります。


190 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 00:59 ID:Zwh/Z6wO
>>189
何言ってるか分からん、文の繋がりが変。
頭の悪いぼくちんにも分かるようにお願い
もしくは、どなたか通訳を

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 01:14 ID:4TDi66D6
>>187
ヒトラーがある種の「霊媒」体質だったことには同意。
この件に関しては下のページが詳しいが、
下の話が本当なら、ナチスってオカルト帝国だな↓

ヒトラーの予言、ナチスのUFOの謎
http://blackbox777.at.infoseek.co.jp/hexagon/floorB1F_hss/_floorB1F_nazis.html



192 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 13:39 ID:JxGSYkG8
>>190
要約すると、麻原は神です、ということを言ってますね。

193 :190:04/02/21 20:26 ID:Zwh/Z6wO
>>192
ああ、なるほど(w
よく分かったありがとう
素晴らしい洞察力に敬服致します

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 16:59 ID:+L/ajgQj
ヒトラーの背後には仏教系の秘教グループがいたとか。
そしてそれはどうもチベットと関係があるらしい。
ヒトラーは20世紀後半〜21世紀前半そして最終的に2039年に人類に何かが起こるといっていた。
ダライラマももた然り。彼は以前日本での講演で2040年頃に黄金時代がやってくるといっていた。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 18:23 ID:IM8vs7Ej
どんな政治家でも良い面と悪い面があるわけだ。
現役時代に評判が悪かった吉田茂が死後に再評価されたように。
それが歴史の使命である。


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 22:24 ID:VB34FFrZ
すみません。ここで、ずれた質問ですが、「東条英樹 再評価説」ってのは、今、あるんですか?
ヒトラー再評価は分かる点はあるんですが。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 22:31 ID:0KTkNIGK
ヒトラー「二極化は進み人は神とロボットになる」
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1074710284/

「…“2つの極”はますます進む。1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの
支配者たちと、非常に多数の、新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。
一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、従わ
される者たち。しかも進むのはそれだけじゃない。人間がそうなるにしたがって、地球
にも宇宙にも大変動が起こるのだ。1989年以後、人類には宇宙から、かつてないカ
タストロフィ(大破局)が近づくのだ。…」

ヒトラーの予言
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/445.html
ヒトラーの超人思想
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/425.html

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 00:52 ID:pBlO2nq8
要約するとこういうことだ。
人類の不遜によりまねくであろう地球規模の大災害、この全人類的危機を察知したある秘教グループがそれを避けるための最後の手段として世界を掌握しようとした。
そこで選ばれたのがヒトラーだった。彼によって世界統一政府を成し遂げ、新しい宗教によって人類を感化させようとしたのだ。
しかしそれは最悪の結果となった。ヒトラーは、彼の狂気を捨て去ることが出来ず、彼はグループを離れた。
かくして計画は失敗した。
ということは人類の危機はいまだ去っておらず、計画は進行中ということなのだろうか?
答えはYESだ。
彼らは今度はイルミナティを使ってそれを行おうとしている。
そしておそらくそれは成功するだろう。もっともイルミナティは騙され利用されているにすぎないのだが・・・。
事は成るがイルミナティは破滅するのだ。彼らは不純すぎる。
善悪では計れないことなのだ。ただ世界は無常なのだ。この宇宙でさえも・・・。
だがこれから逃れる術はある。それはあなたの魂がこの狂った宇宙の法則から逃れることだ。
わかるだろうか?宇宙の存在・宇宙の法則自体が狂気なのだ。宇宙の限界性。いや限界性のあらわれが宇宙そのものなのだ。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 18:28 ID:jwiPb65D
>196
東条英機再評価と言えばプライドと言う映画ですね。
探せば他にもあるかもしれません。

200 :本郷タケシ:04/02/26 12:07 ID:DiMU+CZ/
>>1
 明仁、エリザベスは未だに時代遅れな世襲による地位を得ている。
 シュレーダー、ブレアー、ブッシュ、小泉も政治家として評価しない。
 フセイン、金正日も同様です。
 思慮深い人間がカルト教祖のようなヒトラーの予言や思想を受け入
れることはないだろう。
 多数の支持で選ばれた人物によって世界は戦争の惨禍を未だに免
れていない。

>>192
 麻原はカルト教祖であり殺人事件の容疑者です。神ではありません。
 オウム真理教の捜査が後手に回り、破防法の適用も尻込みしたのは
一部の政治家が同教団から資金援助されていたのではないかと疑いた
くなる。
 私利私欲と選挙の票を目当てに政治を行っている人間とそれ以外の
人間を我々はまだ区別できていない。


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 18:10 ID:RgmzY3ab
とりあえず、ホロコーストの主張の意味はわかった。
ttp://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/holocaust.html

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 18:41 ID:jkmdYQat
ガス室なんてもんが実際あったとしたら、敗戦濃厚となった時点で
SSが証拠隠滅=破壊してないというのも妙だな。
ナチスがそこまでアホとは思えん。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 20:32 ID:s65KrXVM
だからガス室なんて全くウソなんだよ
全てユダヤのでっちあげ
南京大虐殺と一緒

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 20:37 ID:s65KrXVM
       /  ̄ ̄ ̄ ̄ \               / \
      /          \            /    /
     /λ            \        /    /
   / / \            ヽ      /    /
  / /     \            |   /    /         /\
  / /        `ー 、       |   \    \        /    \
  | .|           ー―-、   |    \    \      /       \
  |  |     U         |   |      \   \ /    /\   \
  |  |        l        \ |        \        /   \    \
 ,^ヽ.|  ,;;_llliiillli_iJ   ,;;iiillIIii_   |/=          \     /       \   ,`
 |i^.| |  <・>’    <・>'   | i | \       /      \       \/
 ヽ | |  ヽ  ̄'/   【   ̄ ,   |_//  \   /    /\   \
  | ||     ̄    ┃  ̄     |_l\   \/    /    \   \
  `-|  U   /  ┃       |   \       /       \   \
    |      | _,__i )   U .|     \   /        /   /
     l      i| ||;|||||||i     |.      \/        /   /
    ヽ、   |||||:|||||||||ll  (  /                /   /
     |\   ̄ ̄二 ̄ ̄ |//^\             /   /
_ ,――|  \       / /   \          \  /
 /    |\  ー――一  /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ` '
/     |  \ _/    /    /           \
     |  /  入   /    /              \

余の肉体はここ消滅するが
余の遺志は、いずれ必ず誰かが成し遂げん。


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 21:36 ID:4kP7r3O+
>>200

>思慮深い人間がカルト教祖のような
ヒトラーの予言や思想を受け入れることはないだろう。

ヒトラーはそれほど、おかしくなかったと思うが。
むしろ、最初は外交交渉のみでドイツ領土の返還を
させていた事を考えると、かなり優秀な方だと思う。
ノーベル平和賞の候補者にも名が挙がったくらいだし。


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 22:45 ID:JB/xcSzE
>ヒトラーの背後には仏教系の秘教グループがいたとか。
そしてそれはどうもチベットと関係があるらしい。

SSにチベット人がいたというのは本当か?インド人の部隊があったというのは
何か読んだ記憶が有るんだが。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 23:01 ID:4kP7r3O+
>>206

インド人のSS部隊はあったよ。
ただし、ほとんど活躍してない。
チベット人は知らんが、中央ヨーロッパ人の
SS部隊は存在し、ソ連で戦闘に参加していた。
顔はアジア人にそっくりだから、彼らの事じゃないか。

>ヒトラーの背後には仏教系の秘教グループ

これは恐らくデマと思われ。
聞いた事が無い。
少なくとも、まともな歴史を扱った本ではなく
オカルト系の奴だろう。


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 14:59 ID:42PFIS9a
ヒトラー自身が直接関係を持っていたわけではない。
彼は確かにオカルト組織に属していたことがあったが、
「仏教系の秘教グループ」はそれとは別の組織だ。
ヒトラーにチャネリングを教えたのとはまったくの別物だ。
彼がチャネリングしていたのが「仏教系の秘教グループ」なわけだ。
もっともヒトラーは自分が交信していた存在が「仏教系の秘教グループ」とは知らなかったが。

209 :うわらば:04/02/28 20:02 ID:bn4pNOIV
こんな本を見つけた。「Hitler's Jewish Soldiers」
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0700611789/250-4322323-7193037

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 22:26 ID:l4F0bYPl
ヒトラーの貨幣改革は学問的に研究する価値あり。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 00:36 ID:HUnYc2Y8
>>208

>ヒトラー自身が直接関係を持っていたわけではない。
彼は確かにオカルト組織に属していたことがあったが、
「仏教系の秘教グループ」はそれとは別の組織だ。


お前な、それはちゃんとした歴史学の本に
書いてあるんだろうな?

訳の判らん低劣な雑誌を読んで書き込むなよ。


212 :仏教徒:04/02/29 08:40 ID:/mYKjJcz
ナチスの秘密結社トゥーレ協会とチベット仏教の緑龍会の仲介をしていたのは、
ドイツ地政学の権威で、ヒトラーの政治顧問を務めた
ハウスホッファー教授だったと思う。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 02:13 ID:y5yeLFvJ
ちゃんとした歴史学の本て何だよ!?
権力者の利益を損ねない程度の歴史的事実のことか

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 10:14 ID:7MJijjE5
反権バカキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 01:05 ID:p3NY+Wqj
要するにヒトラーはゴミ箱として都合がいいわけですね。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 03:40 ID:RbHBUXnu
ヒトラーには既存の悪人とは違う奇妙さがある。
例えば銀行強盗は金が欲しくて犯罪を犯す。それがろくでもないことだと自覚して行う。
政治的支配者の場合、ジョンイルなんかわかりやすいね。ハーレムつくったり普通だよ。
チンギスハーン、貪欲な支配欲、普通だよ。
ヒトラーは変だ。酒もしない、タバコもしない、・・・。
既存の悪人像に当てはまらないからみんな奇妙がる。目を背けたがる。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 19:53 ID:Dm93tuVp
今こそ、その時だろ?ヒトラー総統復活
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1078292864/

1 名前:世界@名無史さん 投稿日:04/03/03 14:47
「国民諸君、同志諸君、最後まで戦い続ける諸君に敬意を表する。すでに戦況は……私はベルリンと運命をともに……
しかしナチスは不滅である……たとえ米ソがいったんは勝つように見えようとも……。そうなのだ、それは
砂の上の勝利だ。彼らは世界の真の支配者ではないからだ。彼らの背後で操る者……ユダヤ……イスラエル……

世界的なユダヤ国際資本……。米ソは……おそらく1990年代ごろまで、対立と妥協を繰り返しつつ、世界を運営
しようとする。しかししょせん……ヨーロッパと日本、東アジア、イスラム諸国、インド……いずれ世界は米ソの手に負えなくなる。
そのときユダヤはみずから……に乗り出す。

あわれなアラブ4カ国……最終戦争。東西が激突するだろう。ユダヤはそれに勝って全世界……なぜならそれが彼らの『旧約聖書』
の約束だからだ。黙っておけば必ずそうなる。しかし、私がそうはさせない。そのための手を、私は死ぬ前に打っておく。
それが最後の秘儀である。それによって人類はわれわれを受け継ぐことになる。しかも見よ、そのあと、わがナチスの栄光、

ラストバタリオン……。それが真のハーケンクロイツの日だ。カギ十字の日だ。そのときラストバタリオンが現われる。ユダヤを倒す。
世界を支配する。永遠に……そしてナチスは甦る。真のヒトラーの時代が来る。必ずだ。甦ったナチスの軍団とその強力な同盟が
そのとき来る。宇宙からの復讐のカタストロフィとともに来るぞ。それからが真の究極だ。真の終わりで真の始まり、真の淘汰、

天国の地獄、21世紀のその年に、人類の驚くべき
究極の姿……ではそれを明かそう。諸君、それは人類……」

空襲の激しいベルリンで放送された総統閣下の最後の国民向けラジオ演説である。 

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 23:07 ID:1/eoQRPg
600万のユダヤ人は確かに殺された。
殺戮の指導的立場を取ったのはヒトラーだが、東欧の国々は大喜びだった。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 01:58 ID:9yZM/MOz
>>218
少しはログ読んで書き込め莫迦。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 02:31 ID:qFgwRGO0
>>219

どう見ても、ネタだと思うが。


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 17:08 ID:N9prwb5o
莫迦・・・か
ヴォキャ貧

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 16:00 ID:TcQdLMeA
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍              卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍          ■          卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍          ■■■          卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍          ■■■              卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍        ■■■      ■        卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍        ■■■      ■■■        卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍          ■■■  ■■■■■      卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍    ■      ■■■■■  ■■■    卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍  ■■■      ■■■      ■■■  卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍    ■■■  ■■■■■      ■    卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍      ■■■■■  ■■■          卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍        ■■■      ■■■        卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍        ■      ■■■        卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍              ■■■          卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍          ■■■          卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍          ■          卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍              卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 23:04 ID:4407pwk+
このスレの人たち的には「アドルフの画集」ってどうなの?

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/17 23:20 ID:ZpER1Pzc
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用によって貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。


225 :天国のヒトラー:04/04/18 00:28 ID:z4uV1MPC
ドイツのあのときの状態を見れば独裁者が現れないほうがおかしい。
だから第二次世界大戦は英仏自身が招いた戦争だとおもう。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 12:06 ID:TvEeXJ1z
>>9
そんでもって、そのためにユダヤ数名の首が飛ぶと?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 16:30 ID:LPQgnKfX
>>225
というより、ヒトラーはイギリスとの戦争を望んでなかった。
戦争したくてしたくてタマランかったのは英米の方

だいたいヒトラーは世界征服なんか望んでなかったしね。
生存権拡大なんて英国の世界侵略に比べたらすんげーカワイイもんだし。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 17:00 ID:aGYhekJY
イスラエルの存在が、現在の中東に戦乱を生んでるという事実からすれば、
ヒトラーのユダヤ人観は誤まりではないとしかいえない。
しかし、民族浄化をもって対応したのは失敗だったな。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 21:47 ID:SsX37olo
217ってほんとにヒトラーの言った事なん?
ほんとなら予言能力あったのね

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 22:08 ID:tmJ1J39Z
本質は宇宙エイリアンの念力だね、
直径2000mの巨大UFOから、「地球人類市ね市ね市ね・・・」って念力を送っているのに気付いたのがナチスだね。
湯駄耶はそのエージェントなのもナチは知っていた。だからV2号を開発してUFOを打ち落とそうとしたのだね。
邪悪エイリアンの念でできたのが協賛主義であるし、月の裏はそれらで凄いらしいね、

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 23:38 ID:zd/xfnjo
ミュージカル映画「ザ・サウンド・オブ・ミュージック」は、
ヒトラー称賛の映画です。監督ロバート・ワイズも、ヒトラー崇拝者です。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 23:40 ID:zd/xfnjo
アメリカ人がヒトラーに持つ不満は、ヒトラーがアメリカ人を選ばずに
日本人を選んだ事なのです。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 09:25 ID:STU57WUn
総統生誕115周年記念カキコ

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 16:47 ID:VDKEu++V
http://www.nagaitosiya.com/
永井俊哉 講義録129号フォーディズムとナチズム

アメリカのフーバーダムのニューディールしかり、現在の
アメリカのITバブル崩と株式バブル崩壊を防ぐ軍事ケインズ政策然り、
ヒトラーは一方的な悪者から見直されないといけないとおもいます。

ドイツや日本では、社会の人のために役立つことと言うのが戦後の発想でした。
日本の会社もそのようなものでした。ノーベル賞を貰った田中さんもそのような
発想です。今のように構造改革での物価下落不良債権誘発デフレ政策と拝金主義では日本
は滅びるんじゃないですか。それでもってヒトラーのような人が出てくるかもしれません。

マルクスやケインズやアダムスミスやシュンベーター等々経済というのは所詮ユダヤ教
徒のための世界支配に都合の良いことのプロパガンダのための上手くその場その場に応じ
使い分ける道具に過ぎないような気がします。FRBのグリーンスパンにしろ、18世紀のユダヤ人国際金融資本が乗っ取っていた時代のアダム
スミスにしろ、今のアメリカの状態にしろ、経済学者はユダヤのパトロンか
ユダヤ人が多いのです。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 19:47 ID:SAzNE3fg
ハリウッド>>>>>>>>>>>>>>>>>>宣伝省

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 20:48 ID:ckv5Vt7W
>>227
戦争望んでないけどオーストリア併合
戦争望んでないけどチェコ併合
戦争望んでないけどポーランド侵略

虫のいい話ですね(w

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/21 10:44 ID:xkd5YKaR
>>63
僕もその通りだとおもいます。
所詮ナポレオンとヒトラーの違いなんて
そんなもの。
最近イスラエルがしてることを思うと、なんかユダヤ人に対しての
考え方が変わった。
過去にひどい仕打ちを受けたから、トラウマになってるんでしょうけど、
いくらなんでもやり過ぎ!

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/24 15:26 ID:xaj42LGs
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用による貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。

239 :「南京大虐殺」なんてもんを本気で信じてる馬鹿がいるんだ:04/04/26 17:03 ID:nN7T2/ZK
>>181
その証拠写真とやらはすべて信憑性のない第4次〜5次資料ばかりで
「史料価値のある第一次〜第三次資料はいまだひとつも発見されてない」らしい
どうよ?捏造お人よし君?
偽写真ってのは君みたいなお人よし君をだますために存在するのだよ。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 17:44 ID:9HreS/I6
どうころんでもユダヤ資本の勝利だろ。


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 22:30 ID:mxULW3So
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用による貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。

242 :右派中道君:04/04/26 22:52 ID:EKQxzaFf
ヒトラーは嫌いじゃない…(むしろ好きだったりする…)。
ナチスも嫌いじゃない…。
ハーケンクロイツはかっこいいと思う…。

本土空襲を企てたルメイ、原爆を落としたトルーマンは死んだ方がいい。
ついでに金正日も。

243 :歴史はいつか:04/04/27 09:31 ID:GuEEB9+V

ヒトラーがいなかったら、ルーズベルト、トルーマンの大量虐殺、スターリン、
毛沢豚 どもの罪悪はとても隠し切れなかったであろう。 ハリウッドがしぶとく
製作続ける「反ナチ」映画などその道具に過ぎない。そう思ったら「戦場のピアニ
スト」も「チンドラー・リスト」も見る気がしなかったです。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 11:20 ID:GO+ZSKRP
チンどら-のリストはもろにプロパガンダ映画です
ハリウッドはユダヤのものです
あんまりハリウッド映画なんて見てると脳味噌腐るよ、間違いなく。

245 :名無し:04/04/27 12:08 ID:DfG3YCJ5
>243
戦場のピアニストはよーく見ると反ナチ映画じゃないっす。
結構いろいろ仕掛けあるっすよ。

246 :69:04/04/27 12:51 ID:9Nw8cHHJ
ヒトラーがやったユダヤ人虐殺は悪くないかも。だってヒトラーはユダヤをそのままにしておくと、ユダヤが世界を征服してしまうことが分かっていたから。ヒトラーがユダヤを抹殺していたら現在の中東のゴダゴダはなかった
はず。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 12:54 ID:R46B4I4q
だな

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 22:14 ID:7vfghaG2
>>245
シュピルマン!

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 22:17 ID:yo5UihVn
よく2chのユダヤ関係スレでイスラエルの行ないを見て
「ヒトラーは正しかった」なんていわれることがあるが
これは飛んだ見当違い
やってることが同じなんだから
ヒトラーを正当化=イスラエルを正当化になってしまう
また、そもそもイスラエルの支配階層のシオニストは
ナチスに迫害されるどころかナチスの味方について
同属のユダヤ人を収容所送りにしたやつら
ヒトラーを正当化してイスラエルを批判するのは矛盾してしまう

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 22:20 ID:yo5UihVn
>>244
そんなスピルバーグの(プロパガンダ)最新作はこちらです
       ↓
http://cnn.co.jp/showbiz/CNN200404220019.html

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 23:02 ID:Gz6MEWkW
ZEAK HAIL!!!

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 00:16 ID:4qBAAB9P
映画『ショアー』を観たら?いい映画よ。
言葉を喋る人間として、いまのイスラエルの蛮行は支持できない。
イスラエルの技術を展示した、展示会では思わず、通り過ぎてしまった。
自分達がやられた民族絶滅政策を、そっくりそのまま、パレスチナ人に
対して、やっている。自分がヒトラーになってしまった!イスラエルの
連中は。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 06:25 ID:5CVyS7lS
私の知り合いの白人男性は、自分の国ではユダヤ人と中国人はビジネスパートナーに
してはいけないというのが一般的だと言ってました。ヒトラーが行ったユダヤ人抹殺
はしょうがないと言っとりました。ヒトラーを悪人呼ばわりするのは、偽善者が自分
を正義人とするためのスケープゴートでしょ。でも現在のイスラエルをみてると組織
としてのナチの再来だな。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 07:07 ID:1fE6+zgj
>>253
>私の知り合いの白人男性は、自分の国では

どこの国ですか?

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 13:28 ID:tPy1+ttU
>>245
どういうことか教えてくれ

256 :名無し:04/04/29 13:46 ID:w3FhsSn5
わが闘争を読みなさい・・・

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 17:02 ID:dVMkV7b8
意外と信長のような存在だったのかもしれん。


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 18:40 ID:Z+wfDQWd
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用による貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。


259 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/02 01:56 ID:DZJURH/p
今日WOWOWで「ヒットラー」って映画見ました。
まじでおぞましいんで吐き気がした。
さすがはアメリカ映画だよな。

260 :反ロスチャ:04/05/03 23:46 ID:/BjRw+VZ
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用による貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。



261 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 01:10 ID:SKGvDHHt
少なくともナチスをあそこまで成長させたのは国民とスターリンと軍部のせい。

それにしてもかつて迫害されたユダヤ人が今中東でパレスチナ人を迫害している尖兵とは皮肉だな。親に虐待された子がその子供に虐待するのと似たようなものか。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 20:15 ID:E3E/Lza1
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用による貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。



263 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 01:37 ID:Q3OSV0HZ
ジェノサイド以外はいい事ばかりしてたじゃねえか。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 11:06 ID:yfr4VwyK




現在の日本の国際結婚率が約5%だから、
新生児の約5%が異種との混血児と推測できる。
平均的に約30才で子供を出産したとすると、
30年で5%ずつ日本人の血が異種の血に占められていく訳だから、
このペースで行くと、約300年後には、日本人の血の半分は
異種の血で占められてしまい、現在の日本人とは
全く違った人種になってしまう。




265 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 12:59 ID:sugU6tdH
>>263
そのジェノサイドの失敗が最大の悪事



266 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 18:03 ID:BNIzsUBN
結局火に油を注いだようなもんだし、ユダヤにはあまり逆らわないほうがええんかね。
適当に金やって適当に相手して・・・

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 10:29 ID:LA+WAnlz
アメリカの歴史も民族浄化しまくりでナチスと大差ないんだよね。(先住民以外にも多くの移民を酷使殺傷した)
ただ国営か民営の違いがあるだけで。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 11:08 ID:9aGC/8+a
>>1
ヒトラーで無くってもできますよ。
全体主義国家なら、国民の知恵と努力を絞り上げることさえできれば、
どこでも似たようなことはできますよ。
資源も無しに、アメリカに挑戦した国もあったことだし。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 08:04 ID:fAo1wIP7
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用による貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。



270 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 09:11 ID:ckmVOvfJ
最高の美的感覚による最高の都市計画。美を語れない者はヒトラーを語れない。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 23:05 ID:DfwAnE4H
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用による貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。


272 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/19 01:04 ID:JxqWVqgx
ホロコースト=ヒトラーの図式がそもそも違う。ユダヤ教徒の扱いについて
はキリスト教国家は全部同じ。ホロコースト=キリスト教国家なら正しいか
と。第2次世界大戦中に、ユダヤ教徒を助けた連合国はない。例外は中立だ
ったスペインくらいか。ユダヤ教徒追い出し度は大英帝国・ナチスドイツ>
フランス・スイス>アメリカな感じかな。

ナチスドイツと大英帝国の敵国同士がユダヤ政策では一致していたのが複雑。
大英帝国の議会でも「我々はナチスに協力しているのか?」と槍玉にあげら
れるくらい。ナチスだって“我が国のユダヤ政策をみんなが支持してくれて
いる”と判断していた。第2次世界大戦が終わってナチスが解体しても、
キリスト教VSユダヤ教の問題はなんら変わってないのが悲しいねえ・・・。

南京大虐殺に関しては、GHQが調べようとしたら「調べないで」とか「本当
は想像です」とかもうめちゃくちゃ。日本が調べようとしたら拒否されてる
し。でもまあ、キリスト教vsユダヤ教の2000年に渡る問題に比べたらゴミ。
ホロコーストをある程度肯定しないとネオナチが勢いづくという現代の問題
もあるし。歴史を宣伝に使ってのし上がろうとする連中がうようよ・・・

273 :名無し@S則:04/05/19 01:51 ID:13lC7fZP
つまり、えーと、アレだ。
ヒトラーは床屋って事で。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/19 07:57 ID:pXmanUa4
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用による貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。


275 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/20 20:49 ID:NgO2GDuj
ヒトラー第2の書 (アドルフ・ヒトラー著)
近日発売age

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/20 21:22 ID:cwKh9OKZ
ナチスは、ネオアトランチスの連中(ユダヤや米国)を、
叩くために使わされた、天の軍隊でした。
しかし、ネオアトランチスは、その信仰するところの、
資本と物量による暴力的と言える力により、ナチスを打ち破って
しまったのでした。
ネオアトランチスは生命を、徹底的に侮辱します。
金と権力のためなら、食品に香料などと言って、化学合成の毒物も、
混ぜます。
イラクの国民が、米軍に拉致されて、素っ裸にされ、
強制オナニをさせられ、手を止めると、殴られたそうですが、
イラク人は米兵の完全なオモチャにされました。
頭にかぶされた、袋の中では泣いていたことでしょう。
勇敢で、いうことをきかないイラク人は死んだことでしょう。
米軍は、卑猥な写真を撮って、ばら撒くぞと、脅し、
イラク人にテロリストだと無理やり自白させたりして、
人権を奪い、人間を奴隷以下のものに作り変えてしまうのです。

277 :朝日新聞による組織的書き込みを暴露せよ:04/05/20 21:27 ID:Xz9yNC8O
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

朝日新聞による組織的書き込みが  2ch中で大規模に行われている
左翼系のほとんどが 朝日新聞ネット対策室(仮称)の書きこみと言ってもいいほどだ
これは事実である 本当に ひどいものだ  ーマスコミ板で存在を暴露されたー 
驚くのは 朝から 深夜まで 活動している事だ
深夜でも 朝日新聞工作員は どの板でも簡単に釣れてしまう
朝日新聞ネット対策室は 24時間2chを監視下においている感じだ
なんと おっとろしい事だろう
特に 同業他社に対する誹謗中傷は 本当にひどいものだ
こんな 汚い真似をしているのは 朝日新聞だけだ
朝日新聞工作員の存在はマスコミ板では有名だ
朝日新聞は本当にこんな汚い真似が許されることだと思っているのだろうか
みんな 左翼系の書き込みには だまされないように きおつけてくれ

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

278 :朝日新聞による組織的書き込みを暴露せよ:04/05/20 21:52 ID:Xz9yNC8O
マスコミ板で存在を暴露された マス板の下のスレッドをみてほしい

 私は朝日新聞所属の2ch監視員でした
1 名前:文責・名無しさん 02/11/01 12:00 ID:olE6T02+
正社員ではなくアルバイトで業務内容は2chの監視
朝日関連スレッドをチェックして、それを纏めて上へ報告
時給2000円

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/24 23:40 ID:wJq0EZdv
ナチスの功績のひとつは、金権支配の源泉である
ユダヤ的貨幣システムの改革を模索し、
労働力と国家の信用による貨幣システムを
試みたことである。
ユダヤ財閥による世界市場の支配が続く中で
ナチスの発想は現在もなお有効である。



280 :名無しさん:04/05/25 19:14 ID:LhqEj0OS
ドイツ民族は東へ行く民族、十二世紀ごろからスラブ、バルト系などの国家に
国の枠組みにとらわれず開拓や都市の建設していた。

ヒトラーはこれら東欧諸国のドイツ系住民をどう思っていたのか。
生存権拡大という理由でドイツ民族が住む地方はすべてドイツ国家が統治すると
考えていたのか。

オーストリアはほとんどドイツ系住民が占めていたから仕方ないとして、チェコ
併合はするべきではなかった。このことが周辺諸国の失望を買い戦争のきっかけ
になった。敗戦後、先祖代々東欧諸国に住んでいた多くのドイツ系住民が追放
された。



ところで
>ZEAK HAIL>>251はドイツ語しらねーな。プププーッ

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/26 17:23 ID:nKsjMyZy
イラクのアブグレイブ刑務所では、虐待コンテストが行われて、
イラク人を多く泣かせた者が勝ちなのだそうです。
どんな虐待が行われたかテレビのニュースでは、発表してませんでしたが、
現場状況や背後関係もろくに調べず、刑務所は取り壊しする事になりました。
きっとすごいことが行われていて、発表もできないし、
証拠隠滅なのでしょう。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/27 08:09 ID:4Lj+eE+6
前にCSヒストリーチャンネルでヒトラー特集やってた。
少なくても全否定的な切り口ではなく政治的手腕も評価してた。

俺が高校の時、何故かシンドラーのリストを映画館で見る授業があった。
ネタじゃなくてマジで。今考えると。。。なんだか必死だな。。。。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/27 13:49 ID:lYCpLP23
ヒトラーの水彩画はいいですね。ウィーンの美術界が抽象画にさえ傾いて
いなければ、政治家ではなく画家として成功していた可能性は高いと思い
ます。構図の力強さが未来の大器を感じさせてくれます。ナチズム運動に
は古典写実主義への回帰もあったと聞きますが、美術界がそれをやって
いればメンゲルの人体実験とかはなかったかも。でも写実主義に独創性
を求めるのはムリなのかなあ・・・

今イラクでブッシュ氏がメンゲルの人体実験やってますが、石油ビジネス
時代に一山当てられればこれもなかったかも。

二人の共通点は「ヤマを当てられなかったから国家元首になった」ことかな。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/27 14:04 ID:uGC5jz15


ドイツ人と日本人は似ている
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1073484669/l50




98 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)